東京都内のエリアごとの稼ぎ方【神田北側編】

東京都内のエリアごとの稼ぎ方。今回は、

「神田北側」

をお送りいたします。

神田は、西側・北側・東側がありますが、今回は「北側」の攻略法です。

ぜひ動画と合わせ、この記事を最後までご覧ください!

神田北側ってどんな街?

「神田」と一言で言っても、とても広いでエリアですので、神田エリアに関しては、東・西・北に分けてご紹介します。

街全体の特徴としては、オフィスビルがたくさんあり、主なお客様の層はビジネスマンになります。

ただ、スポーツ店や古本屋さんなど、ショッピングを楽しむ方もたくさんいるため、さまざまな方のタクシー需要がある街でもあります。

飲食店も豊富なので、ランチタイムやアフターファイブも盛り上がりを見せる街となり、人の活気が絶えません。

タクシードライバー目線でいえば、必ず抑えておきたいエリアですので、ぜひしっかりと攻略していきましょう。

神田北側のオススメの使い方とポイント

それではここから、神田北側のオススメの使い方と、抑えておくべきポイントについて、それぞれご紹介していきます。

神田でお客様を乗せるために気をつけることやテクニック

神田北側に限ったことではありませんが、以下のことは、お客様を乗せるために重要なポイントですので、ぜひ覚えておいてください。

・付け待ちがいても諦めない
→あえて流してるタクシーを狙って乗ってくるお客様もいるので、付け待ちがいても左側をゆっくり走る。

・昭和通りは路地からお客様が出てくることが多いので、注意深く観察しながら走行する。

・中央通りは秋葉原地域は相性が悪い。中央通りよりも昌平橋通りの方がチャンスが多い。

・目の前のタクシーにお客様が乗っていても、あえてまくらず、タクシーの後ろに付けてみる。
→1台目に乗れなかった人が乗ってきたり、お客様をお見送りした人が乗ってきたりするので、意外とチャンスがある。

・神田エリアは、西・東・北と移動しながら組み合わせて営業することがポイント

神田北側でお客様が乗ってきやすいポイント

神田北側でお客様が乗ってきやすいポイントは、以下のようなイメージです。これらはぜひ覚えておいてください。

・鳥越一丁目の交差点
→任天堂がありタクシーとの相性が良い。鳥越という地域は比較的乗せやすいエリア。

・動画の中の6分あたりでご紹介している場所
→手が挙がりやすいので、流すときは左側をゆっくり走る。

・神田明神下を越えて1つ目の信号のところにある住友不動産ファーストビル
→ここは激アツポイントなので必ず覚えておく。

・秋葉原駅の昭和通り口付近
→必ず信号の先頭を取る。ここで乗らなかったら秋葉原の駅をぐるっと回ってみる。

・カラオケ館やヨドバシカメラ付近
→夜の時間帯は比較的乗ってきやすい。

・秋葉原UDX
→お食事どころもあるので注意深く人の動きを観察する。

・住友不動産ベルサールビル
→1階や2階が展示場や貸しスペースになっていて、イベント開催時はチャンスが多い。イベント情報を事前に確認しておく。

・神田駅前の信号
→信号の先頭を取る。横断歩道で付け待ちをするタクシーがいるくらい激戦区。ただ、道交法的にあまりよろしくないので、ここでの付け待ちはあまりおすすめはできない。

・小伝馬町交差点を左折した広い一方通行
→問屋街や不動産があったりするので、左右からビジネスマンが乗ってきやすい。この辺りは距離は出ないが、都心部が勝負できないときはここでやってみる。

・夜の神田駅周辺
→わざわざ神田まで来て飲む人も多いので、チャンスが多い。

このようなイメージです。

神田北側を営業する際は、これらは確実に覚えておくことをおすすめいたします。

神田北側にはどんなお客様が多い?

神田北側エリアの主なお客様の層は、やはりビジネスマンです。

ただ、スポーツ店や古本屋さんなども多く、ショッピングを楽しむ方の乗車も大いに期待できるエリアでもあります。

ですので、お客様を乗せるチャンスはとても大きいエリアだといえます。

とはいえ、その分ライバルタクシーも多いですので、ただ漠然と流していても、なかなかお乗せすることはできません。

この記事や動画を何度も何度もご覧いただき、その上で基本を徹底して営業していただけば、お客様を乗せることは十分可能です。

まれに、右車線を猛スピードで走る空車タクシーもいますが、それではチャンスが皆無ですので、左側をゆっくり走ったり、信号の先頭を取ることを意識したりと、基本的なことは必ず徹底していきましょう。

最低限それをら行うことで、お客様を乗せる確率はとても大きくなります。

神田北側を営業する際の接客のポイント

タクシーは運送業と思われがちですが、実はそうではなく、接客業です。

接客力を上げることで売上もアップしていきますし、逆に、雑な接客をしているドライバーさんは、だんだんと稼げなくなっていきます。

なぜなら、常にお客様に気持ちよく乗車していただくことを意識していると、お客様から次回タクシーを使う時に指名をされたり、まだ道がわからない新人の頃でも、お客様から道を教わることができて成長が早まったりするからです。

逆に、接客が悪いと、お客様から怒られたり、途中で降りられたり、また、お客様から罵倒されたことで精神を病み、営業をするのが怖くなったりと、一つも良いことはありません。

新人の頃はどうしても道を覚えるのに必死になったり、道がわからないことが恥ずかしくてお客様に伝えるのを怠ってしまったり、接客になかなか力を入れられないこともあるかもしれません。

ですが、売上を上げているドライバーはもれなく接客力が高い傾向にありますので、しっかりと丁寧な接客を心がけていきましょう。

特に、神田エリアはビジネスマンも多く、タクシーに乗り慣れている方もたくさんいます。

そういった方々は、自分なりの行き方を持っていることが多いため、こちらの勝手な判断で目的地に向かってしまうと、いつもより時間がかかったり、お金がかかったりして、クレームにも繋がりかねません。

ですので、神田エリアでお客様を乗せた際は、目的地を聞いた後に必ず、

「ご希望の行き方はございますか?」

などとお聞きすることを徹底しましょう。

そのうえで、もしも無い場合には、こちらの行き方を提案してみてください。

その際、もしもカーナビを使う場合には、勝手に入力するのではなく、カーナビを使用していいかの許可を得ることも忘れないようにしましょう。

細かいようですが、こういった細かなところまで徹底し、誠実な接客を行っていくことで、お客様からの信頼を得たり、その結果仕事が楽しくなったりして、積極的にお客様を取りに行くこともできるようになるので、売上もだんだんと上がっていきます。

ぜひ、タクシーは運送業ではなく接客業だということを頭に置いて、営業するようにしてみてください。

神田北側を営業するオススメの時間帯

動画の中でご紹介しているグルグル拳は、11時くらいから19時くらいまでがオススメの時間帯です。20時を過ぎると厳しくなります。

夜の時間帯に関しては、飲み屋で飲んでいる方を乗せることも可能ですが、そちらはステップ2以降で詳しくご紹介していきます。

詳しくは動画をご覧ください!

今回は、神田北側エリアでのタクシー攻略法を解説してきました。

神田はとても広いでエリアですので、東・西・北と、それぞれを十分理解した上で、組み合わせながら営業してみてください。

チャンスの大きな街ですので、こちらの内容を徹底することで、お客様を乗せる期待値に関しても、とても大きなエリアだといえます。

もちろん、その分ライバルタクシーも多いですが、この記事でご紹介した細かなテクニックやポイントをしっかりと抑えることで、他のタクシードライバーとの差別化を図ることができると自負しております。

動画では、この記事でご紹介した内容を、実際に車に乗りながら詳しくご紹介しておりますので、ぜひこの記事と合わせて何度もご覧いただき、神田北側エリアを攻略していってください!

【東京タクシー業界に興味を持っている貴方へ】

様々なタクシーの転職サービスが存在している昨今、
いざ転職の相談をしようと思っても、
どのサービスが優れているのかは非常に分かりづらいかと思います。

そこで、求職者様がそういった迷いを抱かないために、
私たちタクサポの強みをまとめた記事を作成いたしました。

他のサービスを圧倒するタクサポの強みをぜひ、こちらからご覧ください。

転職支援サービス「タクサポ」を見る

未経験者が最速で50万目指す為の動画シリーズ

転職支援サービス「タクサポ」を見る

100万越えドライバーによる東京タクシー攻略シリーズ

転職支援サービス「タクサポ」を見る

新しい記事

キーワード