タクシー業界は転職におすすめ!仕事内容や給料、業界を徹底紹介!

タクシー業界は転職におすすめ!
もくじ
タクシードライバーはどんな仕事をするの?
タクシー業界での様々な働き方
タクシー会社でドライバーとして働く方法
個人タクシーとして開業する
タクシー運行を管理する「運行管理者」として働く方法もある
タクシードライバーの勤務時間や休日
タクシードライバーの勤務時間
女性のタクシードライバーも活躍している
タクシー業界に転職して感じる3つのメリット
1.頑張り次第で収入を増やすことができる
2.仕事中は個人行動が多く、人間関係に悩まない
3.長くタクシードライバーをすることができる
タクシー業界に転職して感じる3つのデメリット
1.長時間運転するため体力的に厳しい
2.交通事故のリスクがある
3.お酒を飲めない
タクシードライバーに転職したら給料はいくらくらい?
タクシードライバーの年収は地方と東京で大きな差がある
やる気次第で800万円以上も狙える
タクシードライバーで売り上げを上げる方法
稼げない人はどんな人なのか
タクシードライバーで最初に苦労すること
タクシードライバーの転職に向いている3つの特徴
1.他人に気を配れる
2.自己管理しっかりしている
3.戦略的に考えられる
タクシードライバーに転職してから失敗しない方法
タクシードライバーになるためには
ハローワークで仕事を探す
直接タクシー会社へ問い合わせる
転職サイトや転職エージェントを利用する
タクシードライバーに転職するには第二種免許が必要
免許がなくても入社することは可能
タクシー会社の求人を探すときに気を付ける3つのこと
1.なるべく大手や関連会社を選ぶ
2.長く働くことができる会社を選ぶ
3.教育体制、キャリアアップがしっかりできる会社を選ぶ
タクシードライバーは正しい方法で転職すれば無理なく高収入を得られる

「今の給料に満足できない…」

「頑張っても一向に給料が上がらない…」

今の仕事内容や給料に不満があるまま悩んでいる方!街中を走っているタクシーを見てタクシーの仕事に興味を持ったあなた!

タクシードライバーを目指してみてはどうでしょうか?タクシードライバーは、やり方次第でしっかり稼ぐことができる仕事です!

でも、

「タクシー業界の仕事内容がよくわからない…」

「本当にタクシードライバーは稼ぐことができるの?」

「そもそもタクシー業界に転職するにはどうすればいいの?」

 

といった疑問もあるでしょう。

そこで、タクシー業界に興味がある方や、タクシー業界に興味がある人に向け、

タクシー業界の仕事の種類
タクシードライバーの仕事内容や給料休日
タクシードライバーのメリット・デメリット
稼ぐ人や稼げる人・稼げない人の違い
転職する方法やタクシー会社の選び方

 

といった情報を詳しくご紹介しますので、ぜひこの記事を読み進めてください。

ただし、詳しくご紹介しているため、読み切るまで8分ほどかかることをご了承ください!

※知りたいことを目次から探してもらっても構いませんので、この記事でタクシードライバーについての疑問を解決してください!

タクシードライバーはどんな仕事をするの?

タクシードライバーはどんな仕事をするの?

タクシードライバーの仕事は、お客様を乗せて指定された目的地まで安全に送り届ける仕事のことで、主にタクシードライバーは次のような働き方に分けられます。

会社で従業員として働く
個人タクシーで開業する

また、タクシードライバーの人口は全国で約41万人となっており、そのうち個人タクシーで働いている人は約4万人と全体の10%にとどまります。

タクシードライバーの基本的な働き方としては、まず街中を走り、お客さんを探す「流し営業」があります。

また、駅や商店街、宿泊施設といったことろのタクシー乗り場に並び、お客さんに乗ってもらう方法もあります。

いずれもお客さんを乗せた後に目的地を確認し、最適な経路を考えて安全運転で目的地に到着し、その後に賃金を受け取って乗務記録をつけるといった流れになります。

タクシー業界での様々な働き方

タクシー業界での様々な働き方

タクシー業界で働き方を分けると、以下の3つに分けられるでしょう。

ドライバー」として働く
個人タクシー」で開業する
運行管理者」として働く

以下で詳しくご説明しますね。

タクシー会社でドライバーとして働く方法

一般的なタクシードライバーとして働くという方法です。主にタクシー会社に就職し、最初は街中にいるお客さんを見つけ、目的地にまで乗せる仕事が中心となります。

また、それだけではなく、経験やスキルによって個人のお客様の専属ドライバーとして働いたりと、会社によって様々な働き方があります。

タクシー会社に所属していると、福利厚生や教育制度がしっかりしていることが大きなメリットであるため、未経験からタクシードライバーとして働きたいと考えるのであれば、まずこの方法をおすすめします。

個人タクシーとして開業する

個人タクシーとは、会社に所属せず個人としてタクシードライバーの仕事をおこなうことをいい、勤務時間が自由であることや、報酬が全て自分に入ってくるというメリットがあります。

しかし、個人タクシーとして開業するにはタクシードライバーとして経験が10年以上必要で、さらに35歳未満の人であれば10年間無事故無違反という条件も必要になります。

そのため、全くの未経験から個人タクシーを開業するには、まずはタクシー会社に就職して10年の経験を積む必要がありますね。

タクシー運行を管理する「運行管理者」として働く方法もある

タクシー業界は、ドライバーだけでは成り立ちません。ドライバーの勤務時間や健康状態、また売上金の管理や事故の対応もしており、タクシー業界の裏方を支える重要な仕事を担っています。

運行管理者になるには、その会社のことやドライバーの仕事内容もしっかり把握しなければいけないため、まずはドライバーとして経験を積み、運行管理者の試験に合格して会社の管理する側にスキルアップする手順を踏む必要があります。

運行管理者はその会社の管理職のような位置が多く、ドライバーよりも給料が高めの傾向があります。

そのため、まずタクシー会社にドライバーとして就職し、経験を積みながら試験の勉強をする道が最短といえるでしょう。

タクシードライバーの勤務時間や休日

タクシードライバーの勤務時間や休日

タクシードライバーの勤務時間や休日については厚生労働省で厳しく管理されており、違反した時は会社に厳しい罰則があるため、タクシー会社は法律の範囲内で労働条件が定められています。

そのため、現在法律を破ってまで長時間労働させるというタクシー会社はまず無いと考えていいでしょう。

タクシードライバーの勤務時間

タクシー会社によって異なります、タクシー会社の勤務形態は次の3つに分けることができます。

 

隔日勤務
夜勤
日勤

 

「隔日勤務」の場合、乗車時間は休憩時間3時間を含んで19〜21時間と長めに設定されていることがほとんどであり、慣れるまでは体力的に厳しいと感じるかもしれません。

ただし、この勤務形態であれば翌日は必ず休日になり、月の勤務回数は11〜12回であるため、月18〜19日ほどは休日となる計算になります。
そのため隔日勤務に慣れれば休日も多く働きやすいと考えるドライバーもたくさんいます。

また、夜勤や日勤となると1日の労働時間は一般的な会社と同じ8時間程度となり、労働日数は22〜24日であることがほとんど。
さらに、夜勤となると深夜料金とによる加算や長距離のお客さんが増えるため稼ぎやすいといったメリットも発生します。

女性のタクシードライバーも活躍している

女性のタクシードライバーも活躍している

タクシードライバーと聞くと男性のイメージが多いかもしれませんが、もちろん女性であっても問題ありません

タクシー運転手の全体数から女性の割合を見てみると、男性ドライバーに対し、女性ドライバーは約6,800人となり、全体の2%ほどとなっています。

この2%という数字は全体であるため、地域によってはもう少し多く感じるところもあります。そのため、タクシードライバーが多い都市部の方がもう少し多い傾向があります。

タクシー業界に転職して感じる3つのメリット

タクシー業界に転職して感じる3つのメリット

タクシー業界に転職すると感じるメリットは以下の3つが考えられます。

 

1.頑張り次第で収入を増やすことができる
2.仕事中は個人行動が多く、人間関係に悩まない
3.長く働き続けることができる

 

メリットを順にご紹介しますね。

1.頑張り次第で収入を増やすことができる

タクシードライバーの給料制度は歩合制を採用しているところがほとんどであり、頑張り次第で未経験でもすぐに前職より多くの収入を得ることができるでしょう。

なぜならタクシードライバーはいかに効率良くお客さんを探し、目的地まで送ることができるかを自分なりに工夫することですぐに報酬につなげることができるから。

そのため、頑張り次第でしっかりと収入につなげることができる点が大きなメリットともいえます。

2.仕事中は個人行動が多く、人間関係に悩まない

一般的なサラリーマンと比べるとタクシードライバーは個人で行動することがほとんどであるため、圧倒的に自由に行動することができるでしょう。

もちろん出勤と退勤は営業所に行く必要がありますが、それ以外は基本的に自分のペースで仕事をすることができるため、上司にとやかく言われるストレスや仕事上の人間関係を気にして疲れることはありません。

3.長くタクシードライバーをすることができる

多くのタクシー会社は定年まで働くことができる「終身雇用」を採用しています。

しかも定年後にも再雇用で75歳まで働ける会社も存在するため、老後も安定した生活を送ることができるでしょう。

また、タクシー会社によってはスキルアップに応じて黒タクシーの運転や管理の仕事を任してもらえることもあるため、転職の際の会社選びの際には、その会社でステップアップできるかどうかを調べておくといいでしょう。

タクシー業界に転職して感じる3つのデメリット

タクシー業界に転職して感じる3つのデメリット

タクシー業界で働くことのメリットがある一方、当然タクシー業界に転職することで感じるデメリットもありますのでご紹介します。

 

1.長時間運転するため体力的に厳しい
2.交通事故のリスクがある
3.お酒を飲めない

 

順に説明しますね。

こちらも合わせてどうぞ!!
→タクシードライバーのデメリットについてまとめてみた。

1.長時間運転するため体力的に厳しい

長時間タクシーを運転すると特に長時間の集中力が必要になります。

また、長時間同じ姿勢でいつづけるため、腰や背中が痛くなることもあり、タクシードライバーは体力的に厳しいともいわれています。

そのため、普段から体調管理や健康に気を配る必要があります。

2.交通事故のリスクがある

タクシードライバーの仕事は常に車を運転するため、その分交通事故や違反をのリスクが伴います。

また、事故や違反を行うと会社にも罰金を支払わなければいけないこともあるうえ、万が一「免停」になると仕事もできなくなります。

無収入になるうえに罰金も払うことになるとかなりキツイですよね…

そのため、事故に気をつける必要があるのはもちろんのこと、タクシードライバーに転職する時はその会社が事故のときにはどうなるかなど、補償の有無についても詳しく確認しておくといいでしょう。

3.お酒を飲めない

タクシードライバーは運転が仕事でもあるため、前日のお酒が残ったまま運転するということはもってのほかです。

そのため、次の日に仕事がある時はお酒は控えるほうがいいでしょう。タクシードライバーの仕事をしている限りお酒が飲める日は限られてきますのでご注意を。

タクシードライバーに転職したら給料はいくらくらい?

タクシードライバーに転職したら給料はいくらくらい?

タクシードライバーの給料形態は主に3種類に分けられます。

 

固定給
完全歩合制
固定給+歩合制

 

会社によって給料形態は違うものの、タクシー会社の大半は「固定給+歩合制」を採用していますが、転職で会社を選ぶときはどの給与体系を採用しているか確認しましょう。

また、会社によってはボーナスが支給されるところもありますが、その分歩合給が安くなる傾向があるようです。

タクシードライバーの年収は地方と東京で大きな差がある

タクシードライバーの平均年収は以下の通りとなります。

 

全国のタクシードライバー・・・平均332万円
都内のタクシードライバー・・・平均443万円

 

また、地方のタクシードライバーの年収と比べると140万円近く年収に差が出ることもあります。これは地方など人が集まりにくいところの営業スタイルは無線配車であるため、お客さんを獲得しにくいというデメリットがあります。

一方東京などの人口が多い地域は基本的に「流し営業」で自分からどんどん営業をかけていけば仕事が取れやすい環境であるため、自分の頑張りが反映されやすいメリットがあります。

そのため、東京の方が稼げるからといって地方から出稼ぎに来る人も多く、現に東京で働くタクシードライバーの半数以上は地方出身であるともいわれています。

やる気次第で800万円以上も狙える

上記でご紹介した金額はあくまでも平均金額であるため、当然平均よりも稼ぐ人や平均以下の人もいます。

中には年収800万円以上も稼いでいる人も存在するため、結局は本人の頑張りによることが大きい職業でしょう。

こちらも合わせてどうぞ!!
→タクシードライバーの平均年収と月給・日給・時給について詳しく解説!

タクシードライバーで売り上げを上げる方法

タクシードライバーで売り上げを上げる方法

 

では一体タクシードライバーでどうやって売り上げを伸ばすのでしょうか?少しご紹介しますね。

タクシードライバーは、特に「流し営業」でどれだけお客さんを増やすことができるかにかかってくるため、タイミングよく通るお客さんを乗せるための工夫が必要になります。

まず、たくさんのお客さんを乗せるためには渋滞や客待ち時間をなくし、回転率を上げなければいけません。そのため、集客が期待できそうなポイントを把握しておくことや、渋滞する時間の把握や迂回路などを頭の中に入れておきましょう。

また、お客さんを降ろしたポイントから再び集客することが売り上げを伸ばすポイントであるため、許可されている営業区域以外の場合を除き、降車周辺ですぐにお客さんを探すようにしましょう。

↓もっと詳しく稼ぐ方法について知りたい人はこちら
→タクシードライバーとして稼げる人と稼げない人との違いとは?

稼げない人はどんな人なのか

タクシードライバーで稼げない人の特徴は、

 

数字目標に無関心
分析が苦手
体調管理ができない

 

といったところでしょう。

歩合制といっても毎月の最低支給額が定められているところもあるため、その額に満足してしまう人は当然大きく稼ぐことができません。
また、タクシードライバーにはお客さんが「どのポイントに集まりそうか」や「行事ごと」といったことを把握して分析する能力が必ですが、これが苦手な人は稼ぐことが難しいでしょう。

さらに、長時間の運転は目や腰、背中に負担が掛かり、お客さんを見逃してしまうことも考えられます。そのため、日々の体調管理をしっかりとできる人でないと売り上げを伸ばすことが難しいともいえます。

↓タクシードライバーで稼いでいる人の特徴はこちらでご紹介しています

稼げる人と稼げない人の特徴を徹底的にご紹介!

タクシードライバーで最初に苦労すること

タクシードライバーで最初に苦労すること

確かにタクシードライバーに転職し、誰もが順風満帆のスタートを切れられるということはなく、慣れない時は苦労することもあるでしょう。
タクシードライバーに転職した時に特に苦労することは、

 

勤務時間が長く、体力的にきつい
営業ノルマがあるためプレッシャーがきつい
地理や交通事情に詳しくなければいけない

 

といった3つが考えられます。

まず、勤務時間が長く、最初は体力的にきついことが考えられます。しかし、タクシー業界は再雇用もある世界であるため、高齢になっても働き続けられる職業でもありますので慣れれば問題ないでしょう。

また、働き方は基本的に自由であるものの、歩合制であることや営業のノルマがあるため、プレッシャーも常にあります。
さらに担当地域の地理や交通状況も頭に入れておかなければならないため、慣れない地域が担当になった時は最初は少し苦労するでしょう。

しかし上記でご紹介したものは、仕事に慣れてコツをつかめば克服できるものばかりであるため、あまり気構えることはありません。

タクシードライバーの転職に向いている3つの特徴

タクシードライバーの転職に向いている3つの特徴

性格上タクシードライバーに向いている人もいますので、ご紹介します。

 

1.他人に気を配れる
2.自己管理しっかりしている
3.戦略的に考えられる

 

もちろん当てはまらないからといって必ずしもタクシードライバーに向いていないという訳ではありませんが、このような性格の人はタクシードライバーに求められているのは確かなので少し詳しくご紹介します。ぜひご参考にしてみてください。

1.他人に気を配れる

タクシードライバーの仕事はお客さんを目的地まで安全に送ることであり、お客さんに快適に過ごしてもらえるようにすると今後も利用してもらえる可能性が高まります。

そのためには、季節によって車内の気温を最適に調整したりお客様の話を聞いてあげたりと細かい気配りが大切になってくるため、気配りができる人はお客さんに気に入ってもらえる可能性があるでしょう。

2.自己管理しっかりしている

長時間運転することで慣れない時は体力的にも厳しいと感じるでしょう。そのため、タクシードライバーは自身の体調管理をしっかり行い、休みの日は十分な休養を取ることが大切になります。

また、売り上げを伸ばすには1日のスケジュール管理も重要になり、売り上げを伸ばすには乗客を乗せるタイミングが重要になるため、休憩のタイミングも不定期になりがちです。このような状態に合間に休憩をとったりと、要領良く過ごすことが大切になります。

3.戦略的に考えられる

乗客を効率よく探すには人が多くなる場所を探すことが大切です。

例えば終電時のタクシー乗り場やイベントが開催される地域で待機するなど、戦略的に動くことが大切です。また、道路状況を把握し、最短のルートで目的地にたどり着くことで回転率を早めることも大切でしょう。

ある程度経験を積むことで担当地域の特性を把握する必要があり、洞察力や想像力があり、それを戦略的に考えられる人が向いているともいえるでしょう。

タクシードライバーに転職してから失敗しない方法

タクシードライバーに転職してから失敗しない方法

いくら自分に向いているからといっても、タクシードライバーに転職できたとしても最初からうまくいくことはなかなか難しいと思います。

タクシードライバーに転職した後に失敗しないために、次のようなことに気をつける必要があります。

 

お客さんとコミュニケーションを取り、常連さんを作る
時間管理をしっかりとする

 

まず、タクシードライバーの仕事はお客さんに乗ってもらわなければ売り上げになりません。また、決まった時間に決まった場所に行けば必ずお客さんがいるということはほとんどありませんので、それだと収入に波ができてしまいますよね。

さらに、慣れない時は、お客さんがいるポイントも見つけられないこともあるでしょう。
そのため、安定的に売り上げを確保するには普段から良く利用してくれる常連さんを作ることが大切になるでしょう。

また、お客さんが集まる時間帯を考えると休憩も不定期に取らざるをえないため、それがきっかけで体調を崩してしまうことも考えられますので、売り上げだけではなく自分の体調面も考え、時間管理をできるようにしましょう。

タクシードライバーになるためには

タクシードライバーになるためには

では一体タクシードライバーになるにはどうすればいいのでしょうか?

タクシードライバーになるには以下の方法で転職先を探すといいでしょう。

 

ハローワークで仕事を探す
直接タクシー会社へ問い合わせる
転職サイトを利用する

 

順にご紹介します。

ハローワークで仕事を探す

転職で真っ先に思いつく方法で公的機関のハローワークを使用するという方法があります。相談窓口も無料で使うことができ、希望の条件で探すことだできる一方、ハローワークの場合は大手の求人サイトに比べてそれほど多くないことや、どちらかというと中小企業の求人情報が多い傾向があります。

また、ハローワークは基本的に求人情報を掲載するにあたって事前に調査や面談することはしないため、希望の会社があればその会社について自分なりに調べ、慎重に判断しなければいけません。

直接タクシー会社へ問い合わせる

タクシー会社は人手不足であることもあるため、公に求人を募集していない会社でも常に募集している可能性があります。

そのため、気になる会社があれば思い切って直接問い合わせいてみるのもいいでしょう。

ただし、その場合は自分で面接対策や勤務条件の確認をする必要であるため、問い合わせた時に勤務条件や給料や休日などをしっかり確認する必要があります。

転職サイトや転職エージェントを利用する

転職を専門に取り扱っている「転職サイト」や転職についてにのアドバイスをしてくれる「転職アドバイザー」を活用すると方法があります。

特に転職エージェントの中にはタクシー業界への転職を専門に取り扱っているところも存在しますので、もし転職が初めての場合やタクシー業界のことに興味があるものの、業界のことが良くわからないくて不安がある人は一度エージェントに相談することをおすすめします。

タクシードライバーに転職するには第二種免許が必要

タクシードライバーに転職するには第二種免許が必要

タクシードライバーの仕事をするには普通第二免許が必要になります。

これは事業としてお客様を乗せ、対価として報酬をもらって自動車を運転する時に必要な免許で、家族や友人を乗せて運転する場合や、タクシーにお客様を乗せずに運転する時は事業目的でないため、その場合は第一種免許だけで問題ありません。

二種免許はお客さん乗せて運転する目的であるため、その採点基準は厳しく設定されており、第一種免許の項目に加え、V字型の鋭角コースの旋回や縦列駐車か方向転換が追加されます。

免許がなくても入社することは可能

タクシードライバーとして必要な第二種免許は応募の時点でかならず必要というわけではなく、免許がなくても入社後に取得させてもらえる会社も存在します。
さらにその場合は入社後の免許取得費用も負担してくれることもあるため、気になる会社を見つけたら一度問い合わせて確認してみることをおすすめします。

もちろん転職サービスを使って求人を探している場合でも条件として伝えると調べてくれます。

タクシー会社の求人を探すときに気を付ける3つのこと

タクシー会社の求人を探すときに気を付ける3つのこと

これからタクシー業界で働こうとする時に、働きやすい理想のタクシー会社を見つけるには、一体どんなことに気を付けなければいけないのでしょうか?

数多くのタクシー会社からいきなり自分の理想の会社を見つけろと言われても…と思いますよね。

例えば東京23区にあるタクシー会社だけでも300社以上あり、タクシーを数千台保有しているところもあれば2台しか保有していないところも存在するため、自分一人ではなかなか探しづらいことと思います。

そのため、タクシー会社の求人を探すときは、次のことに気をつけることをおすすめします。

 

1.なるべく大手や関連会社を選ぶ
2.長く働くことができる会社を選ぶ
3.教育体制、キャリアアップがしっかりできる会社を選ぶ

 

以下でそれぞれ詳しくご紹介しますね。

1.なるべく大手や関連会社を選ぶ

まず、タクシー会社を選ぶになるべく大手タクシー会社を選ぶようにしましょう。

もちろん大きい会社だからといって、全てが良いというわけではありませんが、勤務時間、給料、休日など、総合的に見るとやはり大手の方が安心できます。

また、大手だと給料形態が「固定給+歩合給」であることがほとんどであるため、最低限の給料が約束されている上にお客さんを乗せて売り上げを上げるほど自分の給料も増やすことができます。

さらに大手の会社であると共通の「タクシーチケット」を発行していたり、専用の乗り場を持っていることで、あらかじめお客さんを捕まえやすい条件が揃っております。

そのため、もしタクシードライバーへの転職が初めてである場合には。なるべく大手のタクシー会社をから選ぶことをおすすめします。

2.長く働くことができる会社を選ぶ

タクシードライバーに転職するには、なるべく「終身雇用」で長く働ける会社を選びましょう。

現在多くのタクシー会社は終身雇用を採用していますが、会社によって定年や再雇用の年齢が違っており、定年に関しては60〜65歳のところが多いものの、再雇用されると中には75歳まで働くことができる会社も存在します。

そのため、終身雇用で働くことができる会社は高齢になっても安定した生活を送れる可能性が高いため、事前によく確認しておきましょう。

3.教育体制、キャリアアップがしっかりできる会社を選ぶ

タクシー会社によっては定期的に社内で安全研修といったドライバーが安全に働くことができるような研修制度がしっかりとしている会社も存在します。
また、一般的なタクシードライバーだけではなく、運行管理者や中には黒タクシードライバー(タクシーのビジネスクラスみたいなもの)にキャリアアップできる会社も存在します。

キャリアアップには乗車経験や接客サービス、社内試験など、求められるレベルは高くなるため一筋縄ではいかないでしょうが、もちろんスキルアップできれば大幅な収入アップも期待できる上に仕事のやりがいの面でも十分メリットがあるでしょう。

そのため、タクシードライバーに転職して長く働くのであれば研修体制がしっかりし、自分の頑張り次第でしっかりと次のステージを目指せるところを選ぶといいでしょう。

タクシードライバーは正しい方法で転職すれば無理なく高収入を得られる

タクシードライバーは正しい方法で転職すれば無理なく高収入を得られる

 

タクシードライバーやタクシー事情についてご紹介しました。

確かにタクシードライバーの仕事は交通事故のリスクや体力的にきついと感じることもあるでしょう。

しかしタクシードライバーの仕事は二種免許があれば誰でもなれる可能性があることや、タクシードライバーになると、年齢や勤務年数に関係なく頑張り次第でたくさん稼ぐことができる仕事でもあります。

さらに終身雇用や再雇用を取っている会社が多く、歳を取っても働き続けることができるため、金銭的な心配をしなくても良くなります。

そのためには正しい方法で転職活動をおこない、条件のいいタクシー会社に入社する必要があり、少しでもいい条件の会社を探すにはタクシー専用の転職サイトを利用することをおすすめします。

この機会に今の働き方や収入に不満がある人は一度タクシードライバーを考えてみてはいかがでしょうか?

未経験から最速で月収50万を目指す為の
「タクシーマスター入門メルマガ」

・バランスよく働いて、副業と兼業する為には?
・最速で月収50万を獲得する為の3つのポイント
・稼ぐために知っておきたい超重要な全体像
・良い会社、悪い会社の見極め方
・タクシードライバーに向いている人の特徴

東京タクシー業界に10年以上関わり続ける作成陣が、
ネットでは言えない優良情報をガンガン配信中。

当サイト作成陣が
本当の優良会社を貴方に伝えます
入社後の売上フォローまで完全無料で実施
誠心誠意、対応いたします!
電話受付時間:年中無休9:00~20:00
※年末年始を除く
タクシードライバーになっていいのか迷っている… だったらメルマガ読んで白黒つけようぜ!

「タクシーマスター入門メルマガ」



  • 貴方はタクシーをやった方が良い人?やらない方が良い人?
  • ネットでは言えないタクシーの本当のメリットとデメリット
  • バランスよく働いて、副業と兼業する為には?
  • 最速で月収50万を獲得する為の3つのポイント
  • 稼ぐために知っておきたい超重要な全体像
  • 良い会社、悪い会社の見極め方
  • タクシードライバーに向いている人の特徴

東京タクシー業界に10年以上関わり続ける作成陣が、ネットでは言えない優良情報を
ガンガン配信中。

新しい記事

キーワード