タクシー運転手は大変?本当に儲かるの?検討しているあなたの為に全部調べてみた!

タクシー運転手の仕事は実際に従事している場合方と世間のイメージが乖離している職業と言えます。仕事を探している方にとってタクシー運転手は選択肢になるかについて考えてみましょう。

タクシー運転手の仕事内容

先ず、タクシー運転手の仕事内容はお客様を目的地まで車で連れていくことです。この一言に尽きます。

タクシーには「法人タクシー」と「個人タクシー」の2種類がありますが、いずれも差はありません。「法人タクシー」とは、法人(会社)が保有するタクシーを借りて、そこに運転手として雇用されます。通常の会社と同じように、就業ルール(勤務時間)、上司の存在等があります。従業員として雇われているので、どれだけ成果が悪くとも給料がゼロになることはありません。但し、大きく稼いだとしても、全額が自分の給料になることもありません。「個人タクシー」の場合は、個人事業主とほぼ同様です。誰かに雇用されるわけではないので、全ての采配は自分にあります。勤務時間も自分で決められますし、上司の存在もいません。稼いだお金は全額自分のものになります。しかし、全責任が自分にあるという事は、稼がなければ給料がゼロになるという事もあり得ます。

更に、「個人タクシーの運転手」として独立する為には、「法人タクシー」にて一定時間以上の乗務経験と無事故無違反という制限が付きます。いきなり、「個人タクシー」として働くことは出来ません。どちらを目指すにせよ、先ずは「法人タクシー」の運転手になることが必要です。

タクシー運転手の仕事の流れ

タクシー運転手の仕事は。一般的な会社員とは大きく異なります。

通常、タクシー会社に勤務する場合は1日で15〜20時間連続で働くことが一般的です (もちろん途中に昼休憩や小休憩は挟んでも構いません)。働き方は、1日で2日分の勤務を連続でこなすことです。その代わりに、翌日が休みになるというものです。

例えば、次の様な感じです。

月曜日:15〜20時間勤務

火曜日:休日

水曜日:15〜20時間勤務

木曜日:休日

金曜日:15〜20時間勤務

土曜日:休日

日曜日:15〜20時間勤務

月曜日:休日….

上記の様に、勤務と休日を1日毎に繰り返します。勤務日の労働時間は確かに長いですが、ずっと運転し続けるわけではありません。お客様がいなければなりたたない仕事なので、お客さまを見つけることも仕事の一部です。そして、これが一番重要な点です。

お客様を見つける為に、走りながら探す「流し営業」、駅・ホテルなどのタクシー乗り場に付けて待つ「待ち営業」、法人の場合には、会社から入る無線指示に従ってお客様を拾いに行く「一般営業」等があります。

特に、公共交通機関が止まる深夜から早朝は、最もお客様を拾いやすい時間です。但し、タクシー運転手は他にも多くいる為、漫然とした「流し営業」、「待ち営業」、「一般営業」をしているだけでは、他の運転手と同等の客数しか取れません。何故なら、タクシー運転手の給与は「歩合給」が基本の為、限られた時間内に、できるだけ多くのお客様を乗せた方が給料も上がるからです。その為には、他の運転手と差を付ける為にちょっとした工夫が必要になります。例えば、一般的には知られていないけれど、お客様を拾いやすい場所、拾いやすい日時・時間帯 (例えばあるイベント後終了時のイベント会場前)を自分なりに見つけなくてはいけません。ここが儲かるタクシー運転手になる為の最大のポイントです。

タクシー運転手に求められるスキル

運転手としてお客様を送迎するので、①運転地域の地理に詳しいこと、②高い運転技術、③最低限の接客スキルは必須です。意外に忘れているのが、③の接客スキルです。タクシー運転手はサービス業です。多くのタクシー運転手は、お客様と過ごすのは1度きりで数分~数十分だと考えます。その考えから、お客様をぞんざいに扱ったりします。しかし、儲かるタクシー運転手はお客様を一度限りの関係でなく、リピーターにしてしまいます。リピーターにしてしまえば、用事の際には必ず呼び出して頂けるのでお客様をより確保しやすくなります。もちろん、リピーターになろうと思うのは、相手の心次第なので、又乗りたいと思われる様な接客スキルと安全運転のスキルがセットであることは言うまでもありません。

タクシー運転手の1日

既に述べた様に、タクシー運転手は勤務と休日を交互で過ごします。ここでは勤務日が一般的にどの様に進むかを見てみましょう。

06:30

出勤。出勤後に制服に着替えた後、アルコール検査と健康状態のチェックを行います。

万が一、アルコール反応が出たり、ひどい体調不良の場合は勤務ができず、欠勤となります。

07:00/タクシーに問題ないか車両点検。

07:30/朝礼

08:00~10:00/営業開始 (通勤や出張等のお客が多く忙しい時間帯)

13:00/営業

13:00/昼食

13:45/営業再開

16:00/休憩

*眠くなりがちな時間帯の為、意識的に体を動かすストレッチなどで目を覚まします。

18:00/営業再開

20:00~24:00/営業 (最も忙しい時間帯)

01:00/営業

01:45/帰庫

02:00/1日の営業報告・洗車

02:30/業務終了

業務終了は深夜になりますが、翌日は休日になります。

タクシー運転手のやりがいは何か?

タクシー運転手は毎日非常に多くの方と会います。もし、人と会うこと、話すことが好きな場合には、大きなやりがいになります。特に、乗車後に「ありがとう」、「又お願いします」と言った感謝の気持ちを受け取れることも、人の役に立っていると実感できる為にやりがいに繋がります。

運転が好きな場合には、ほぼ一日中車に乗っているので、これもやりがいになります。

同じ場所でタクシー運転手をしていると、地理にも詳しくなります。毎日運転していても、街の開発と共に風景が変わる様子を感じられます。運転して同じ場所に行くにしても、自分だけが知っている近道や裏道を見つけることが出来たことも嬉しいものです。こういったこともやりがいになります。

最後に、自分の工夫次第で収入が大きくアップする点です。タクシー運転手の給料は、「歩合制」となっています。つまり、他の運転手よりもたくさんのお客さまを乗せて売上を上げれば、給料はどんどん上がります。年収が1000万円を超える運転手も少なくありません。お客様を多く乗せるにはどうしたら良いかを考えます。例えば、一般的には知られていないけれど、お客様を拾いやすい場所、拾いやすい日時・時間帯 (例えばあるイベント後終了時のイベント会場前)を自分なりに見つけます。いわゆる自分の予想と検証を繰り返すことで、より多くのお客を拾えるようになります。リピーターを獲得するという手もあります。こういった「どうやったらより多くのお客様を載せて売り上げを上げられるか」を考え、その工夫をする事は、頭を使うことが好きな人にとってはやりがいになります。

タクシー運転手は辛いと聞くが、何が辛いのか?

先ずは1回の勤務時間が長いことでしょう。既に述べた様に、勤務日は15〜20時間の勤務を越えなくてはなりません。途中に休憩も入りますが慣れないうちは大変でしょう。そして、隔日勤務 (勤務と休日が交互にあること)は生活リズムが安定しない為に、生活サイクルが安定するまで (体内時計が仕事になじむようになる)は、眠気や疲労との闘いになります。

また、給料は歩合制です。前述したように、「工夫」を前向きに取り組めればよいかも知れませんが、それが出来なかったり、効果が出ない場合には、給与が非常に低くなります。通常の「法人タクシー」では、ノルマを課せられますので (ノルマを超えられないと上司からの叱責、場合によっては減給の対象になる)、お客様を拾えないタクシー運転手は常にプレッシャーに晒されます。

最後は稀なケースですが、乗客がらみのトラブルに会う事もあります。刃物を突き付けられる、売上金の強盗に合う、脅迫してくる (酷いクレームをつけてくる)、罵声を浴びせられる、暴行を受ける、無賃乗車で逃げられるという事も起こります。

タクシー運転手の現状と将来性

タクシー業界では近年大きな変動が起こっています。一番有名なものは、2002年のタクシー数量規制廃止だと思います。これによって新規参入がおこり、タクシー運転手の数が増え、お客の取り合い、タクシー運転手の賃金の大幅な下落を招きました。2014年には改正タクシー特別措置法が施行され、タクシーの数を再度制限する流れに戻っています。

日本では、特に都市部の公共交通機関が充実している事、日本の人口が年々減少していく事、等からタクシー業界先行きは暗いと思うかもしれません。しかし、訪日外国人や高齢者の病院への送迎といった新たな需要も出ています。2020年には東京オリンピックもある為、都心でのタクシー需要は急増するでしょう。しかし、タクシー運転手は比較的参入のハードルが低いことは否めません。健康な体、そして接客スキルがあれば働けてしまうからです。但し、繰り返し述べているように、稼げるようになるためには人以上の工夫が出来ることが望ましい条件です。そして、参入障壁が低いことは多少の工夫では差がつけにくく、結果的にはお客の奪い合いが続くと思われます。

しかし、先程述べた新しい需要だけでなく、ニューリッチ層という新しい階層も出来ています。彼らは、お金を非常に持っている為に移動をタクシーで行うことが頻繁にあります。こういった新しい需要、新しい層、既存の層でも手が付けられていない層 (この文章では丈夫で工夫によって獲得できるお客様)を、確実に取り込んでいけば、タクシー運転手の勝ち組になれるはずです。一方、こういった動きに対応出来ないと、給与はどんどん下がり、負け組となってしまうかもしれません。稼げるタクシー運転手になるためには、地道な努力と前向きな姿勢が益々必要になっていくでしょう。

タクシー運転手になるに必要なもの

タクシー運転手に必要なものは、先ずは普通自動車第二種免許と健康な体です。「普通自動車第二種運転免許」とは、金銭の授与と引き換えにお客様を乗せて運転する場合に必ず必要になります。しかし、タクシー会社に入社する時点では持っていなくても大丈夫です。多くの会社では、二種免許取得費用を負担してくれます。それでも、「普通自動車第一種運転免許」は持っていないと入社は難しい様です。

ちなみに、二種免許の受験をする為の条件は、一種免許取得後から3年以上経過していることが必要です。仮に、18歳で一種免許を取得したとしても、二種免許を取るためには、21歳以降になってしまいます。

「普通自動車第二種運転免許」取得は、「普通自動車第一種運転免許」とほぼ同様です。公認教習所にて教習を受け、試験に合格する必要があります。

タクシー運転手としての適性があるか?

実は運転技術よりも、タクシー運転手に必要なものは「サービス精神」です。何故なら、タクシー業界は、運転というサービスを提供するサービス業だからです。特に、お客様が社内で快適に過ごしていただくための配慮がとても重要です。

他には「コミュニケーション能力」です。面白い話をできる様になる必要はありませんが、乗車時や降車時に「ありがとうございます」といった声掛けをしたり、話好きなお客様の話をきちんと聞いてあげられることが必要です。例え、どんなつまらない話でも笑顔で聞く姿勢は非常に重要です。

後忘れてはならないのが「耐ストレス性」です。渋滞だからと言って、お客様の前でイライラしたり、暴走車で危険であっても、お客様の前で暴言をはくことは絶対にしてはいけません。また、お客様にも様々な人がいます。愚痴ばかり言う人、横暴な人、理不尽なことでケチをつけてくる人など、対応に手を焼くお客様もいます。その際に、カッとなって暴力に及んだり、喧嘩をしたりしてはいけません。タクシー運転手は、嫌なことがあった時でも冷静に対処できる、「耐ストレス性の高い人」が向いています。

女性のタクシー運転手

まだまだ女性のタクシー運転手は多くありません。しかし、着実に増えており、現在では全タクシー運転手の2~3%になっています。人数が少ないのは、女性の進出が進んでいないからであり、女性だから出来ないという業務は基本的にありません。現在では、運転手の高齢化を解消する目的で、女性運転手の採用に積極的な会社も多く登場しています。その為、今後はその数が増えていくことは確実です。

こうした背景で、女性にとって働きやすい職場づくりも進んでいます。体力を使う仕事ではないため、女性が不利になることもありません。現在、法人タクシーでの出勤日は非常に長いと述べましたが、女性を採用すると、女性運転手にとっては「育児や家事と両立」が難しいという問題があります。しかし、この問題も運転手数の増加と女性の社会進出を後押ししたい国政の影響で、遠くない未来に働き方も変わることが予想できます。例えば、「短時間勤務」「フレックス制度」といったモノです。

タクシー運転手の給料・年収・収入

最も気になる点だと思います。既に述べた様に、「個人タクシー」でない限り、給料は「歩合給」です。一般的な会社員との差は、毎月の給料が決まっている訳ではない点です。多くのお客さんを乗せれば、給与は上がります。もちろん結果が全てであるので、年齢や経験といったモノは加味されません。多くの会社では、歩合率は60%程度に設定されています。つまり、自分があげた売上金の6割が給料になります。

1日の売上が50,000円、1ヵ月あたり15日働いた場合は、

50,000円×13日×0.6%=390,000円 (39万円)

固定給+歩合制をとっている会社も多く、その分歩合率は下がりますが、この金額に固定給が付きます。

例えば、先程と同じ歩合率で、固定給が5万円の場合には、

月収39+5=44万円、      年収44万×12=528万円となります。

このレベルで給与がもらえれば、日本家系の平均総収入 (年収430万程度) を上回り、裕福な生活を送ることが出来ます。

但し、月収39万円は簡単ではありませんし、職業柄月毎の上下がある事も実情です。

一般的には、タクシー運転手全体の平均年収は約300万円といわれています。しかし前述したように、稼ぐ人は年収1000万円以上を得るなど格差があります。そして、お客様の絶対数が多い都心域の方が平均収入は高い傾向があります。ボーナスに関しては、支給の有無自体が会社によって異なります。ボーナスの支給を行う会社もありますし、「固定給+歩合制+ボーナス」という給与体系をとっている会社もあります。但し、やはり固定給やボーナスが組み込まれていると歩合率は平均より低く設定されていることが多い様です。後、確認しておきたいのは、健康保険、厚生年金、雇用保険、労働保険、介護保険などの社会保険の整備の有無です。

「法人タクシー」の場合では60%程度の歩合給と述べましたが、裏を返せば40%は会社に納めている訳です。もし、「個人タクシー」の運転手になると、全てが自分の手取りとなります。タクシーの保有代金やガソリン代は自己負担となりますが、実力があるのならば、会社で働く場合よりも収入は大きくアップします。保証される収入がゼロ、且つ一切の社会保険がなくなる為に、とてもリスクも大きいですが、実力に自信があるのならば選択肢として考えてもよいかも知れません。

「法人タクシー」として働く場合の会社選び

タクシー運転手として就職したとしても、会社選びに失敗すると大きな損をする可能性が高まります。例えば、歩合給が相場よりも低い会社はあまりお薦めできません。タクシー運転手の給料は歩合の要素が大きいので見極めなければなりません。

しかし、それだけでは十分ではありません。給与を多く貰う為には、相応の売上が必要です。これはつまり、多くのお客様に利用して頂けることが重要です。その為、歩合給が高くとも、無名の会社や評判の悪い会社というのは利用されず、結果としての給料はやはり上がりません。

必要なものは、会社の評判や看板で自分が損をする事がないようにすることです。

更に望ましくは、より多くのお客様を拾えるための工夫や教育を社内教育として実施してくれる会社であれば素晴らしいと言えます。この様な支援は自分の給料のupだけでなく、会社の長期的な利益upにもつながるので、安心して長く働くことが出来ます。しかし、会社選びを間違えてしまうと、努力に対する給与を貰えない、それ所か、従業員側が 「本来は払わなくても良いお金」 を徴収される場合すらあります。

その為、繰り返しになりますが、会社を選ぶ際のポイントとしては、

タクシー会社のランク、事故時の補償、高速代支払い時の会社負担有無、歩合率、教育制度でしょう。又、可能ならば経営者の人柄も知っておくと良いでしょう。これは従業員を大切にするか否かを判断する上で、とても参考になります。当然、経営者が従業員の事を考えている会社であれば、安心して働けるような環境の会社と言えます。反対に従業員のことを考えていない経営者というのは、従業員に無理な業務形態を強いており、結果として会社の雰囲気も暗いものとなります。

稼げるタクシー運転手になる為には

稼げるタクシー運転手になるには、まず所属する会社が何よりも重要です。東京都内には多くのお客様がいますが、それ以上に多くのタクシー運転手も存在しています。常にお客の奪い合いになっている訳です。その中で単独で売上を出すためには、お客様を効率よく (確度高く) 乗せるたり、リピーターを付けたり、することが必要です。言い換えれば、無駄な動きをなくし、常にお客様を乗せた稼働状況を作り出すことです。その為には、何度も繰り返しますが「自分なりの工夫」が必要です。一般以上の給料を稼ぐにはこれを避けて通ることは出来ません。楽をしても受けられる職業ではありません。「工夫」がなければ、給与も標準程度です。限られた時間を精一杯使いましょう。その為にはどうするか?考える、又は学ぶことが必要です。

タクシー運転手の勤務時間・労働時間・休日

タクシー運転手の休日も一般的な会社員のそれとはだいぶ異なっています。既に述べた様に、「隔日勤務」が基本で、一度の勤務時間が非常に長いことが特徴です。長時間勤務と言っても、すべて働きづくめではありません。昼休憩や小休憩を挟みますし、疲れたら事由に休憩を取れるという利点はあります (但し、その分売り上げが下がれば給料も下がります)。タクシー運転手は勤務中の業務裁量はすべて個人にあります。その為、会社で休憩時間が決められているわけではなく、その日の状況次第で、自分で考えながら合間に休憩を取ることになります。

慣れてくれば大体の感覚はつかめるものですが、日によっては長距離の移動が入り、休憩を取り損ねることもあります。逆に、全くお客様が見つからず待ち状態 (半ば休憩) の日もあります。お客様の希望あっての商売の為に1日の過ごし方は同じ個人でも毎日変わります。

休日は、「隔日勤務」の為に月に17〜20日ほどあります。生活スタイルに慣れれば、休みはしっかりととることができます。有給休暇も多くの会社では利用可能です。

タクシー運転手の求人、募集状況

未経験者の求人も多数あります。特に、東京をはじめとする大都市圏が中心では、年間を通じて積極的に採用活動を行っている会社が多くあります。未経験でも第一種免許さえ持っていれば応募できます。年齢制限も低く、会社によっては定年後の65歳位でも採用されている人もいます。一方で、新卒採用、女性採用に取り組む企業も多数あります。新卒や女性でも、きちんと教育を受けて一人前の運転手を目指していくことができます。また、多くの会社が生き残りをかけ、そのようなスタイルに変わりつつあります。特に、女性にとって働きやすい職場環境や勤務体系もそろい始めています。今後はもっと充実してくるでしょう。

運転手を募集しているタクシー会社は多くあります。しかし、大切な点は会社を見比べて、安心して長く働けると思えるところを探すことです。

未経験から最速で月収50万を目指す為の
「タクシーマスター入門メルマガ」

・バランスよく働いて、副業と兼業する為には?
・最速で月収50万を獲得する為の3つのポイント
・稼ぐために知っておきたい超重要な全体像
・良い会社、悪い会社の見極め方
・タクシードライバーに向いている人の特徴

東京タクシー業界に10年以上関わり続ける作成陣が、
ネットでは言えない優良情報をガンガン配信中。

タクシードライバーになっていいのか迷っている… だったらメルマガ読んで白黒つけようぜ!

「タクシーマスター入門メルマガ」



  • 貴方はタクシーをやった方が良い人?やらない方が良い人?
  • ネットでは言えないタクシーの本当のメリットとデメリット
  • バランスよく働いて、副業と兼業する為には?
  • 最速で月収50万を獲得する為の3つのポイント
  • 稼ぐために知っておきたい超重要な全体像
  • 良い会社、悪い会社の見極め方
  • タクシードライバーに向いている人の特徴

東京タクシー業界に10年以上関わり続ける作成陣が、ネットでは言えない優良情報を
ガンガン配信中。
当サイト作成陣が
本当の優良会社を貴方に伝えます
入社後の売上フォローまで完全無料で実施
誠心誠意、対応いたします!
電話受付時間:年中無休9:00~20:00
※年末年始を除く

キーワード