タクシーの給料は歩合制だからこそ稼ぎやすい!その仕組みと稼ぎ方のポイント

タクシー 給料 歩合

 

今回は、タクシードライバーの『歩合制』という給料体系について、その仕組や稼ぎ方のポイントを徹底的に解説していきます!

その前に、あなたはタクシードライバーと聞いて、どんなことを思い浮かべるでしょうか?

『労働時間が長くて大変そう・・・』
『その割に給料が低そう・・・』
『歩合制だと稼げのるか不安・・・』

タクシードライバーという働き方に対し、もしかしたらこんなイメージがあるのかもしれません。

その中でもやはり、もっとも気になるのは、タクシードライバー特有の

『歩合制という給料体系』

ではないでしょうか?

一言に歩合制といっても、

『実際はどのくらい稼げるのか』
『最低限度の給料はもらえるのか』
『そもそも歩合制ってなに??』

など、その中身をもっと詳しく知りたいですよね。

しかし、実はタクシー会社で働く現役のドライバーさんに聞いてみても、

『その歩合率や仕組みについて、詳しく知っている人は多くない』

というのが現状です。

『めちゃくちゃ稼げるよ!』という人がいる一方で、『全然稼げない・・・』という人がいるのも事実でして・・・。

そのため、タクシードライバーの歩合制は、かなりベールに包まれた謎の給料体系だといえるでしょう。

そこで今回は、タクシードライバーの主な給料体系である歩合制について、

  • そもそもタクシー会社が歩合制を採用する理由
  • 絶対に知っておくべき歩合制の真実
  • 歩合制で大きく稼いでいくためのポイント
  • 自分に合ったタクシー会社を選ぶために大切なこと

などを詳しくご紹介していきます。

タクシーという職業が少しでも気になっているあなたにとって、ここからは絶対に知っておくべき内容ですので、現役タクシードライバーでも熟知している人は少なく、知る人ぞ知る、

ベールに包まれた歩合制という給料体系

について、一緒に紐解いていきましょう!

タクシードライバーの給料が歩合制である理由

タクシー 給料 歩合

まずはじめに、なぜタクシーは歩合制という給料体系をとっているのでしょうか?

あなたも少しだけ考えてみください。

・・・・・・・・・

タクシードライバーという仕事は、いわば『外回りの営業マン』のようなものです。

一度会社から出庫すると、あとは基本的に自由な走行ルートで車を走らせ、お客様を目的地までお送りする業務を繰り返します。

その中で自分のペースで休憩をとり(最低限とらなくてはいけない休憩時間はあります)、時間配分を考えながら運行をします。

ということはつまり、基本的には会社から指図されることなく、自分の好きなように業務を行っていくことができるため、もしも固定給という給料体系をとっているとすると・・・

『仕事中にずっと寝ていても、生活できるくらいの給料はもらえてしまう』

極端な話ですが、こういうことにもなりかねないのです。

こんなドライバーさんが増えてしまえば、会社にとっても、またはタクシーを使うお客様にとっても、タクシードライバーは必要のない存在になってしまいますよね。

そのため、タクシー会社は歩合制という給料体系を採用し、売上をより多く出す人にはその分給料として還元する体制を整えているのです。

絶対に知っておくべき歩合給の真実

タクシー 給料 歩合

一言で歩合給といっても、その仕組みは会社ごとに全く違うということを知っていましたか?

売上によって変わったり、または出勤日数によって変わったり・・・。

実は会社ごとに超緻密な計算方法があるため、『タクシードライバーの歩合給は〜%です!』などと、一括りにまとめることはできないのです。

そのため、会社ごとの歩合給の制度を知らずに入社してしまうことは、自身の給料に大きな影響を及ぼすことになりかねません。

たった数%の歩合率の違いが、年収で数十万円もの違いを作ってしまう可能性すらあるのです。

入社してからそれに気づくという悲惨な事態を未然に防ぐために、ここからは、

『絶対に知っておくべき歩合給の真実』

について、ご紹介していきます。

『歩合制』と『完全歩合制』の違いは?

まずは、よく使われている『歩合制』と『完全歩合制』の言葉の違いについて理解しておきましょう。

歩合制と一言でいっても、

『この会社は”歩合制”を採用しています』や、
『あちらの会社は”完全歩合制”をとっています』

といったように、その言葉が使い分けられている場合がありますね。

果たして、

・歩合制

・完全歩合制

のそれぞれの言葉の意味には、どのような違いがあるのでしょうか?

歩合制は固定給にプラスしてインセンティブが支給される

”歩合制”とは、ある程度の給料が保証されており、

それにプラスしてインセンティブが支給される給料体系

です。

最低限度の給料が保証されているため、精神的な安定を伴いながら業務を行っていくことができます。

完全歩合制は売上のみで給料が計算される

一方、完全歩合制とはその名の通り、給料の全てが出来高により計算されます。

極端な話ですが、

一切売上を出さなければ、その月の給料は0円となってしまう

ということです。

しかし、この完全歩合制という給料体系は、労働基準法で定められている条文に違反しています。

第二十七条 出来高払制その他の請負制で使用する労働者については、使用者は、労働時間に応じ一定額の賃金の保障をしなければならない。

引用元:労働基準法第27条

労働基準法にはこのように記載されており、一般的な会社では、この完全歩合制を適用させることができません(タクシー業界も同様に)。

完全歩合制を適用することができるのは、個人事業主が企業と契約を結ぶ場合のみです。

そのため、全てのタクシー会社では、基本給と称して『最低でも支給される給料』が定められています。

売上に応じて歩合率が変わる?

一言で歩合給といっても、その売上に応じて歩合率も変わってきます。

これはあくまでも一例ですが、たとえばこちらの表のように、

売上 歩合率
100万円以上 65%
90万円〜99万円 64%
80万円〜89万円 63%
75万円〜79万円 62%
70万円〜74万円 61%
65万円〜69万円 60%

など、その売上によって歩合率が変動する会社もあります。

また、こちらも一つの例ですが、上の表の仕組み以外にも、

  • 売上が80万円までは一律50%だけど、80万超えたらいきなり64%になるというハイリスク・ハイリターンのパターン
  • 40万円〜100万円までは一律で60%というローリスク・ローリターンのパターン
  • 勤務した日数によって変わるパターン(休日出勤は歩合率が上がる、など)

など、その歩合率は会社によって、本当にさまざまです。

しかし、『あなたの会社の歩合率はどのくらいですか?』という質問をしたとしても、『だいたい60%くらいですね』という回答が返ってくることが多いのが現実です。

実際にそのタクシー会社で働いているドライバーさんでさえ、自分の歩合率を知らいないことがほとんどなのです。

ここで注意しなければいけないのは、

会社の下調べもせずに、『家が近い』とか『知り合いに誘われた』といった安易な理由で入社する会社を選ばないこと

です。

なぜかといえば、

例えば歩合率がたった2%違うだけで、仮に一ヶ月の売上が80万円の人であれば、年収にして20万円も違ってくる可能性があるから。

同じ業務内容で、同じ時間働き、しかも同じ売上を出しているのにもかかわらず、その会社の歩合率を知らなかっただけでこんなにも給料に差が出てしまうのは、本当に切ないですよね・・・。

そういったことを避けるためにも、

  • 売上によって歩合率は変わるのか?
  • その率はどのくらいなのか?
  • 勤務日数による変化はあるのか?
  • 自分のスキルにマッチしているか?

などについて、細かく下調べをしておく必要があります。

その際は先ほどもお伝えしたように、『その会社の乗務員であっても歩合率について正確に把握していることは少ない』ですから、

  • 直接会社の担当者に聞くこと
  • 求人サイトによるサポートを受けること

が必要不可欠です。

給料保証がある会社は歩合率が低い?

『歩合給と完全歩合制の違い』でも記載しましたが、どんなに売上が低くても、最低でも支給される基本給(給料保証)があります。

会社によっては、その額が35万円〜40万円といったように、非常に高く設定されている場合もあるでしょう。

ここで注意しなければいけないのは、

あらかじめ給料保証がついている(その額が非常に高い)会社では、売上による歩合率もそれに伴って低く設定されている可能性が高い

ということです。

こういった給料体系の場合、『生活ができないほど給料が安い・・・』というリスクはあまりないかもしれません。

しかし、頑張った分の給料が上乗せされることはないため、

努力があまり成果に結びつかないというデメリットも

ありますね。

大きな売上を出して収入を増やしていきたい方にとっては、あまりオススメできない給料体系といえるでしょう。

『最低保証額』という記載に注意する

給料保証について、注意しなければいけないことがあります。

例えば、就業規則に、『基本給として最低保証額40万円の支給』と書かれているタクシー会社があったとします。

これを見た時、おそらく多くの人は

『最低でも40万円もらえるんだ!』

と考えるかもしれません。

”最低”と書かれているのですから、そう感じるのも当然ですよね。

しかし、ここで注意しなければいけない大事なポイントがあります。それは、

誰でも確実に40万円をもらえるというわけではない

ということです。

最低限の出勤日数が定められていたり、実は売上のノルマがあったりと、

『最低保証額がもらえない可能性も十分にあり得る』

のです。

先ほどもご紹介しましたが、労働基準法にはこのような記載があります。

第二十七条 出来高払制その他の請負制で使用する労働者については、使用者は、労働時間に応じ一定額の賃金の保障をしなければならない。

引用元:労働基準法第27条

つまり、『最低保証額』という就業規則への記載は、

この労働基準法に触れないために”とりあえず”定められたもの』

であるとも考えられ、実際にはその最低保証の満額はもらえないかもしれない、ということを覚えておいてください。

こういった文言は、とてもあいまいに記載されていることが多く、なかなか気づきにくい可能性もあるでしょう。

そのため、『最低保証額の高さに惹かれて入社したけど、実際は、最低保証額を下回る額しかもらえなかった・・・』ということも起こり得るのです。

ただ、こうしたノルマがあることを知っていれば、なんとか最低保証額を満額もらうために努力することが考えられるため、結果として、給料保証の額くらいは稼いでしまっていること(この例で言えば一ヶ月70〜80万円ほどの売上を出していること)が多いです。

そのためにも、入社する前にしっかりと下調べをしておくことが必要不可欠です。

入社祝い金について理解しておく

会社によっては、『入社祝い金』を用意していることもあります。

これを用意している理由としては、

『研修中の低い給料を補うため』

ということが考えられます。

研修中は、その売上にかかわらず、日給一万円程度を設定しているタクシー会社が多いです。

タクシードライバーとしてデビューした方にとっては、新たな仕事を覚えなくてはいけないストレスの中で、もらえる給料がこんなにも少なければ、生活が圧迫されてしまうと考える人も多いでしょう。

そういった人を救済するために、入社祝い金として、入社をしてくれた方へお金を支給するという制度をとる会社もあるのです。

ただし、ここでも入社前に必ず確認しておくべきことがあります。それは、

『入社祝い金は、入社してすぐにもらえない可能性もある』

ということです。

会社によっては、

  • 『研修期間が終わったら』
  • 『入社して2ヶ月後から』
  • 『乗務開始後5乗務してから』

などといったように、入社祝い金を受け取るための条件を設定していることもあるのです。

つまり、これを知らなかったことで、

『研修期間中にもらえると思い頼りにしていたお金がもらえず、生活が苦しくなり、結果的にタクシードライバーとしての仕事にも集中できない・・・』

といった悪循環を招くおそれも考えられるでしょう。

『入社祝い金がもらえるから、研修中は給料が低くても大丈夫!』

などと安易に考えるのではなく、その会社がとる入社祝い金という制度について、細かく理解しておくことを絶対に怠らないようにしてください。

改めて記載〜入社する前にここは必ず確認しよう!〜

タクシー 給料 歩合

先ほども少しご紹介しましたが、歩合制をとるタクシー会社に入社する際は、ここは絶対に確認しておく必要があるため、ここでもう一度あらためて記載しておきます。

それは、

『その会社の歩合率や歩合給の仕組みを、乗務員ではなく担当者に直接聞くこと』

です。

なぜなら、その会社の乗務員に歩合率を聞いてみても、『だいたい60%くらいですかね』といったように、こで働く乗務員であっても、その制度について詳しく知らない場合が多いからです。

『60%』というのはあくまでも平均値であり、その全ての場面でこの数字が適用されるわけではありません。

上でも解説したように、休日出勤をすると少し高くなったり、売上を出せば出すほど高くなったり、勤務日数によって変動したりと、必ずしも一定ではないのです。

つまり、

  • 家が近いから
  • 知り合いに勧められたから
  • その会社には知っている人が多いから
  • ホームページが綺麗だったから

など、単純な理由だけで入社してしまうと、実は歩合給に関して緻密な計算方法や細かな仕組みがあり、

出した売上と支給される給料が比例しなかった(歩合率がたった2%違うだけで、一ヶ月の売上が80万円の場合、年収にして20万円ほどの違いが出てしまった)、という悲惨な状況を招いてしまうことも往々にしてあり得る

のです。

そんなことが起きてしまったら本当に悲しすぎますよね・・・。

ですが現実には、そういった事例が後を絶たないのです。

なので必ず、その会社の歩合制の仕組みや計算方法について、担当者に直接確認しておくようにしましょう。

少々面倒だとしても、入社する前にこれらをしっかりと確認しておくことで、後々の生活に大きな影響を及ぼしますからね。

直接会社に問い合わせをするのが億劫だという方は、ぜひお気軽に、サポート会社へ問い合わせをしてみましょう。

この下に詳しいご紹介がありますので、後ほどしっかりとご覧ください。

参考:自分に合った歩合制のタクシー会社を見つけるために

タクシードライバーとして大きく稼いでいくための王道パターン

タクシー 給料 歩合

タクシードライバーとなって大きく稼いでいくためには、どのような歩合制をとる会社に入社するのがベストなのでしょうか?

ここでは、タクシードライバーとしてデビューするあなたに向けて、

大きく稼いでいくための王道パターン

をご紹介します。

ローリスク・ローリターンの会社からキャリアをスタートする

初めてタクシー会社に入社するという場合には、まずはローリスク・ローリターンの歩合制をとる会社からスタートするとよいでしょう。

例えば、

『一ヶ月の売上が40万円〜100万円までは、一律で60%の歩合率』

などの会社です。

この仕組みであれば、タクシーに慣れない間は仮に売上が40万円だったとしても、24万円の給料をもらうことができます。

タクシードライバーとしての接客に慣れていなかったり、その土地ごとの道を覚えていなかったりする間は、なかなか売上を多く出すことは難しいですから、

いきなり突出した収入を目指すのではなく、安定した給料をもらいながら、まずは『慣れる』ことに重きを置いた働き方をするとよい

でしょう。

給料保証額が高い会社からキャリアをスタートする

給料の保証額が高い会社からキャリアをスタートさせることもおすすめです。

中には、最低保証額が35万円〜40万円という会社も多数あります。

捉え方は人それぞれだと思いますが、これだけの給料が最低保証額としてもらえるのは、とても魅力的ではないでしょうか。

しかし、最低保証額が高いということは、その分歩合率が低いということがほとんどです。

つまり、『最低でもこの額はもらえるけど、それより多い給料をもらうためにはかなりの売上を出す必要がある』ということですね。

また、上記の『最低保証額の記載に注意する』でもご紹介したように、最低保証額をもらうための条件を設定している会社もあります。

そのため、最低保証額と謳っていながら、実はそれを下回る給料しかもらえない可能性もあるということです。

ここで、『最低保証額である35〜40万円をもらうためには、かなりの売上を出す必要があるのでは?』と疑問に思われるかもしれまん。

しかし、この額は実は決して破格の金額ではなく、

真面目に業務を行っていくことで、達成することが十分可能な金額

です(一ヶ月約50万円〜65万円ほどの売上げで達成する)。

なので、タクシードライバーとしてのキャリアをスタートする際は、

『最低保証額で高い金額をもらいながら、仮にそれ以上の売上を出したらその分給料が加算される』

といった歩合制をとる会社を選ぶこともすごくおすすめです。

歩合制にはメリットもデメリットあることを知っておこう!

タクシー 給料 歩合

それではここで、歩合給という制度をとるタクシードライバーとして働くことのメリットとデメリットについて、ご紹介しています。

メリット

  • 努力次第で収入が青天井
  • 固定給で精神的な安定を伴いながら収入を上げられる

デメリット

  • 休んだ日数が多いとその分収入が減る
  • 毎月収入に変動があり、心の平安が保てないおそれがある

給料が歩合制だからこそ気をつけるべきこと

給料が歩合制であるということは、安定はしないながらも、努力次第で収入が青天井となります。

そのため、

本気で稼ごうと思えば、一般的な会社員には得ることのできない額の給料を稼ぐことができる

といえるでしょう。

しかしその反面、給料が安定していないということで、

  • 精神的な平安を保てない
  • 常に売上のことを気にして運転が荒くなり、交通事故を起こすおそれがある

など、一生を左右しかねない事態を招いてしまうおそれもあります。

人命を預かるタクシードライバーという仕事だからこそ、給料の上限がないという歩合制のメリットだけにとらわれるのではなく、自分や相手の一生を左右しかねない事態を招くおそれのある、そんなデメリットも含めて入社を考えることが大切です。

自分に合った歩合制のタクシー会社を見つけるために

タクシー 給料 歩合

ここまで、『どのような歩合制を採用するタクシー会社を選べばよいか』について解説してきましたが、

『じゃあどうやって自分に合う会社を見つければいいの?』

という疑問が湧いてきたかもしれません。

この記事や他の記事などでもたくさんお伝えしていますが、タクシー会社を探す際は絶対に、

自分だけの考えや感覚だけに頼らないように

してください。

なぜなら、タクシー会社によって歩合給の仕組みはもちろん、待遇や、入社後のサポートの有無などが全く違うからです。

そのため、入社してから、

『がんばってるのに全く稼げない・・・』
『労働環境が悪すぎて、稼ぐ前に心も体もボロボロになってしまった・・・』

という事例が後を絶たないのです。

一概に、『良い会社・悪い会社』というのはありませんが、

『あなたのスキルやライフスタイルに合った会社』というのは確実に

存在します。

その会社に最初から入社できるように、タクシー業界について精通する専門家の助言を仰ぎながら、会社を選ぶようにしましょう。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

タクシー求人サイト【タクQ】

国内最大級のタクシー求人情報サイト タクルート

タクシー求人サイト 転職道

サポート型転職情報サイト タクシー屋さん

アフターサポート特化型転職サイト タクサポ

タクシー会社をさがす・料金を調べる・観光する taxisite

人財は企業の力なり QD 求ドラ

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

こちらに挙げたのは、主要なタクシー求人サイトです。

どのサイトでも、あなたに合ったタクシー会社を紹介してくれるでしょう。

その際、ぜひ意識してほしいのは、

『入社後のサポートがしっかりしているかどうか』

という点です。

例えば、その求人サイトから入社をすると、

『入社祝い金としてお金が支給されるという求人サイト』

もあります。

また、

『入社祝い金は貰えないけれど、入社後のサポート(オススメの走行ルートや稼ぎ方、タクシードライバーとしての心得、セミナーを受ける権利、現役タクシードライバーからのコンサルなど)を徹底している求人サイト』

もあります。

どちらの求人サイトが良い悪いということは全くありません。

しかし、その選び方によっては、タクシー会社に入ってから他の求人サイトのサポートの素晴らしさを知り、

『あの求人サイトから転職しておけばよかった…。』

という後悔をする人が本当に後を絶ちません。

そういった状況を避けるためにも、

入社するタクシー会社の探し方には徹底した調査が必要

です。

ご自身にとって最も重要である入社後のサポートが受けられるように、また、それによってタクシードライバーとしてしっかりと稼いでいけるように、ぜひこちらの求人サイトを一つ一つお読みになり、自身に合うタクシー会社を探しみてください。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

タクシー求人サイト【タクQ】

国内最大級のタクシー求人情報サイト タクルート

タクシー求人サイト 転職道

サポート型転職情報サイト タクシー屋さん

アフターサポート特化型転職サイト タクサポ

タクシー会社をさがす・料金を調べる・観光する taxisite

人財は企業の力なり QD 求ドラ

まとめ

タクシー 給料 歩合

今回は、タクシードライバーの給料体系である歩合制について、解説してきました。

一言で歩合制といっても、その内容は会社によって複雑であり、安易に入社する会社を選ぶことはおすすめしません。

安易に入社する会社を選んでしまうことで、

『入ってみたら実は全然稼げない制度だったことに気がついた・・・』

などという悲しい事態も起こり得るからです。

『どの歩合制が良くてどの歩合制が悪い』ということはありませんが、

『あなたに合った歩合制か、もしくはあなたには全く合わない歩合制か』ということは確実に

存在します。

『あなたにとって最適な』タクシー会社を一発で見つけるために、自分一人で入社する会社を探すのではなく、必ず専門家のサポートのもとで探すようにしてください。

心も体も安定し、さらには収入面でも満足いくような働き方ができる。

そんな、あなたのライフスタイルにとって最適なタクシー会社が見つかることを、心からお祈りしています。

ABOUTこの記事をかいた人

TAXILABO

タクシードライバー専門の転職コンサルタントです^^ 主に東京都内23区の紹介先を得意としていて、東京での優良な会社選びに関しては幾分かの自信があります。自身の経験とタクシー業界のイメージアップに少しでも貢献したいという思いから、良い会社以外は紹介しないというポリシーを持って仕事をしています。条件や会社の雰囲気、管理職の人柄まで視野に入れて貴方にぴったりのタクシー会社を紹介できます。