東京都内のエリアごとの稼ぎ方【霞ヶ関編】

今回は、日本の行政・司法の中心地を形成している、

「霞ヶ関」

での、タクシー営業方法をお伝えしていきます。

霞ヶにはどんなお客様が多く、どうような営業をすることで、効率よく売上を上げていくことができるのか?

徹底的に解説していきますので、ぜひ動画と合わせてご覧ください。

霞ヶ関ってどんな街?

霞ヶ関といえば、国会議事堂や国土交通省などが建ち並ぶ、日本の行政・司法の中心地を形成しているエリアです。

そのため、ビジネスマンの方や、官僚の方など、いわゆる「お偉い方々」が多くいるエリアです。

その分タクシー需要も多く、付け待ちなど、ライバルのタクシーも非常に多いですが、しっかりと考えて営業をすることで、基本的にはお客様を乗せやすいエリアだといえます。

手ぶらで離れることは少ないエリアですので、霞ヶ関に来た際は、お客様を乗せて出ることを想定できるエリアですね。

霞ヶ関のオススメの使い方とポイント

上記にも記載したように、霞ヶ関は基本的に、手ぶらで出ることは少ないエリアです。

付け待ちをしているタクシーは非常に多いですが、その分、近い間隔で付け待ちポイントがありますので、お客様を乗せられる可能性も高いです。

例えば、

・付け待ちが何台までだったら付けるのか?
・特許庁の前と霞ヶ関ビルは、このタイミングではどちらに並ぶのがよいか?

など、その都度判断を下しながら、流しと付け待ちを適切に組み合わせることで、手ぶらで霞ヶ関を出ることはほとんどなくなります。

ただし、順路を間違えると、逆に効率の悪いエリアになりかねないので、しっかりと理解をした上で、頭を使った営業をすることが大切です。

建物の入口が重要になる

霞ヶ関は基本的に、タクシー利用者が多いエリアと考えてください。そのため、付け待ちをしているタクシーも非常に多いです。

建物もたくさんありますので、一つ一つしっかり確認しながら、ゆっくり流すことを心がけましょう。特に、建物の「入り口」の場所が重要になりますので、しっかりと覚えるようにしてください。

似たような建物名もたくさんありますが、ごちゃごちゃにならないようしっかり覚えることが大切です。

無理な停車はせず、基本は左側をゆっくり走る

霞ヶ関には、停車しづらい通りも多いですが、たまに、無茶な場所で手を挙げているお客様もいらっしゃいますので、その際は無理な停車はしないよう、十分注意して走行してください。

霞ヶ関エリアは実車で走るタクシーが多く、タクシーに加え、一般車もスピードを出す車が多いです。

特に、

・国土交通省
・合同庁舎四号館
・財務省の前

など霞ヶ関には乗るポイントが多くありますので、周りの車がスピードを出していたとしても、ゆっくり走るよう心がけましょう。

また、これは霞ヶ関に限ったことではないですが、空車であるにもかかわらず、右車線を走るドライバーさんが多くいらっしゃいます。

右車線ではほぼチャンスがありませんので、左車線を走るということは常に意識してください。

霞ヶ関で覚えておくべき場所やポイント

霞ヶ関エリアで覚えておくべき場所やポイントは、以下のとおりです。

・中央合同庁舎
→駐停車禁止が8時〜18時なので注意が必要。

・東京簡易裁判所

・公正取引委員会

・東京地方検察庁

・祝田橋の交差点
→信号がすごく短い。

・警視庁
→警視庁で乗ってくることはほとんどない。

・国土交通省

・六本木通り沿い
→意外と手が挙がりやすいエリア。

・新霞が関ビル

霞ヶ関にはどんな人が多い?

霞ヶ関は、日本の行政や司法の中心地ということで、やはり「お偉い方々」が多くいらっしゃいます。

視察などで朝早くからタクシーを使って動かれる方もいますので、「早めの時間帯でのロング」というのも狙えるエリアです。

ただ、そういった方が多い分、お客様を乗せられるピークの時間帯は、他のエリアに比べて早くなります。

この後の見出しでもお伝えしますが、実際に流す場合は、朝の10時〜夜の19時くらいがピークとなります。

霞ヶ関を営業する際の接客のポイント

霞ヶ関には、ビジネスマンや官僚など、いわゆる「お偉い方々」が多く乗るエリアです。

タクシー慣れをしているお客様が多いので、目的地を聞いた後に、ご希望のルートを聞くことは必ず徹底するようにしてください。

勝手なルートで行ってしまうことで、トラブルにも発展しかねません。

また、車内で仕事をするお客様が乗ることも考えられるので、車内の環境を良くすることや、丁寧な走り方を行うなど、より丁寧な走行や接客を行うことが大切になってきます。

逆に言うと、タクシー慣れをしている方が多いエリアですので、まだ道がよくわからない場合は、正直に自分の知識レベルを伝えるようにしましょう。

そうすることで、「じゃあ大丈夫です」と言って、別のタクシーに乗るお客様もいらっしゃいます。

これはもったいないと思うかもしれませんが、出発してから新人であることが発覚し、トラブルに発展するよりも、こちらの方がずっとましです。

なので、もしも自信がない場合には、必ず出発前にその旨をお客様に伝えることをぜひ徹底していきましょう。

霞ヶ関を営業するオススメの時間帯

虎ノ門や神谷町などのビジネス街に比べると、ちょっとだけ早くから攻められるエリアなので、時間帯としては、朝の10時くらいから狙えます。

これはあまり高い確率ではないのですが、視察に行かれるお偉い方が早めに動かれることもあるので、場合によっては8時〜9時の間の時間帯でのロングも狙えます。

実際に流す場合は、朝の10時〜、最大でも19時くらいまでが狙い目の時間帯でしょう。

基本的には、18時までがピークと考えておくとよいですね。

詳しくは動画をご覧ください!

霞ヶ関はタクシー需要が多く、基本的には、お客様を乗せてこのエリアを離れることができます。

また、ビジネスマンや官僚の方も多くいらっしゃいますので、早めの時間帯からのロングも狙えるエリアでもあります。

ただし、順路を間違えると、逆に効率の悪いエリアとなってしまいますので、この記事と合わせ、一番上に添付した動画も合わせてご覧いただきながら、ぜひ霞ヶ関での営業方法をマスターして頂ければと思います。

【東京タクシー業界に興味を持っている貴方へ】

様々なタクシーの転職サービスが存在している昨今、
いざ転職の相談をしようと思っても、
どのサービスが優れているのかは非常に分かりづらいかと思います。

そこで、求職者様がそういった迷いを抱かないために、
私たちタクサポの強みをまとめた記事を作成いたしました。

他のサービスを圧倒するタクサポの強みをぜひ、こちらからご覧ください。

転職支援サービス「タクサポ」を見る

未経験者が最速で50万目指す為の動画シリーズ

転職支援サービス「タクサポ」を見る

100万越えドライバーによる東京タクシー攻略シリーズ

転職支援サービス「タクサポ」を見る

新しい記事

キーワード