東京都内のエリアごとの稼ぎ方【池袋東口編】

今回は、世界第二位の乗降車数を誇る駅でもある、

「池袋エリア」

の攻略法をお届けいたします。

池袋は、東口側と西口側で分けてお送りしますが、今回は、東口側です。

ぜひ動画と合わせ、この記事も最後までご覧ください。

池袋東口ってどんな街?

池袋駅は、世界第二位の乗降数を誇る駅ということで、圧倒的に人の数が多いエリアだといえます。

特に、動画の中でも解説していますが、サンシャインエリアは人通りがものすごく多いので、営業する際は、お客様を乗せることはもちろん、事故に十分注意してください。

そんな池袋は、近くに住む方が買い物に来たり、埼玉県と都心の中心地ということで、飲み会などでの集合場所に使われたりといった用途が多いです。

再開発も進んでいますので、今後も人の動きが活発になっていくと思われるエリアですね!

池袋東口のオススメの使い方とポイント

冒頭でもお伝えしたように、池袋は世界第二位の乗降数を誇る駅ということで、人の数はものすごく多いエリアです。

そんな池袋で営業する際の、オススメの使い方とポイントについて、ご紹介していきます。

池袋駅東口付近は人の動きが活発

動画のスタート地点にもなっている池袋駅の東口の目の前付近は、西口に比べて人の動きが多いです。

タクシープールもありますので、付け待ちを絡めながら営業を行っていきましょう(動画の中の3分50秒あたりから詳しくご紹介しています)。

西武やパルコなど、複合施設も多いですので、お買い物客を狙いやすいエリアといえます。

池袋東口でよく乗るポイント

池袋東口でお客様が乗りやすいポイントは、以下のようなイメージです。

・グリーン大通りのタワーマンション
→付け待ちをするほどではないが、観察しながらゆっくり走る。

・サンシャインエリア
→高級住宅が多く、意外とタクシー需要が多い。

・ヤマダ電機付近

・マルコ付近

・西武付近

ここを走る際は左側をゆっくり走行し、人の動きを注意深く確認してください。

山手線の終点でもあるためその時間も狙い目

池袋駅と品川駅は、JR山手線の終点でもあるので、電車がなくなってしまい、帰宅のためにタクシーを利用する方を狙うなど、終電の時間に駅に付けるのもアリです。

ですので、山手線の終電時間をチェックして、その時間帯に池袋付近にいる場合は、こういったお客様を狙うなどもしてみてください。

池袋東口にはどんな人が多い?

池袋東口は、やはりお買い物をする場所が多いということで、主な客層は買い物客です。

特に、昼間のサンシャイン通りは人通りがものすごく多いので、お客様を見つけるとともに、事故には十分注意して走行するようにしてください。

ちょいちょい会社もあるので、ビジネスマンもいるはいますが、やはりメインとなるのは買い物客ですね。

タワーマンションや高級住宅が建ち並ぶエリアもありますので、そういった方の利用もあります。

その付近を営業する際は、お客様が急に手を挙げることもありますので、人の動きをしっかりと確認しながら、丁寧に走行しましょう。

池袋東口を営業する際の接客のポイント

池袋東口エリアには、お買い物客が多いということで、買い物が終わったあとに家までお送りするというケースもよくあります。

その際は、お客様自身がいつも使うルートがあると考えられるため、これは池袋東口エリアに限ったことではありませんが、目的地を聞いた後に必ず、お客様自身のご希望のルートをお聞きしましょう。

これを怠ってしまい、自分なりのルート、もしくは目的地をナビに入れて走行してしまうと、いつもより料金が高かったり、時間がかかったりして、お客様からクレームをもらってしまうなどのトラブルにも発展しかねません。

ですので、

「ご希望のルートはございますか?」

などと一言添え、もしもない場合には、こちらからルートを提案し、目的地まで走行するようにしてください。

ビジネスマンが多いエリアでも同様、タクシー慣れをしている人が多いエリアでは特に、これは徹底してください。

また、もしも新人の頃などで、道がわからない場合には、自分の知識レベルを事前にお伝えすることも大切です。

その結果、

「わからないならいいや」

と言って、別のタクシーに乗り換える人も中にはいますが、わからないまま走行し、後々トラブルに発展するよりはずっとましです。

目的地まで安全に送り届けることはもちろん、お客様に気持ちよく乗車していただけるように、こうした細かいところまで徹底するようにしていきましょう。

売上を上げているドライバーは、こうしたところまで抜け目なく徹底している傾向にありますので、ぜひ頭に入れておいてください。

池袋を営業するオススメの時間帯

動画の中でお伝えしている、池袋東口を流す時間帯は、お昼前11時〜18時くらいがおすすめです。

夜の営業方法については、ステップ2と3でお送りしますので、そちらも合わせてご覧ください。

また、池袋東口に付けるのであれば、朝方の通勤ラッシュの時間帯と、終電間際がおすすです。

詳しくは動画をご覧ください!

今回は、池袋東口エリアでの営業方法について、記事を書いてきました。

お伝えしてきたように、池袋東口エリアは買い物の多いエリアです。

タクシー慣れをしている人も多いので、必ず希望のルートをお聞きした上で、目的地まで送り届けるようにしましょう。

また、池袋は、東口と西口で客層や雰囲気が様子が異なるので、池袋を営業する際は、どちらでも営業ができるようにしていきましょう。

動画も合わせて何度もご覧いただき、ぜひこのエリアを攻略していってください!

【東京タクシー業界に興味を持っている貴方へ】

様々なタクシーの転職サービスが存在している昨今、
いざ転職の相談をしようと思っても、
どのサービスが優れているのかは非常に分かりづらいかと思います。

そこで、求職者様がそういった迷いを抱かないために、
私たちタクサポの強みをまとめた記事を作成いたしました。

他のサービスを圧倒するタクサポの強みをぜひ、こちらからご覧ください。

転職支援サービス「タクサポ」を見る

未経験者が最速で50万目指す為の動画シリーズ

転職支援サービス「タクサポ」を見る

100万越えドライバーによる東京タクシー攻略シリーズ

転職支援サービス「タクサポ」を見る

新しい記事

キーワード