東京都内のタクシー運転手が最速で月収50万稼ぐための2つのポイント

売上の差

 

これから、タクシードライバーをやろうと思っているけど、売上が上がるかどうか心配だし、自分に向いている職業なのかどうかが心配…

このページを見てくれている貴方には、そういった悩みがありませんか?

そんな方に貴方に、月収50万円の給料をコンスタントに貰っている僕が売上のあげ方や、大事なポイントを書いて行こうと思います。

売上が上がるかの心配をするよりも、知識を身に付けて実践!これが大事なのですが、

この記事では、知識の部分でサポート出来れば幸いと思い筆を走らせていこうと思います。

 

まず、月収50万は特別な給料ではない。

貴方にまず最初に知って頂きたいのは、月収50万という数字は誰でも貰うことが可能な給与だと言うことです。

僕が一流のタクシードライバーだからとか、会社でナンバーワンの売上を上げているだからだとか、

そういった事ができるから貰えている数字ではないという事です。

一流かと言えば苦情なども結構貰う事が多いし、売り上げナンバーワンかと言えば僕よりも売上を上げている人など沢山います。

僕が知っているのは月収50万を出す為のちょっとしたコツと真面目に仕事をするという心掛けです。

それさえ分かれば貴方もきっとタクシー運転手で月収50万以上を貰えることが出来ます。

 

※大前提に、良い会社に就職することが必須となってきますので、

こちらの記事を参考にしてください。

 

貴方もコツさえ掴めれば、17日間の休みを貰いながら月収50万を貰えるようになります。

このカテゴリーではタクシー運転手としての基本的な仕事のやり方をお伝えしていきます。

どんな職種、業界でも、全ては基本から入りますが、

タクシー業界にも、それと同じで基本というものがあります。

基本だからといって馬鹿にしないようにしましょう。

売上が上がらない人間のほぼ全員はこの基本と違う走り方をしているので売上が上がりません。

逆に、売上を上げている人というのは、今から教える基本的な仕事の仕方をしっかりと実践しています。

そんなに複雑な事ではないので、しっかりと頭に入れておきましょう。

 

まず大事な事は、売上が「何で出来ているのか?」という事を知ること。

 

僕の会社の売上が上がらないと嘆いている人に共通して言えることは、

「何故、売上が上がらないのかをわかっていない。」という事です。

お客さんがいなかっただとか、運がなかっただとか、何かと言い訳をします。

 

逆に、売りげをコンスタントにあげている方は、例え売上が低くとも、

「今日の仕事の何が駄目だったのか?」

というのをしっかりと理解しています。

 

貴方は、売上というものが何で出来ているのか?という事を知っていますか?

答えは、

 

売上=客数×単価だということ。

 

これはどの業界にも共通して言える事ですが、

客数を増やし、客の単価をあげれば、売上は上がります。

だから、まずはこの2つを最大にするための努力を惜しまないことです。

具体的な上げ方については後ほど記述する事にして、

この記事では客数と単価についての考え方を掘って書いていきたいと思います。

重要ポイント1 客数について
~兎に角、客を乗せろ!まずは回数を稼げ!~

まず、タクシードライバー初心者の方が身に付けなければいけないのは、

客数を稼ぐという事です。

何故かと言うと、単価を上げる事は違って客数を上げる事は、

勉強と努力によってある程度のコントロールが可能だからです。

具体的な努力の仕方や勉強する事に関しては次のページで紹介しますが、

客数を乗せられるようになるメリットをここでは紹介したいと思います。

 

客数を稼げるようになるメリット

 

客数を乗せられるようになると、どんな事が起こるかというと、

「売上が安定する」

という事が出来るようになります。

自分でコントロールしにくい単価とは違い、客数は自分自身でコントロールすることが出来るので、

例え単価が良くなくても、ある程度の売上は出せるようになります。

お客さんの数が多ければ、必然的に高額な料金を払ってくれる人も多くなるため、

回数をこなすことはどうしても必要になってきます。

最初は単価とかはあまり気にせず、

 

・どれだけお客様を乗せることが出来るのか?

 

という事に全神経を集中させることです。

そうやって経験を積むことにより、道にも詳しくなるし、自分の仕事の幅というものも増えていき、

必然的に良いサイクルになってきます。

 

そして、売上を安定させる。

安定とは、どんな日でも売上が出せるという事です。

タクシータクシードライバーは、

一日に8万円とか9万円とかの高い売上を出すのはもちろん大事ですが、

「コケない」

というのも非常に大事です。

コケるというは、タクシー業界の用語で、

要は、売上が非常に低かった日の事を言います。

タクシードライバーというのは、出勤日数が少ない分、

一日でもコケてしまうと売上に響いてくるものが大きいです。

だからこそ、 初心者は客数を稼ぐことに集中すること。

そして売上を安定させること。

これが非常に重要です。

 >>客数を上げる為の秘訣はこちらの記事を参考にしてみてください。

 

重要ポイント2 単価について
~優良客をつかまえて起爆剤にしろ!~

ある程度の客数が乗せられるようになって、売上が安定して出せるようになってきたら、

更に売上を上げる為に意識しなければならない事があります。

それが単価を上げるという事です。

タクシードライバーでいう単価を上げるというのは、

長距離のお客様を乗せるという事です。

長距離のお客様を乗せることにより、仕事の効率が恐ろしい程に上がる日も珍しくはありません。

単価を上げる為の考え方や方法などは違うページで紹介するとして、

今回は単価を上げる事のメリットや重要性について記述します。

 

単価を上げるメリット

単価を上げる事のメリットは、

効率的に売上を伸ばすことが出来る。

この一言に尽きます。

そして、仕事が非常に楽になります。

例えば、

客数を10組乗せたとして、その10組が全て初乗り料金の730円だったとします。

その場合、売上は7300円ですよね?

そして、10組乗せるのにかかった時間は3時間…

これだと客数は稼いでいますが単価が悪すぎて売上が上がりません。

時間も掛かり過ぎています。

所が、1組の客を乗せて、高速を使って10000円以上の距離を使ってくれたとします。

そうなると、場所にもよりますが1時間程度で次の仕事を始める事が出来ます。

売上も良いし、時間もかからない…

非常に効率的だと言うことが分かります。

時給にして6千円(タクシーは売上の6割が給与)…これって凄いことですよね?笑

 

そして、売上も良いと勢いに乗るため、トントン拍子で売上8万円!

なんて事もありえます。

客数を稼ぐだけの方法でも安定して6万円の売上は出せると思いますが、

やはりその先の8万とか9万とかの売上を狙うのであれば、

単価の高いお客様がいる所を意図的に狙って仕事をするというのは大事になってきます。

 

>>単価を上げる為には、こちらの記事を参考にしてみてください。

まとめ

 

以上が売上を作っている「客数」と「単価」の重要性と考え方です。

客数は安定して売上を出すために、単価は起爆剤の為に!

これが良い売上げを出すための基本的な考え方です。

 

どうやって売上を出すか?というのももちろん大事ですが、

それ以上に売上は何で出来ているか?という事を知っておくと、

何が悪かったのか?何が良かったのか?

という事を分析出来る為、成長の度合いが違ってきます。

 

これを見ている貴方には、最速で売上を出して頂きたいですから、

まずは理屈を説明させて戴きました。

面倒臭い話だったと思いますが、お付き合い戴きましてありがとうございます^^

それでは、

何がどう重要だったかを説明したので、次は具体的な方法について書いて行きたいと思います。

NEXTページ「客数を増やす3つの基本ステップ」

 

 

 

 

blue0045

2 件のコメント

  • 初めまして私小谷剛と申します。タクシーの運転手をしております。まだ始めてから1年位なのですが、売り上げがイマイチなのです。もしご存知でありましたら何処を回れば良いか
    具体的に教えて頂けませんでしょうか?

  • どこも回るのです^^
    渋谷、新宿、品川、東京駅、銀座、六本木、赤坂
    どこもお客様はいます。大事なのは、何時にどこでどんな方を乗せるのかを自分で考えたり、ほかのタクシーを観察したりして身につけてく事だと思います。
    判断力を上げていくという視点を持たなければ、どこを回っても同じです^^

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    TAXILABO

    タクシードライバー専門の転職コンサルタントです^^ 主に東京都内23区の紹介先を得意としていて、東京での優良な会社選びに関しては幾分かの自信があります。自身の経験とタクシー業界のイメージアップに少しでも貢献したいという思いから、良い会社以外は紹介しないというポリシーを持って仕事をしています。条件や会社の雰囲気、管理職の人柄まで視野に入れて貴方にぴったりのタクシー会社を紹介できます。