東京都内のエリアごとの稼ぎ方【西新宿編】

東京都内のエリアごとの稼ぎ方。

今回は、ビジネスマンの多く行き交う街、

「西新宿エリア」

でのタクシー営業方法をご紹介していきます。

新宿エリアは、東側と西側に大きく分けられますが、今回は西側です。

ぜひ動画と合わせてご覧ください。

西新宿ってどんな街?

西新宿には、ビジネスタワーやタワーマンション、またはヒルトンやハイアットなど、高層ビルが多く立ち並ぶエリアです。

そのため、ビジネスマンの方のタクシー利用であったり、西新宿に住む方の利用であったりと、タクシー需要の多いエリアだといえます。

一見、オフィスビルが多く、特に「新宿」というエリアですから、住む場所ではないように思えるかもしれません。

ですが、実際には、先ほども記載したとおり、タワーマンションが多く、西新宿は住むエリアとしてもものすごく機能しています。

都市型公園である、「新宿中央公園」もあり、一般の方が訪れる場所がたくさん存在するエリアでもあります。

西新宿のオススメの使い方とポイント

そんな西新宿エリアのオススメの使い方やポイントについて、ここからご紹介していきます。

西新宿を営業する際は必ず覚えていくべきポイントですので、ぜひ頭に入れておいてください。

西はビジネス、東はお買い物

新宿は、今回ご紹介する西新宿と、東側エリアがあります。

大きく分けると、西側はビジネス、東側はお買い物のようなイメージです。

そのため、西新宿にはビジネスタワーも多く、ビジネスマンも多く歩いていますので、ゆっくりと走りながらお客様の動きを観察し、チャンスを伺っていきましょう。

まれに、真ん中の車線や、右側の車線を猛スピードで走っていく空車タクシーもいますが、それではチャンスがなくなってしまうので、空車の場合は、「左側をゆっくり走る」という基本を必ず徹底してください。

こういったところを徹底するだけでも、他のドライバーとの差別化を図ることができます。

西新宿エリアでお客様が乗りやすいポイント

西新宿エリアでお客様を乗せやすいポイントは、以下のようなイメージです。

・TKP会議場
→ビジネスマンの利用が多い。信号待ちは周囲の情報や逆サイドもしっかり見る。

・新宿駅西口の信号付近
→ここに付ける場合、動画の中でご紹介していますが、19時台で付けているタクシーが7台くらいなら、付けるのもアリ。逆にお昼で7台並んでいたら避ける。

・十二社通り
→昼中や朝も乗りやすいイメージ。

・24分20秒あたりの信号は是が非でも停まる。

・パークハイアットの付け場
→会社関係なく付けられるので、しっかり覚えておく。

これらが、西新宿エリアで特にお客様を乗せやすいポイントですので、必ず覚えておき、お客様から言われた際にすぐに反応できるようにしましょう。

時間帯によって西側と東側を使い分ける

今回ご紹介している西新宿は、午前中が若干弱いエリアで、どちらかというと、お客様をここから乗せるよりも、お客様をここに送ってくるエリアといえます。

ですので、午前中に西新宿エリアへ送り終わったら、一旦東側への移動を推奨します。

東側には、お買い物客も多いので、時間帯によって新宿エリアを使い分けるということも、新宿エリアを極めるためには重要なポイントです。ぜひ覚えておいてくだい。

西新宿にはどんなお客様が多い?

お伝えしているように、西新宿はビジネスマンを乗せやすいエリアです。

そのため、新人の頃などで、もしもまだ新宿に慣れていないという時期は、ビジネスタワーがあるところを流していくのが基本となります。

その際は、例えばビジネスマンが2人で歩いていて、会釈などをしている場合は、挨拶が終わって別れたあとに、タクシーを利用することがあります。

このような場合は、挨拶が終わるまで並走し、挨拶が終わるタイミングを待つというのも、テクニックの一つとして覚えておいてください。

ビジネスタワーの出入り口なども、特に注意して走行するようにしましょう。

その他にも、西新宿にはタワーマンションも多く、住むエリアとしても機能しています。

そのため、西新宿に住む方を送ってくることも多いので、降ろした後にどのように営業するのかということも、しっかりと覚えておきましょう。

西新宿を営業する際の接客のポイント

西新宿エリアは、ビジネスマンが多いということで、タクシーを毎日使う、タクシー慣れをしているお客様が多くいます。

そういったお客様は、自分なりの決まった行き方を持っていることが多いので、走り出す前に必ず、お客様のご希望のルートを伺うようにしましょう。

それを怠ってしまい、自分なりの行き方で向かってしまうと、いつもより料金が高かったり、いつもより時間がかかってしまったりして、クレームに繋がる可能性もあります。

その結果、もしも希望のルートがないという場合には、こちらから提案をして出発していきましょう。

もしもまだ行き方に自信がない場合は、

「最短ルートをお調べいたしますのでナビをお入れさせていただいてもよろしいでしょうか?」

といった感じで、ナビを使っていいかどうかもしっかりと確認するようにしてください。

初心者であることを伝えると、それを理由に降りてしまうお客様も中にはいますが、出発した後に伝えてクレームに繋がるよりは、よっぽどましです。

西新宿のように、タクシー慣れをしている人が多いエリアでは、このようなことを徹底し、安全に、かつ、気持ちよくお客様に乗車していただけるように、心がけていきましょう。

接客力を上げていくことも、売上を上げていくことに繋がります。

西新宿を営業するオススメの時間帯

動画の中でご紹介している流しは、朝の10時から夜の8時くらいまでに使える流し方です。

ただ、午前中は乗せるというよりも送るイメージなので、もしも午前中に西新宿にお客様を送ってきたら、東側へ移動することを推奨します。

特に、早朝に西新宿に送ってくることが多いです。

また、西新宿は付け待ちがメインのエリアです。

ただし、乗せやすいのは付け待ちだけというわけではありませんので、付け待ちが億劫だという方は、動画の流しを参考にしてください。

その際は、動画でご紹介している大きな外周を流すことがおすすめです。

ライバルタクシーも多いので、例えば前に空車タクシーが走っている場合は、後ろを走っていてもチャンスがほとんどないので、後ろから車が来ていない場合は一旦停止するなど、タイミングを作りながら走行していきましょう。

詳しくは動画をご覧ください。

今回は、西新宿エリアの攻略法をお伝えしてきました。

西新宿にはビジネスマンが多いので、タクシー需要が多いエリアだといえます。

ビジネスマンの移動でタクシーが使われることが多いということは、タクシー慣れをしている方が多いということで、この記事でもご紹介したように、接客には十分気をつけて営業するようにしてください。

詳しい流し方や、西新宿を走る際のポイントなどについては、動画の中で詳しくご紹介していますので、この記事と合わせて動画を何度も何度も見ていただくことをオススメいたします。

西新宿エリアを攻略していけるように、ぜひ頑張っていきましょう!

【東京タクシー業界に興味を持っている貴方へ】

様々なタクシーの転職サービスが存在している昨今、
いざ転職の相談をしようと思っても、
どのサービスが優れているのかは非常に分かりづらいかと思います。

そこで、求職者様がそういった迷いを抱かないために、
私たちタクサポの強みをまとめた記事を作成いたしました。

他のサービスを圧倒するタクサポの強みをぜひ、こちらからご覧ください。

転職支援サービス「タクサポ」を見る

未経験者が最速で50万目指す為の動画シリーズ

転職支援サービス「タクサポ」を見る

100万越えドライバーによる東京タクシー攻略シリーズ

転職支援サービス「タクサポ」を見る

新しい記事

キーワード