東京でドライバーの仕事がしたい!業種ごとの比較と失敗しない求人の探し方!

業種ごとの比較と失敗しない求人の探し方

『自分の性格には、ドライバーという仕事が合っていそうだ!』

この記事をご覧のあなたは、もしかしたらそのように考えて、この記事にたどり着いたのかもしれません。

『ドライバー』と一言でいっても、その内容は業種によってさまざまですが、ドライバー業の大きな特徴として、

基本的に一人で行うことができる
人とあまりしゃべらなくても済む
得意な運転を活かすことができる
収入が比較的高い
努力次第で収入を上げられる可能性がある

などが挙げられます。

つまり、人によっては自分らしさを存分に活かせる仕事であるといえますし、東京にはドライバーに関する多くの求人がありますので、その中から自分にぴったりな業種を見つけることは十分に可能ですね。

では、もしも東京でドライバーになろうと思ったとき、どのような方法でその求人を見つければよいのでしょうか?

ネット上には多くの求人が載せられており、そのどの会社もが、働きやすさや待遇の良さをアピールしていますが、本当に自分に合う仕事を見つけるためには、いったいどうすればよいのでしょう?

今回は、

『東京でドライバーとして働く前に絶対に知っておくべきこと』

そして、

『その会社選びを絶対に失敗しないために必要な知識』

について、解説していきます。

ぜひご参考ください!

東京にはドライバー業がたくさんある!

東京にはドライバー業がたくさんある!

東京でドライバー業に就きたいと思った時、その選択肢の多さにびっくりされる方も多いのではないでしょうか。

それもそのはず・・・。

ただでさえ求人の多い東京都内において、ドライバー業界は常に人手不足の状態が続いているため、単純に『ドライバーの仕事がしたい』と考えている場合には、いったいどの業種を選べばよいのかが分からなくなってしまうのも当然です。

そういった疑問を一つずつひも解いていく前に、まずは東京にある主なドライバー業の6つについて、その内容をわかりやすく簡潔に、ご紹介していきます。

配送ドライバー

まず1つ目に、配送ドライバーについてご紹介します。

一言に『配送ドライバー』と言っても、その内容はさまざまです。

例えば、配送ドライバーの中には、

宅配、配達ドライバー
引越ドライバー
ルート配送ドライバー

などがあり、その業務内容や業務形態も異なります。

この3つをそれぞれ簡単に見ていきましょう。

宅配、配達ドライバー

その名の通り、『荷物を宅配・配達するドライバー』を指します。

宅配するエリアはさまざまで、そのルートも毎日異なりますが、会社によっては社員ごとに担当の地域が定められている場合もあるため、一度慣れてしまえばその後はスムーズに業務を遂行していくことができるでしょう。

宅配・配達ドライバーは、『荷物を運ぶことのみ』が仕事だと思われがちですが、配達先のお客様とのコミュニケーションも大事な仕事の一つです。

それにより、リピーターになるかどうかが左右される、とても重要な業務といえるでしょう。

引越ドライバー

引越ドライバーは基本的に、2,3人で一組になって業務を行います。

多くの場合、正社員がドライバー、アルバイトや派遣社員がアシスタントとして同行し、目的地での引越し作業を一日に何回かを行うという流れになります。

社員になれば、もちろん車の運転をすることも多くなりますが、引越ドライバーの一番の目的はもちろん『引っ越し』ですので、運転に専念したい人にとっては、その時間を多くとることはあまり期待できないでしょう。

ルート配送ドライバー

ルート配送ドライバーとはその名の通り、決められたルートを使ってお客様に荷物を届けるドライバーを指します。

決められたルートということで、安心して毎日の業務をこなすことができますね。

その分、運転が好きな方にとっては、少々物足りなく感じることもあるかもしれません。

ハイヤードライバー

ハイヤーには明確な定義はなく、あくまでも『タクシーの一種』として位置づけられています。

しかし、ハイヤーにはタクシーのように料金メーターがついていなかったり、流しでお客様を乗車させるのではなく、要請があった際に出向くといったように、異なる点が多々あります。

また、ハイヤーには、

車体が黒塗りの高級車が多い
シャンパンクーラーやテレビモニターなどを搭載している車もある
流しではなく、予約貸し切り車両である
基本的に長時間、長距離の運行

といった特徴があり、これらもタクシーと大きく異なる点ですね。

『より安くより迅速に』という目的であればタクシーが勝りますが、ハイヤーは、

『より快適な空間にお金をかけて移動する手段』

として、利用されることが多いでしょう。

中型・大型トラックドライバー

中型トラックとは、このようなトラックのことを指します。

(車両総重量が5トン以上、又は最大積載量が3トン以上であって、車両総重量が11トン未満、かつ最大積載量が6.5トン未満のトラック)に関するカテゴリ。

引用元:Wikipedia

また、大型トラックとは、このようなトラックのことを指します。

(車両総重量が11トン以上、又は最大積載量が6.5トン)に関するカテゴリ。

引用元:Wikipedia

トラックドライバーというと、

『大きな荷物を載せて深夜に長距離を走る』

というイメージがあるかもしれません。

しかし、そのような働き方だけではなく、

『中距離や特定のエリアでの業務』

であったり、

『女性ドライバーが多い』

などといったように、会社によってその働き方はさまざまです。

つまり、ご自身のライフスタイルに合った働き方を見つけるのも十分可能であるということです。

タクシードライバー

ドライバーとしてもっとも想像がつきやすいのは、やはりタクシードライバーではないでしょうか。

特に東京都内の主要部では、ひっきりなしにタクシーが走行し、その利用客も非常に多いですね。

給料は主に歩合制であり、努力次第で収入を上げていけますから(会社や求人会社のサポートの有無による)、現在では年齢や経歴を問わず、タクシードライバーへと転職する人も軒並み増えています。

また、よくあるイメージとは裏腹に、タクシードライバーの働きやすさにも注目が集まっています。

詳しくは、下記の『タクシードライバーのメリット・デメリット』でもお伝えします。

バスドライバー

街中を走る観光バス、または『〜の旅』と称したバスツアーのドライバーという選択肢もあります。

バスドライバーは基本的に長距離での運転になり、また、乗車するお客様の数も多いですから、

その分レベルの高い運転スキルが求められる

のは間違いありません。

最近では格安バスツアーも多く販売され、ドライバーはその労働環境の悪さ(給料の低さや勤務時間の長さなど)から体調を崩し、それが原因で悲惨なバス事故を引き起すというニュースもたくさん報じられています。

しかし、本来バスドライバーといえば、

たくさんのお客様の快適な旅を支えるやりがいのある仕事

であるはずです。

もしもバスドライバーになろう思ったら、労働環境の良し悪しを加味したしっかりとした会社選びが、非常に重要なポイントになるでしょう。

Uberドライバー

日本にはまだ深くは浸透していませんが、Uberドライバーになるというのも一つの選択肢です。

<こちらから登録画面に飛べます>

Uberを利用するにはまずアプリで目的地を入力し、近くにいるドライバーを探します。

到着するまでの時間や料金などを確認し、それに了承をすれば、その場にタクシー(Uber)が迎えに来るというシステムです。

Uberにドライバーとして登録することで、そういったお客様を輸送するタクシードライバーのような業務を行うことが可能となります。

ただし、日本ではまだまだ法規制が整っていないため、誰でも簡単にUberドライバーとして働いていけるわけではありません。

今後の最新情報を随時チェックしていく必要があります。

東京でのドライバー業それぞれのメリット・デメリット

東京でのドライバー業それぞれのメリット・デメリット

記では、それぞれの業務内容について簡潔にご紹介してきましたが、ここではそれぞれのメリット・デメリットについて、詳しく解説していきます。

『自分にはどのようなドライバー業が適しているのだろうか』

という視点で、ぜひご覧ください。

配送ドライバー

まずは配送ドライバーのメリット・デメリットです。

メリット

お客様との会話が多い
ルートが決まっていればミスが少なくなる
自分の時間を作りやすい

配送ドライバー(宅配・配達ドライバー、引越ドライバー、ルート配送ドライバー)の特徴は、

『人とのコミュニケーションが豊富にある』

という点です。

こういったことは、『運転のみ』に特化した他のドライバー業にはない『やりがい』だと感じる方もいるでしょう。

また、配送中は一人、もしくは2,3人での業務となりますから、もしも余裕があれば、その時間の使い方の自由度は高くなると考えられます。

デメリット

仕事が単調で飽きる可能性がある
時間に縛られやすい

ルートが決まっていれば、ミスは少なくなるかもしれません。

しかしその一方で、単調な仕事により、やりがいを失ってしまう可能性もあるでしょう。

また、ものを運ぶということは、その先に『配送を待つお客様』がいます。そのため、常に

『予定時間に遅れないようにしなければ』

というプレッシャーがかかり、精神的な面で焦りが多くなることも考えられます。

ハイヤードライバー

次に、ハイヤードライバーのメリット・デメリットをご紹介します。

メリット

ハイグレードの車を運転できる
固定給で安心して働ける
企業の重役クラスの人物を乗せることが増える
『専属利用』として雇われることで、感謝の質が変わる

先ほども解説したように、ハイヤーには明確な定義はなく、その分類はあくまでもタクシーの一種です。

しかし、タクシーが『誰でも気軽に乗車できるもの』だとすると、ハイヤーは、

『格式が重んじられ、移動の最中にもより大きな快適さを求めるもの』

といった違いがあります。

つまり、乗車するお客様もそれに伴い、企業の重役クラスなど専属利用する方々がメインとなり、責任感は増す一方で、

送迎に対するやりがいをより強く感じられるように

なるでしょう。

デメリット

ドライバー経験のない人には向かない
少しのミスも許されない
運転技術だけでなく、コミュニケーションスキルも求められる

タクシーの一種であるハイヤードライバーは、タクシーのそれとはまた異なった恩恵を感じられる素晴らしい仕事ですが、その一方で、このようなデメリットもあります。

わかりやすく言えば、

『到着時刻、コミュニケーション、快適さなど、その全てでワンランク上のサービスが求められる』

ということです。

これはデメリットとは言えないかもしれませんが、運転にプラスして、より多くのスキルが求められるということは、

簡単な気持ちでは行うことのできない、とても大きな責任感の伴う仕事

だということを覚悟する必要がありますね。

中型・大型トラックドライバー

中型・大型トラックドライバーに関するメリット・デメリットには、以下のことが挙げられます。

メリット

転職がしやすい
コミュニケーションがあまり必要ない
地理に詳しくなる
出勤時間に融通が効きやすい

中型・大型トラックなどの物流業界は常に人手不足であるため、学歴や職歴よりも、本人のやる気や気持ちを重視しています。

そのため、転職へのハードルは他のドライバーに比べ低いといえるでしょう。ただし、普通免許に加え、それぞれ中型免許・大型免許が必要となります。

また、トラックドライバーは、基本的に一人で長距離を運転するため、必然的に一人で過ごす時間が多くなり、コミュニケーションの必要性が少なくなります。

対人関係の少なさにドライバーの魅力を感じている人にとっては、ココは大きなメリットであるといえるでしょう。

さらに、トラックドライバーはその他のドライバー業とは違い、細かく指定された出勤時間や勤務時間は多くありません。

そのため、早朝の出勤が苦手だという人は、午後からの出勤にしてもらうなどの申請も可能です。

他のドライバー業とは異なり、比較的融通が利きやすいというポイントも、大きなメリットといえますね。

デメリット

事故のリスクが高い
運転以外で体を酷使する場合もある
勤務時間帯がバラバラになる可能性があり、生活が不規則になる

中型・大型トラックでは、

事故のリスクが高いことはもちろん、事故を起こした際の被害が大きくなる

ことが予想されます。

長距離運転による疲労により、事故のリスクもさらに高まりますから、対人関係の少なさに魅力を感じている方も、こうしたリスクはしっかりと考えておく必要がありますね。

どれだけ自分に合った働きやすい環境であれ、事故を起こすことだけは絶対に避けなければなりません。

これは全ドライバー共通ですが、必ず胸に留めておくことが必要不可欠です。

タクシードライバー

タクシードライバーのメリット・デメリットに関しては、以下のようなものがあります。

メリット

努力次第で収入を上げられる
個人事業と並行して働ける
休日が多くプライベートを充実させることができる

タクシーという仕事には、

『職の墓場』

という負のイメージがあることから、タクシードライバーとなることに否定的な人が多いのも事実です(第三者によるタクシードライバーに対するイメージも同様に)。

しかし、実はそういったマイナスの面ばかりではなく、

選ぶ会社によっては自身のライフスタイルに良い影響を与える仕事であることも事実

です。

例えば、夜中も働く隔日勤務のように、労働時間の長い勤務形態でしか働けないのではなく、

日中のみ出勤するという働き方も可能

です。

また、休日も一般的な労働者よりも比較的多いため、その時間をご自身の別の活動に充てることもできますし、

プライベートを充実させることも十分に可能

です。

実在するドライバーの年齢も20代からと幅広く、

『職の墓場』といわれるようなイメージの悪さは、実はそう大きくはない

ということもいえるでしょう。

しかし、そういったご自身にもっとも適したタクシー会社を見つけるためには、やはり自分の判断だけではなく、専門家のサポートを受けることが必要不可欠です。

以下の見出しでもその方法についてご紹介していますので、そちらも併せてご覧ください。

関連:絶対に失敗したくない!自分にとって最適な求人の探し方とは?

デメリット

給料体系が歩合制なため、稼げない可能性もある
売上を気にするあまり、事故のリスクが増す
精神的な面で疲弊するおそれがある

タクシードライバーの給料体系は歩合制であるため、努力次第で収入を上げられる一方、その逆も然りです。

つまり、売上が少なければその分もらえる給料も少なくなってしまうということですね。

そのため、常に売上のことを気にする場面が多くなると予想されますが、そうなれば当然、事故のリスクも比例して増していくと考えられます。

特に東京都内にはタクシーの数がとても多く、皆が売上を出すためにお客の奪い合いをしている場面が多いからです。

そういったことを考えると、事故のリスクが増すことはもちろん、精神的な面での疲弊によるリスクは計り知れないということができるでしょう。

入社してからそのようなことに気づいたり、または劣悪な労働環境に気づいたのでは手遅れです。

そういったリスクを避けるためにも、必ず専門家による助言のもと、入社先を選ぶようにしてください。

関連:絶対に失敗したくない!自分にとって最適な求人の探し方とは?

バスドライバー

それでは、バスドライバーのメリット・デメリットについて見ていきましょう。

メリット

基本的にルートが決まっているのでミスが起こりにくい
タイムテーブルが決まっているため残業が少ない
一人の時間が多く取れる

バスドライバーには主に、『高速バス』、『観光バス』、『送迎バス』、『路線バス』があります。

これらはどれもタイムテーブルが決まっており、その時刻どおりに運行します。

なので、基本的にバスドライバーには残業が少なく、ライフワークバランスの取れた生活を送ることが可能となるでしょう。

さらには運行するルートも基本的に決まっているため、業務上のミスを減らすことが期待できます。

デメリット

時間に遅れてはいけないプレッシャーが常にある
変則的なシフトにより不規則な生活になるおそれがある

バスドライバーは、出発時刻や到着時刻が分単位で決められており、その時刻どおりに待っているお客様がたくさんいるため、いずれの理由にせよ、『発車時刻に遅れる』というミスは絶対に起こせません。

そういった気持ちの焦りは交通事故にも繋がりかねないので、常に落ち着いた行動をとることや、周囲への気遣いなど、細心の注意を心がけることも必要です。

また、バスドライバーの勤務形態はシフト制である場合が多いですから、シフトによっては出勤時間にばらつきが出る可能性があります。

そうなれば生活リズムが崩れ、不規則な生活になるおそれがあるということも、一つのデメリットといえるでしょう。

Uberドライバー

それでは最後に、Uberドライバーのメリット・デメリットをご紹介します。

メリット

副業として行うことができる
好きな時に出勤することができる
今後拡大していく可能性がある

Uberドライバーになるメリットとしては、やはりその自由度の高さでしょう。

スマホでアプリを取得し、登録をすることで、車をもっていれば簡単にスタートすることができます。

海外では一般的となっているUberですが、まだまだ日本では法規制が厳しく、Uberドライバーだけで生活していくのは難しいというのが現状です。

しかし、だからこそ今後の伸びには期待できますし、いずれは海外のように日本でもUberが一般的となるときがくるかもしれません。

そうなることを見据え、今のうちからUberドライバーとしてデビューすることは、大きなメリットといえるかもしれませんね。

デメリット

・日本ではまだ規制が厳しいという現状がある
・ガソリンや車の維持費は自己負担
・あまり多くの収入は期待できない

先ほどもお伝えしたように、日本国内でのUberに対する認知度はまだまだ低く、法規制も整っていないため、

現段階ではUberドライバーのみの収入で生きていくのは厳しい

といえるでしょう。多くの収入は見込めません。

また、使用する車は自分の所有物であるため、ガソリン代や維持費などは自己負担となります。

以上のことから、現段階では転職先にUberドライバーを視野に入れること、ましてやUberドライバーの一本だけで生きていこうと考えるのは、あまり現実的ではないといえそうです。

こんな人はドライバーという仕事に向いている!

こんな人はドライバーという仕事に向いている!

ここまで紹介してきたように、東京都内でのドライバー業は多岐にわたりますが、いったいどういった人がドライバーに向いているのでしょうか?

ここではドライバーに向く人・向かない人について、その特徴をご紹介していきます。

ドライバーが向く人とは?

高い運転スキルを持っている
強い責任感がある
マナーやモラルを遵守できる
他者を思いやる気持ちを持っている

もちろん、ドライバーとして働くためには、

運転が好きということ以上に、高い運転スキルが

求められます。

事故を起こせば、自分だけでなく他者をも巻き込むおそれがありますから、単に『運転が好きだから』という安易な理由でドライバーになるのは避けた方がよいでしょう。

マナーやモラルを遵守できる誠実さと、他者を思いやる気持ちを兼ね備えている必要があります。

また、路上にはさまざまな危険(歩行者や自転車、悪天候や急な飛び出しなど)が飛び交っていますから、

譲り合う気持ちのない自分勝手な行動をとること

は、ドライバーを生業とする運転のプロとして、絶対にしてはいけないことだと考えます。

人やモノを安全に輸送するということを徹底できるか。

これを一番の軸として心に留めているかどうかは、ドライバー業が向いている・向いていないに直結する大きなポイントだと断言できるでしょう。

ドライバーが向かない人とは?

一方で、ドライバー業が向かない人とは、以下のようなタイプが当てはまります。

交通ルールを知らない、守れない
体力的に自信がない
カッとなりやすい
健康状態に自信がない

まず第一に、交通ルールを知っていることはもちろんのこと、それを遵守できる人でない限り、ドライバー業は厳しいでしょう。

『ドライバーが向く人』でもご紹介しましたが、たとえ一人での時間が多いドライバーという仕事とはいえ、路上にはたくさんの車や人が、そして配送先には必ずお客様が存在します。

そういった状況の中、自分ことだけを考えて業務を行っていたのでは、

相手方との信頼関係を失うのはもちろん、最悪の場合、悲惨な交通事故を起こすことにも

なりかねません。

業務中は一人であれ、そこには多くの人が関わっているということを絶対に忘れないようにしましょう。

また、いずれにしても、ドライバー業はやはり不規則な生活になりやすく、体力を大きく削る仕事です。

健康面に心配があったり、体調を崩しやすいという人は、そういったことを相談した上で、働くかどうかを選択するようにしてください。

疲労の蓄積は、運転中に眠気を誘ったり、運転感覚に異常を引き起こしたりすることも容易に考えられます。

悲惨な交通事故を未然に防ぐために、

ドライバーとして働く覚悟はできているか

をしっかりと自己分析した上で、その業種を選択していきましょう。

ドライバーの求人を見る際にチェックすべき比較ポイント!

ドライバーの求人を見る際にチェックすべき比較ポイント!

『ドライバー 求人』と検索すると、たくさんの情報や求人が掲載されています。

その中で自分に合う会社を見つけるためには、いったいどうすればよいのでしょうか?

ドライバーの求人を見る際にチェックすべき比較ポイントについて、その4つをここでご紹介していきます。

関連記事:タクシードライバーの求人や転職で失敗しない為の13の事。

給料体系はどうか?

まず、一番気になるのはやはり給料体系ではないでしょうか。

その会社はどのような給料体系をとっているのか
それによりどのくらいの給料をもらえるのか

を事前にしっかりと確認するようにしましょう。

また、タクシー会社の多くは歩合制をとっているとお伝えしましたが、その細かな内容はそれぞれの会社によって異なるため、一概に、

『どのタクシー会社も売上の60%が給料となる』

などというふうには考えないようにしてください。

これはタクシードライバーだけでなく、どの業種においても共通のことなので、必ず細かな給料体系(残業代、休日手当、歩合率など)を事前に調べるようにしましょう。

その会社で働くドライバーさんではなく、担当者に質問をするのがベストです。

関連記事:タクシーの給料は歩合制だからこそ稼ぎやすい!その仕組みと稼ぎ方のポイント

勤務時間はどうか?

勤務時間に関しても、もっとも重要な確認ポイントの一つといえるでしょう。

再びタクシードライバーを例に出しますが、タクシードライバーは夜中に運転する隔日勤務だけでなく、実は日勤といって、一般的な会社員と同じ勤務時間帯(8時〜17時)で働くという勤務形態もあります。

これは他のどのドライバーでも同様のため、一般的なイメージだけでの判断は避けましょう。

勤務時間に関しても、会社の担当者に事前に聞くということを徹底し、自分のライフスタイルに合う的確な業種を選択するようにしてください。

福利厚生などの待遇はどうか?

大型連休には休みがとれるのか、ボーナスはあるのか、昇給はあるのか、退職金はあるのか、社会保険は完備しているか・・・。

会社に入社する際は、これらは確実に確認すべきポイントですね。

しかし、これも上記の2つと同様に、求人を見ただけではわからないことも多々あります。

どの求人も、その会社に入ることのメリットは記載されていますが、必ずしもデメリットまで記載されているとは限りません。

そのため、『入社してからそのことに気がついた・・・』ということも往々にしてあり得るのです。

なので、事前にしっかりと確認するために、やはり求人を見るだけでなく、その会社の担当者に問い合わせをすることが望ましいといえるでしょう。

<最重要!>入社後のサポートはあるか?

ドライバーの求人を見る際にチェックすべき比較ポイントについて、その3つをご紹介しました。

これらはどれも大事です。必ず確認を怠らないようにしてください。

そして、ここがもっともチェックすべき大切なポイントです。

それは、

『入社後のサポートはあるか?』

そして

『そのサポートは徹底しているか?』

ということです。

どれだけ求人に良いことが書いてあったとしても、実際に働いてみなければわからないことはたくさんあります。

人材を確保するために求人を出し、無事採用したあとは社員を放ったらかしにしてしまう会社だとしたら、あなたはどうでしょうか?

その会社で働きたいとは絶対に思わないですよね。

たとえ入社するまでに大きな魅力を感じたとしても、実際に入社してから徹底したサポートを受けられるかどうかは、

『給料』『勤務時間』そして『福利厚生』の3つをも上回る、最重要の確認ポイント

です。

ここだけは絶対に忘れずに、ドライバーとして仕事をしていく業種、そして入社する会社を選択するようにしましょう。

そんな会社の探し方に関しては、以下の見出しをぜひしっかりとお読みください。

絶対に失敗したくない!自分にとって最適な求人の探し方とは?

絶対に失敗したくない!自分にとって最適な求人の探し方とは?

入社する会社選びに失敗しないために、上記に挙げた4つは必ず確認するようにしましょう。

なぜなら、どの求人も良い面ばかりを全面的に打ち出している一方で、

それらが全員に当てはまるかというと決してそうではない

からです。

しかし、たとえその選び方が理解できたとしても、そもそもどうやって自分に合う最適な求人を見つければよいのでしょうか?

あなたにとって最適な会社を見つけるためには、やはり一人ではなく、

専門家のアドバイス(第三者の客観的な見解や、業界を幅広く知る方のアドバイス)を受けることが必要不可欠

です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

タクシー求人サイト【タクQ】

タクシー求人サイト 転職道

アフターサポート特化型転職サイト タクサポ

トラックドライバー専門の求人情報サイト ドライバーズワーク

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

こちらに挙げたのは、東京でドライバーを目指す方のための主要な求人サイトです。

いずれのサイトでも、あなたの性格やライフスタイルに合う最適な会社を紹介してくれるでしょう。

その際、ぜひ意識してほしいのは、先ほどもお伝えしたように、

『入社後のサポートがしっかりしているかどうか』

という点です。

例えば、その求人サイトから入社をすると、

『入社祝い金としてお金が支給されるという求人サイト』

もあります。

また、

『入社祝い金は貰えないけれど、入社後のサポート(オススメの走行ルートや稼ぎ方、ドライバーとしての心得、セミナーを受ける権利、現役ドライバーからのコンサルなど)を徹底している求人サイト』

もあります。

どちらの求人サイトが良くてどれが悪い、ということは全くありません。

しかし、その選び方によっては、入社してから他の求人サイトのサポートの素晴らしさを知り、

『あの求人サイトから転職しておけばよかった…。』

という後悔をする人が本当に後を絶ちません。

そういった状況を避けるためにも、もしも東京でドライバーになることを少しでも考えているのであれば、

上記の求人サイトを頼りにした徹底的な調査が必要

です。

その際は、ご自身にとって最も重要である入社後のサポートが受けられるように、ぜひこちらの求人サイトを一つ一つお読みになり、自身に合う会社を探しみてください。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

タクシー求人サイト【タクQ】

タクシー求人サイト 転職道

アフターサポート特化型転職サイト タクサポ

トラックドライバー専門の求人情報サイト ドライバーズワーク

参考〜タクシードライバーになった人の体験談とライフスタイル〜

それでは最後に、実際にタクシードライバーに転職した人の体験談、またはその後のライフスタイルについて、ご紹介します。

こちらの記事をぜひご覧ください。

【現役ドライバー監修】大手企業を辞めてまで東京のタクシー会社へ転職してみた結果!

見ていただくと分かるように、タクシードライバーとして働きながら、皆ご自身の趣味や勉強も並行して行うことができています。

よくあるタクシードライバーに対するイメージとは、大きくかけ離れたものではないでしょうか。

このように、実際の労働環境と世間のイメージとは異なることが多く、それだけでその会社の良し悪しを判断することはできません。

そういった意味でも、世間からの評判や、自分だけの評価判断で入社する会社を決めることのないよう徹底していきましょう。

まとめ

自分にとって最適な業種を、そして、最適な働き方を見つけることは十分可能

今回は、東京都内でドライバーとして働きたいという方に向け、業種ごとの働き方の比較や、それぞれのメリット・デメリットなどについて解説してきました。

『ドライバー』と一言でいっても、その内容は業種によってさまざまであり、『車を運転する』という共通項以外の相違点がたくさんあります。

そのため、一概にその良し悪しを判断することはできません。

しかしながら、

自分にとって最適な業種を、そして、最適な働き方を見つけることは十分可能

です。

こちらのサイトはタクシーに特化したブログではありますが、あなたの最適な仕事が見つかるように、この記事を含むすべての記事があなたにとっての参考になれば幸いです。

未経験から最速で月収50万を目指す為の
「タクシーマスター入門メルマガ」

・バランスよく働いて、副業と兼業する為には?
・最速で月収50万を獲得する為の3つのポイント
・稼ぐために知っておきたい超重要な全体像
・良い会社、悪い会社の見極め方
・タクシードライバーに向いている人の特徴

東京タクシー業界に10年以上関わり続ける作成陣が、
ネットでは言えない優良情報をガンガン配信中。

タクシードライバーになっていいのか迷っている… だったらメルマガ読んで白黒つけようぜ!

「タクシーマスター入門メルマガ」



  • 貴方はタクシーをやった方が良い人?やらない方が良い人?
  • ネットでは言えないタクシーの本当のメリットとデメリット
  • バランスよく働いて、副業と兼業する為には?
  • 最速で月収50万を獲得する為の3つのポイント
  • 稼ぐために知っておきたい超重要な全体像
  • 良い会社、悪い会社の見極め方
  • タクシードライバーに向いている人の特徴

東京タクシー業界に10年以上関わり続ける作成陣が、ネットでは言えない優良情報を
ガンガン配信中。
当サイト作成陣が
本当の優良会社を貴方に伝えます
入社後の売上フォローまで完全無料で実施
誠心誠意、対応いたします!
電話受付時間:年中無休9:00~20:00
※年末年始を除く

キーワード