東京都内のエリアごとの稼ぎ方【神田西側編】

東京都内のエリアごとの稼ぎ方。今回は、

「神田西側」

をお送りいたします。

神田は、西側・北側・東側がありますが、今回は西側の攻略法です。

ぜひ動画と合わせ、この記事を最後までご覧ください!

神田西側ってどんな街?

神田という街は、とても広いエリアですので、今回ご紹介する西側と北側、そして、東側にそれぞれ分けてお伝えしていきます。

街全体の特徴としては、オフィスビルがたくさんあり、ビジネスマンが多く歩いていたり、スポーツ店や古本屋さんなど、ショッピングを楽しむ方もたくさんいるエリアです。

飲食店も豊富なので、ランチタイムやアフターファイブも盛り上がりを見せる街となり、人の活気が絶えることがありません。

タクシードライバー目線でいえば、売上を伸ばしていくためには必ず抑えておきたいエリアですので、ぜひこの記事を参考に、徹底的に攻略していきましょう。

神田西側のオススメの使い方とポイント

それではここから、神田西側のオススメの使い方と、抑えておくべきポイントについて、それぞれご紹介していきます。

多種多様な方がいてタクシー需要も大きいエリア

冒頭でもお伝えしたとおり、神田エリアは非常に大きな街で、街を歩いている人も多種多様です。

大きなスポーツ店や古本屋さん、オシャレの人の買い物、また、オフィスビルもたくさんあるので、ビジネスマンも多いです。

そのため、どこから人が乗ってくるかわからなかったり、急に手が挙がったりもしますので、これは神田エリアに限らないとても基本的なことですが、

・左側をゆっくり走る
・信号の先頭を取る
・お店の出入り口にいるお客様をよく確認する
・横断歩道では歩行者を全員渡らせる

などといったことは、しっかりと徹底していきましょう。

神田西側でお客様が乗りやすいポイント

神田西側でお客様を乗せやすいポイントは、以下のようなイメージですので、こちらはぜひ覚えておくことをおすすめいたします。

・スポーツ店や古本屋さんの出入り口

・外堀通り沿い
→左はどこからでも手が挙がりやすいので、できるだけゆっくり流す。

・水道橋西通り(専大通りと言われることもある)
→飲食店が多いので、チャンスが大きい。

・動画の中の12分あたりのところの横断歩道
→本来はここを斜めに行った所が専大通り。

・白山通り
→信号ごとにすべてチャンスがある。

・動画の中の19分20秒あたりの細い通り
→予備校、オフィス、病院があり、手が挙がりやすい。また、BS放送もあるので、お台場などへ行くことが多いイメージ。

・動画の中の23分あたりのところ
→ステップ1の一番の本命。集英社、小学館、如水会館、学士会館があり、タクシーとの相性が良い。比較的夕方は手が挙がる。

・神田警察通りの税務署前
→ここで休憩をしながら、お客様がいたら休憩を終えるというのもテクニックの一つ。

・とちの木通り
→大きな通りではないが、タクシーとの相性が良い。ベテランドライバーはここでよく乗せている。

神田西側は、なるべくお客様を乗せた状態で離れたいエリアです。

ですので、数は少し多いですが、これらのポイントはぜひ一つ一つしっかりと覚えていきましょう。

たくさんある通り名をしっかりと覚える

神田には、動画の中でもご紹介しているように、

・靖国通り
・白山通り
・外堀通り
・専大通り
・明大通り
・神田警察通り

など、たくさんの通りがあります。

これらは、お客様から指定されることもよくありますし、神田を攻略する上では必ず抑えておきたいポイントです。

グルグル拳や流しでも必ず使う通りですので、しっかりと覚えていきましょう。

神田西側にはどんなお客様が多い?

お伝えしてきたように、

・ビジネスマン
・スポーツ店や古本屋などの買い物客
・病院へ行く高齢者の方
・高層マンションに住む住人の方

など、神田には、多種多様なお客様が街を歩いています。

つまり、タクシードライバー目線でいえば、お客様を乗せるチャンスがとても大きい街であるといえます。

ですが、そうなってくると、その分ライバルタクシーも非常に多いですので、お客様が多いとはいえ、ただ漠然と流していても、なかなか乗車していただくことは難しいです。

まれに、右車線を猛スピードで走る空車タクシーもいますが、それではチャンスが皆無になってしまいますので、左側車線をゆっくり走ったり、信号の先頭を取ることを意識したりと、基本的なことは必ず徹底していきましょう。

とても基本的なことですが、これらを徹底しているドライバーはそう多くはありませんので、最低限これらを徹底することで、お客様を乗せる確率はとても大きくなります。

神田西側を営業する際の接客のポイント

神田西側に限ったことではありませんが、接客力を上げていくことは、売上を上げていくことに直結する非常に大切なスキルです。

タクシーは運送業と思われている方もいますが、実は「接客業」と言ってもいいくらい、実は接客が大切な仕事です。

なぜなら、気持ちよくお客様に乗車していただくことで、次回タクシーを使う時に指名して頂いたり、道を教わることができて成長が早まったりするからです。

逆に、接客が悪いと、お客様から怒られたり、途中で降りられたり、また、お客様から罵倒されたことで精神を病み、営業をするのが怖くなったりと、一つも良いことはありません。

新人の頃はどうしても道を覚えるのに必死になったり、道がわからないことが恥ずかしくてお客様に伝えるのを怠ってしまったり、接客になかなか力を入れられないこともあるかもしれません。

ですが、売上を上げているドライバーはもれなく接客力が高い傾向にありますので、しっかりと丁寧な接客を心がけていきましょう。

例えば、その一つとして、「目的地を聞いた後にお客様の希望のルートをお伺いすること」などです。

特にビジネスマンの場合は、タクシーに慣れていることが多く、指定のルートを持っていると考えられます。

その際、自分なりに車を走らせてしまうと、いつもより料金が高かったり、時間がかかったりして、お客様からのクレームにも繋がりかねません。

ですから、目的地を聞いた後には必ずご希望のルートをお伺いし、もしもない場合には、こちらから提案するようにしましょう。

その際、カーナビを使う場合には、勝手に入力するのではなく、カーナビを使用していいかの許可を得ることも忘れないでください。

こういった細かなところまで徹底し、誠実な接客を行っていくことで、お客様からの信頼を得たり、その結果仕事が楽しくなったりして、売上を伸ばしていくこともできます。

ぜひ抑えておいてください。

神田西側を営業するオススメの時間帯

今回ご紹介した流し方は、10時〜21時くらいの時間帯がオススメです。

この時間帯には、病院へ行く高齢者の方、ビジネスマンの移動、ランチタイムを楽しんだ方、または買い物客の乗車が期待できます。

夜はまた営業方法が変わりますので、ステップ2以降でお伝えしていきます。

詳しくは動画をご覧ください!

今回は、神田西側エリアでのタクシー攻略法を解説してきました。

神田はとても広い街ですが、それと同時に、タクシードライバーにとっては非常にチャンスの大きな街だといえます。

もちろん、その分ライバルタクシーも多いですので、この記事でご紹介した細かなテクニックや、お客様を乗せやすいポイントをしっかりと抑えることで、他のタクシードライバーとの差別化を図ることができるかと思います。

動画では、この記事でご紹介した内容を、実際に車に乗りながら詳しくご紹介しておりますので、ぜひこの記事と合わせて何度もご覧いただき、神田西側エリアを攻略していってください。

【東京タクシー業界に興味を持っている貴方へ】

様々なタクシーの転職サービスが存在している昨今、
いざ転職の相談をしようと思っても、
どのサービスが優れているのかは非常に分かりづらいかと思います。

そこで、求職者様がそういった迷いを抱かないために、
私たちタクサポの強みをまとめた記事を作成いたしました。

他のサービスを圧倒するタクサポの強みをぜひ、こちらからご覧ください。

転職支援サービス「タクサポ」を見る

未経験者が最速で50万目指す為の動画シリーズ

転職支援サービス「タクサポ」を見る

100万越えドライバーによる東京タクシー攻略シリーズ

転職支援サービス「タクサポ」を見る

新しい記事

キーワード