東京都内のエリアごとの稼ぎ方【神楽坂・飯田橋編】

今回は、オシャレなレストランや街並みが広がる街、

「神楽坂・飯田橋エリア」

の攻略法をお届けいたします。

接待でのタクシー利用も多く、時間帯によっては長距離も狙えますので、このエリアを営業する前に、動画と記事を合わせてぜひご覧ください。

神楽坂・飯田橋ってどんな街?

このエリア、特に神楽坂の上のあたりには、大企業に勤めるビジネスマンの方が、接待で使う高級なお店などが多くあります。

また、大学もいくつかありますので、学生さんも多くいるエリアです。

そのため、タクシードライバー目線の街の特徴としては、夜間の利用が多いエリアだといえます。

神楽坂をわざわざ攻めるということは少ないですが、動画では、神楽坂・飯田橋エリアでお客様を降ろした際の営業方法をお伝えしていますので、売上を上げていくためには、必ず知っておくべき内容です。

ですので、この記事と合わせ、動画の内容もしっかりとチェックしておいてください。

神楽坂・飯田橋のオススメの使い方とポイント

動画のスタート地点である神楽坂下は、交通ルールが複雑なので、営業する際は注意が必要です。

特に、新人ドライバーの方は、このエリアのルールをしっかりと覚えるよう徹底しましょう(動画の冒頭でお伝えしていますので、そちらもしっかりとチェックしてみてください)。

このエリアにはグルグル拳がないので、ここから都心(神田や丸の内、八重洲や銀座)方面へ向かうために流しをする中で、お客様を見つけるスキルをマスターしていきましょう。

早めの時間帯はあまり期待できない

神楽坂は、昼間の時間帯はほぼ期待できないので、お客様がいればラッキーくらいの気持ちで走行するようにしましょう。

夜の時間帯は、路地からお客様が出てくることもあるので、人の動きを注意深く見ながら走ってみてください。

特にグルグル周る場所でもないので、このエリアでは右折も多用していきます。

基本的にはオフィス街や都心へ行くための道として使う

また、あえて「付けて待つ」という場所でもないので、神楽坂・日比谷エリアで長居をするというよりは、オフィス街へ行く際に周りを見ながら走り抜けるという意識で営業していきましょう。

その際、ただ走り抜けるのではなく、お客様の動きを見ながら走ることは忘れないようにしてください。

期待できない分、右車線をスピード出して走り抜けるドライバーさんもたまにいますが、それでは全くチャンスがなくなってしまうので、左車線を走り、お客様がいないかを確認しながら走ることは、必ず徹底していきましょう。

神楽坂・飯田橋にはどんな人が多い?

神楽坂エリアには飲み屋が多く、大手企業で働くビジネスマンの接待などで使われるお店も多いです。

そのため、有名な会席料理などの高級店が多いですので、単価の高いお客様を狙えます。

あまり遅くならない時間帯(食事だけをするお客様が帰る20時過ぎ〜21時半ごろ)には、ロングも狙っていけますね。

また、神楽坂には、法政大学は東京理科大学などがあるため、神楽坂の下には大学生も多いエリアです。

夜の時間帯は、神楽坂の上は接待などのお客様、下は学生が多いというイメージです。

神楽坂・飯田橋で営業をする際の接客のポイント

他のエリアでも同じですが、目的地を聞いた後、必ずお客様にご希望の行き方はないか、しっかりとお伺いするようにしましょう。

特に、このエリアには大手企業で働くビジネスマンも多くいらっしゃいますので、タクシー慣れをしている人が乗ってくることがよくあります。

そういったお客様は、日々タクシーを使っていて、目的地への決まった行き方を持っている可能性が高いので、自分でルートを決めるのではなく、「いつもはどのように行かれていますか?」などとお聞きしてから、目的地に向かうようにしましょう。

また、道がわからないのであれば、出発する前に、正直に自分の知識レベルをお客様に伝えるようにしてください。

トラブルを未然に防止するために、ビジネスマンの多い神楽坂・飯田橋のようなエリアでは、これらのことは徹底するようにしましょう。

神楽坂・飯田橋で営業する際のオススメの時間帯

このエリアは飲み屋が多く、接待などで使われる店も多数あるので、ビジネスマンの夜間利用が多いです。

夜間とはいえ、20時過ぎ〜21時半ごろといった、あまり遅くならない時間帯がオススメです。

この時間帯は、食事だけをして帰る、いわゆるドン御所を狙える可能性が高いので、一発長距離というのも狙えます。

この時間帯の詳しい攻め方については、神楽坂・飯田橋Step2で解説していますので、そちらも合わせてご覧ください。

また、日中は、大学生が多く歩いていますが、この時間帯はあまり期待できないので、やはり狙い目の時間帯としては、ビジネスマンの夜間利用の時間帯ですね。

詳しくは動画をご覧ください!

今回は、神楽坂・飯田橋エリアの流し方について、記事を書いてきました。

このエリアは、何周もグルグルしてお客様を見つけるのではなく、都心やオフィス街など、お客様を拾いやすい場所へ向かうために通り抜ける場所として、考えておくと良いです。

ただし、その際も、何も考えずに通り抜けるのではなく、左車線を走りながらお客様がいないかをチェックしながら、走ることを徹底しましょう。

期待度が低い分、右車線を速い速度で走り抜けるタクシードライバーさんも多いので、こうした細かなテクニックを徹底していくことで、周りを差し置いてお客様を狙うことも可能になります。

動画でも詳しくご紹介しておりますので、この記事と合わせ、必ずチェックするようにしてください!

【東京タクシー業界に興味を持っている貴方へ】

様々なタクシーの転職サービスが存在している昨今、
いざ転職の相談をしようと思っても、
どのサービスが優れているのかは非常に分かりづらいかと思います。

そこで、求職者様がそういった迷いを抱かないために、
私たちタクサポの強みをまとめた記事を作成いたしました。

他のサービスを圧倒するタクサポの強みをぜひ、こちらからご覧ください。

転職支援サービス「タクサポ」を見る

未経験者が最速で50万目指す為の動画シリーズ

転職支援サービス「タクサポ」を見る

100万越えドライバーによる東京タクシー攻略シリーズ

転職支援サービス「タクサポ」を見る

新しい記事

キーワード