東京都内のエリアごとの稼ぎ方【上野北側編】

東京都内のエリアごとの稼ぎ方。今回は、

「上野北側エリア」

でのタクシー営業方法をご紹介いたします。

上野動物園などがある、有数な観光地の一つである上野では、どのようなことに気をつけ、どのような考え方で営業をすればよいのでしょうか?

今回もぜひ動画と合わせ、この記事も最後までご覧ください!

上野北側ってどんな街?

上野といえば、新幹線も通っており、また、国立西洋美術館や上野動物園などもある、観光スポットとして名高い街ですね。

上野は主に南側と北側に分かれますが、今回ご紹介する北側は、歴史的な建物や、閑静な住宅街も広がっています。

日本だけでなく、海外からも人気の観光スポットとして知名度の高い上野エリアは、どのように営業することで、効率期に売上を上げていくことができるのでしょうか?

街の特徴やお客様の層なども交えながら、上野北側の攻略法をお伝えしてきます。

上野北側のオススメの使い方とポイント

今回ご紹介している流し方は、鶯谷で降ろしたあとの想定での流し方です。

昼夜を問わず活発なエリアですが、ただ漠然と流していればもちろんお客様を乗せることは難しいですので、この記事を参考に、上野北側のオススメの使い方をぜひマスターしていってください。

上野北側は昼夜を問わず活発なエリア

上野北側は、昼夜を問わず乗せやすいポイントです。

昼間の時間帯は、銀座や日本橋から喫茶店に寄るために訪れた方々の帰り手段として、タクシーが使われることがよくあります。

また、鶯谷は、錦糸町などと同じような繁華街ですので、遅い時間でも男性のお客様などを乗せやすいポイントです。

週末は特に賑わうので、夜の時間帯にこのあたりに来た際は、そういったお客様の動きを注意深く観察していきましょう。

上野北側でお客様を拾いやすいポイント

上野北側は、昼夜問わずお客様を乗せやすいポイントです。

特に乗せやすいポイントとしては、以下のようなイメージです。

・(動画の中の)スタートしたすぐの陸橋を渡った辺り

・言問通り沿い
→一車線なので先頭さえ取れば常に自分のターンで営業ができる。

・喫茶店付近
→銀座や日本橋から訪れたお客様の帰りの手段として使われることが多い。この場合、年齢層は高め。

・動画の中の14分あたりのところ
→上野南側辺で詳しく解説しています。

・京成上野駅のバス乗り場やその先の高架下付近
→お客様が非常に多いのでゆっくり走る。特に週末は人が多い。

・上野駅のタクシープール
→18時くらいの時間帯で9台の待ちだったら付けてOK!

・不忍通りの根津の交差点を左折した直後
→この交差点の先は期待値が低いため、できればここで乗せたい。

・高級中華「東天紅」付近
→迎車利用が多い。不忍通りはUターンが禁止なので注意する。動画の中の12分あたりのところで詳しくご紹介しています。

このようなイメージです。ぜひ覚えておいてください!

上野北側にはどんなお客様が多い?

上野北側は、昼夜を問わずお客様を狙いやすいエリアですが、日中は銀座や日本橋から喫茶店などの目的で来たマダムの方、夜は繁華街で楽しむ男性の方などがメインとなります。

また、土日祝日の晴れた日などは、散策でこのあたりを歩いている方も増えます。

一眼レフを首からぶら下げた方など、ライフスタイにこだわりが多い方も歩いています。

ですので、これはとても基本的なことですが、左側をゆっくりと走行し、お客様の動きを確認しながら営業を行いましょう。

急に手が挙がることもよくありますので、その際にはすぐに反応できるように、あらかじめ準備しておいてください。

比較的、年齢祖は高めの方が多いエリアです。

上野北側で営業する際の接客のポイント

このエリアに限ったことではありませんが、目的地を聞いた後は、必ずお客様のご希望のルートをお聞きするようにしましょう。

特に、上野北側エリアはタクシー慣れをしている方が多く見受けられます。

つまり、目的地までの自分なりのルートを持っている方が多いので、その方自身の行き方で目的地に向かうようにしてください。

行き方をお聞きした上で、もしも希望のルートがないという場合には、ご自身の行き方をご提案しましょう。

その際、もしもナビを使用する場合は、ナビを使っていいかをお聞きした上で使用すると、よりトラブル防止の対策となります。

こういった細かなところも、ドライバーの勝手な判断で行ってしまうと、後々クレームなどのトラブルにも発展しかねませんので、これはどのエリアでも必ず徹底するようにしてください。

お客様を目的地に届けるだけでなく、気持ちよく乗車していただくこともタクシードライバーの大切な仕事であり、こうしたことまで徹底しているドライバーは、必然的に売上を上げている傾向にあります。

ぜひ徹底していきましょう!

上野北側を営業するオススメの時間帯

上野北側は、昼夜を問わず営業ができるエリアです。

お昼時は喫茶店に来たマダムの帰りの手段として、夜は繁華街で楽しむ男性など、時間帯を問わずお客様を乗せやすいです。

上野北側は、時間帯によってどうこうするというよりも、この辺りでお客様を降ろしたら、動画で解説している流しの方法で、上野駅に向かうことをオススメいたします。

平日ももちろんですが、特に土日祝は賑わうエリアです。

詳しくは動画をご覧ください!

今回の記事では、上野北側エリアでのオススメの営業方法をお伝えしてきました。

動画の中では、この記事でご紹介した場所やポイントなどを、映像を交えてお伝えしていますので、より詳しく理解ができると思います。

また、文字だけでは伝えきれないニュアンスなども、動画の中でより詳細に解説していますので、記事だけでなく、必ず動画と合わせて何度も何度もご覧ください!

関連:東京都内のエリアごとの稼ぎ方【上野南側編】

【東京タクシー業界に興味を持っている貴方へ】

様々なタクシーの転職サービスが存在している昨今、
いざ転職の相談をしようと思っても、
どのサービスが優れているのかは非常に分かりづらいかと思います。

そこで、求職者様がそういった迷いを抱かないために、
私たちタクサポの強みをまとめた記事を作成いたしました。

他のサービスを圧倒するタクサポの強みをぜひ、こちらからご覧ください。

転職支援サービス「タクサポ」を見る

未経験者が最速で50万目指す為の動画シリーズ

転職支援サービス「タクサポ」を見る

100万越えドライバーによる東京タクシー攻略シリーズ

転職支援サービス「タクサポ」を見る

新しい記事

キーワード