タクシーの転職に失敗する人の共通点|入社前に必ず知るべき業界の裏側とは?

タクシーの転職に失敗する人の共通点

世間的にはあまりイメージのよろしくないタクシードライバーという職業。

しかし、人によっては

『タクシーは素晴らしい仕事だ』

と言いますし、人によっては

『タクシードライバーになって本当に失敗した』

とも言います。

こういったことからもわかるように、『タクシーという仕事自体に』良い悪いという意味があるのではなく、結局は

『自分の捉え方次第』

という側面が非常に大きいのです。

なので、あなたの取り組み方次第で、タクシードライバーという仕事を素晴らしい仕事にすることもできますし、失敗することなく大きな収入を稼いでいくことだって十分可能なのです。

それでは、タクシー会社への転職が失敗してしまう人たちの特徴とは、いったいどういったことが挙げられるのでしょうか?

また、タクシー会社への転職が成功したと思えるためには、どのような考え方で会社選びをすればよいのでしょう?

今回は、あなたのタクシードライバーへの転職が成功するように、

『タクシードライバーへの転職に失敗する人たちの共通点』

について、ご紹介していきます。

ここをあらかじめ理解しておくことで、この記事でご紹介していく同じ過ちをあなたは犯すことなく、タクシー会社への転職を成功させる確率を高めることができるでしょう。

タクシー会社に転職して失敗したと感じてしまう理由とは?

タクシー会社に転職して失敗したと感じてしまう理由とは?

それではまず、タクシー会社に転職して失敗したと感じる理由としてよく挙げられるものについて、その8つをご紹介していきます。

意外と給料を稼げなかった

タクシードライバーは、努力次第で収50万円以上を稼ぐことも十分可です。

その給料体系は歩合制であるため、しっかりとした準備と計画性のある運行によって売上を伸ばすことさえできれば、それに比例して給料が上がっていくのです。

そういったメリットがあるため、今の収入に満足していない人、または自分の事業の運転資金を稼ぎたい人などが、タクシー会社への転職をするというケースもよくあります。

しかし、『努力次第で多くの収入を稼いでいける』ということは、逆に言えば、

『売上を伸ばすことができなければ給料は上がらない』

ということ。

つまり、収入を上げられるというメリットがある一方で、今までよりも収入が少なくなるというリスクも潜んでいるということです。

決して、

『タクシードライバーになれば誰でも簡単に稼ぐことができる』

というわけではありませんので、これはあらかじめ心に留めておくようにしましょう。

関連記事:タクシーの給料は歩合制だからこそ稼ぎやすい!その仕組みと稼ぎ方のポイント

健康を害してしまった

タクシードライバーという仕事は、ご存知の方も多いと思いますが、勤務形態がとても特殊です。

特に東京都内では、夜中もひっきりなしにタクシーが走っていますよね。

ということはつまり、夜中の間ずっと運転をしているドライバーさんたちがたくさんいるということです。

体力には自信があるとは思っても、今までとは全く異なる勤務形態になった場合、知らず知らずのうちに健康を壊してしまう可能性も十分に考えられるでしょう。

よく起こりうるのが、

『かなり太ってしまった・・・』

ということですね。

タクシードライバーという仕事を始めると、それまでよりも時間やお金に余裕が出てくることも多いです。すると、

いつもより贅沢な食事をとるようになったり、
時間に余裕ができたことで、明けの日は朝からお酒を飲んでしまったり、
ドライバーという仕事上、まったく体を動かすことがなくなったり・・・

自由な時間やお金が増えるということは、このようないわゆる”贅沢病”のような状態になってしまう危険性もあるのです。

一方で、お金や時間が増えたことで、それらを計画的に使うことにより、それまでよりもスリムになったり、または健康診断の数値がよくなったりなど、体調がよくなっていく人もいるでしょう。

つまりは、増えたお金や時間は自分次第で良い方にも悪い方にももっていくことができる、ということです。ここはしっかりと心得るようにしましょう・・・。

ちなみに、タクシードライバーの働き方には、夜中も働く『隔日勤務』だけでなく、日中だけ働く『日勤』、時間の定められていない『定時制』など、実はさまざまなものが存在します。

ご自身に合った働き方を選択できるように、こういった勤務形態があることも、あらかじめ知っておくといいですね。

関連記事:【タクシーの勤務形態】日勤・夜勤・隔日勤務・定時制のポイントを徹底解説!

クレームがひどく精神的に病んでしまった

テレビのニュースなどでもよく取り上げられますが、タクシードライバーは、乗車するお客様からのクレームに対応しなければいけない場面も多々出てきます。

運転の仕方に文句をつけられる
いつもより料金が高かったと言われ、支払いを拒まれる
お酒に酔っていてからまれる
指示通りに走行したが、ルートが間違っていたから返金しろと言われる
暴力を振るわれる

・・・・・・・・

どういったお客様かは、実際に乗車をしてもらうまでは分からないため、走行中にこのようなクレームに見舞われてしまう可能性もあるのです。

最近では、都内のほとんどのタクシーに車内カメラやドライブレコーダーが完備されているため、昔に比べるとそういったクレーマーや暴力事件、あるいは乗り逃げなどは極端に減ったと言われています。

ですが、このような事件は今もなお、時々ニュースでも取り上げられますし、発生する可能性はゼロではないため、その覚悟はもっておくべきだといえるでしょう。

接客に慣れてない間、または走行ルートをまだ完ぺきに覚えていない間などは、こうしたクレームをつけられる場面が特に増える可能性があります。

タクシードライバーとしてのスキルを高めるとともに、お客様からのこういったクレームに対応する毎日に心を病み、『タクシードライバーになんてなるんじゃなかった・・・』と思う人が多いのも事実です。

交通事故を起こして出費の方が大きくなってしまった

タクシードライバーという仕事には、交通事故はつきものです。

もちろん、事故を起こさないことに全力を尽くす必要があるのですが、それでも事故が起こるときは起こります。

近年、タクシードライバーの事故総数は減少している傾向にあります。とはいえ、新人ドライバーで安全運転を心がけていても、事故を0にすることは非常に困難です。

全国自動車交通労働組合総連合会が発表したデータによると、2014年に起きた東京都内の全交通事故のうち、タクシードライバーによる交通事故は『4026件』でした。また、警視庁の発表によると、東京都内における2014年の交通事故総数は『37,184件』です。

ということはつまり、ざっくりとした計算ですが、『東京都内で起こる交通事故のうち、少なくとも10件に1件はタクシードライバーが関係しているのかもしれない』ということですね。

これもまたざっくりとした計算ですが、都内では毎日約3万台のタクシーが稼働しており、1台のタクシーが事故に遭遇する確率は、0.036%とかなり低いです。

このように、タクシードライバーによる交通事故は、全体のそれに比べてとても少ないことがわかります。

とはいえ、たとえ自分だけが注意をしていたとしても、相手の運転により被害に巻き込まれる、ということも十分考えられます。

もしも交通事故に遭ってしまった場合、たとえこちら側が被害者であっても、車同士の場合は両者に何らかの過失があったとみなされる可能性が高いため、少なからずその賠償をしなければならない可能性が高いでしょう。

そうなれば、もちろんその分の出費がかさみます。事故の程度にもよりますが、出費が大きければ、

『稼いでも稼いでもまったくお金が貯まらない・・・』

という悪循環に陥ってしまうことも考えられますね。

会社によっては、毎月の給料から分割してその額を差し引いたりと、支払い方法に関して柔軟な対応をしてくれる場合もありますので、あらかじめ会社の担当者に、事故が起こった後の支払いについてを確認しておくようにしましょう。

結局タクシー業界でも社内の上下関係は存在した

『タクシードライバーは一人でやるから気が楽』

こういったことに魅力を感じ、タクシー会社へ転職しようと考えた方もいるかと思います。

たしかに運転中は自分一人ですし、会社内で長時間を過ごすということも少ないですから、そういった意味では気が楽な仕事なのかもしれません。

しかし、タクシー会社によっては、

先輩から毎日の報告を強制される
休みの日に飲み会に付き合わされる
運行中も常に電話を繋ぐことを強制され、心が休まる時間がない

など、タクシードライバーの魅力の一つである

『一人の時間が長くとれる』

こととは真逆の環境だった、ということも稀に起こります。

こういったことも、タクシードライバーになって失敗したと感じる理由の一つとして挙げられるでしょう。

違反が重なって免許停止に苦しめられる

交通事故までは起こさなくとも、運転には『交通違反』も同じくつきものです。

シートベルトの未装着、通話しながらの運転、信号無視、一時停止違反、一方通行への侵入、速度超過、車線変更禁止違反・・・。

点数が低いものから高いものまでありますが、交通違反を繰り返すことにより、いずれは免許停止に追い込まれてしまいます。

免許停止になるということは、もちろん車を運転することができないということですから、会社に出勤することができず、結果的に収入が途絶えるということにもなりかねません。

いくら努力次第で多く稼げるタクシードライバーとはいえ、免許停止になってしまっては給料を得ることはできず、その後の生活が苦しくなってしまうでしょう。

社内に仕事を教えてくれる人が誰もいない

タクシードライバーとして大きく稼いでいくためには、

徹底した計画と運行テクニックが必要不可欠

です。

単純に、

『東京は人が多いからたくさんのお客様を乗せることができるだろう』

などと、安易に考えることは絶対にしないようにしましょう。

タクシードライバーとして稼いでいくためのスキルをもともと持っている、という人は絶対にいません。

どれだけ才能がある人でも、稼げるようになるまでは徹底したサポートが必要不可欠です。

しかし、会社によっては、『そういった稼ぐスキルを付けるめのサポートが全くなかった・・・』ということも起こりえます。

ホームページや求人票を見たときに、いくら待遇や給料のよさに惹かれたたとしても、入ってからのサポートがなかったとしたら、仕事がうまくいくとは思えません。

失敗する人はこういったところを見落としがちなので、必ず抑えておくようにしましょう。

出勤時間が選べない会社に入ってしまった

先ほども少しご紹介しましたが、タクシードライバーの勤務形態は、日中から夜中にかけて連続して運行する『隔日勤務』だけではなく、『日勤』や『定時制』を採用する会社もあります。

ご自身のライフスタイルに合った働き方ができるということも、タクシードライバーになる大きなメリットだといえるでしょう。

しかし、入社してから実は『隔日勤務しか選べなかった・・・』ということに気づいたとしたら、あなたはどうでしょうか?

日勤で働けるというメリットに魅力を感じて入社したにもかかわらず、結局は夜中に仕事をするという勤務形態を強要されるのは、あまりにも納得がいかないですよね。

必ずしも、『全てのタクシー会社に全ての勤務形態が存在する』ということではなないため、事前に会社側に確認をすることを絶対に忘れないでください。

『日勤』と『隔日勤務』では、その労働環境にあまりにも違いがありすぎます。

この事実をあらかじめ知っておくことで、このようなケアレスミスは確実に防ぐことができるので、必ず抑えておくようにしましょう。

なぜタクシー会社への転職に失敗してしまう人が多いのか?

なぜタクシー会社への転職に失敗してしまう人が多いのか?

このように、タクシー会社への転職の際には、

上記のようなことが原因で失敗してしまう人が多いのが現状

です。

でもなぜ、こういった失敗が多く発生してしまうのでしょうか?

そのもっとも大きな原因として考えられるもの。それはやはり、

『業界のことを知らずに、なんとなくのイメージや口コミで会社を選んでしまうから』

ということに尽きます。

努力次第で『誰でも』、『どんな会社でも』本当に稼げる?
給料の最低保証額35万円は、何があっても必ずもらえるの?
・『和気あいあいとした社内環境で気持ちよく働ける!』ってホント?

会社のホームページや口コミ、または求人票に書かれている社内環境や待遇の良さに魅力を感じ、『この会社は自分に合ってそう!』と自己判断をしてしまうことは、

タクシー会社への転職に失敗してしまう人の典型

です。

タクシードライバーという仕事が未経験なのであれば、どれだけ社会人経験があったとしても、どれだけ地位や名誉があったとしても、それらは全く関係ありません。

そもそもタクシードライバーの勤務が体に合わなかったり、または自分の向き不向きを知らなかったりすれば、上記のような失敗をすることは、『偶然ではなく必然』だといえるでしょう。

毎度毎度お伝えしているように、タクシー業界の隠された事実や裏側を知るためには、また、上記でご紹介した8つの失敗をしたくないのであれば、自分の調査や判断だけでは絶対に事足りないため、

業界に精通した専門家からのサポートを受けることが必要不可欠

です。

今まで失敗してきた方の事例を知ることができるのは、これからタクシー会社に転職をする方の特権だといえるでしょう。

これらの失敗事例をあなたは経験することのないように、専門家への依頼のもと、転職するタクシー会社を選ぶようにしてください。

タクシーに対するネガティブなイメージは実は全くのウソ?

タクシーに対するネガティブなイメージは実は全くのウソ?

タクシーという仕事に対し、あなたはどのようなイメージをお持ちでしょうか?

これから実際に転職を考えているのですから、もしかしたらよいイメージを持っているかもしれませんね。

しかし、世間からのタクシーという仕事に対するイメージは、あまりよろしいものではないようで・・・。

『タクシーは職の墓場である』

そんな言葉もあるほどに、一部の方からは悪いイメージがついているようです。

『タクシーは職の墓場』って本当?

では、タクシーという仕事は本当に、『職の墓場』なのでしょうか?

たしかに、東京都内でタクシーに乗車すると、たいていは50歳以上の方が運転をしている印象です。

平成26年の厚生労働省の調査によると、タクシードライバーの年齢別の割合は以下のとおりです。

1位:60〜64歳(30.9%)
2位:55〜59歳(19.9%)
3位:65〜69歳(16.3%)
参考:国土交通省

やはり、全体のおよそ65%を55歳以上の方が占めていることがわかります。

これだけの年齢層の高さを見ると、たしかに職の墓場と言われてるのもうなずけますね。

しかし、タクシーが『職の墓場』だということを、本当にこれだけで判断できるのでしょうか?

何度かお伝えしてきているように、これほど年齢層が高いにもかかわらず、

タクシードライバーは月収50万円を稼ぐことが他の仕事に比べて容易である

という事実があります。さらに、

自分の夢や事業を諦めることなくその両方を並行して行うことができる

という事実もあります。

もしかすると、『タクシードライバーは職の墓場である』という人の多くは、実はその中身をほとんど知らず、単なるイメージだけで言っているだけなのかもしれません。

それを示すかのように、タクシードライバーとして働きながら夢を追う、そんな若者がたくさんいることもまた事実なのです。

実は夢を追いかけながら両立できる?

タクシーという仕事は、先ほども記載したように、

『夢を追いかけながら、それと並行して行うことができる仕事』

でもあります。

というのも、たしかに勤務形態は特殊ではありますが、月の17日ほどが休日となるため、自分の時間を多く確保することができるのです。

実際に私たちが転職サポートをした方たちの中には、

お笑い芸人になりたくてバイト代わりにタクシードライバーになった人
バンドマンと並行してタクシードライバーを続けている人
舞台俳優になる夢を追いながら月の13日だけタクシードライバーとして働き、残りの時間で夢の実現に向けて努力している人

など、自身の夢の実現に向け努力を続ける一方で、タクシードライバーとして生活費をしっかりと稼ぎ、精神的な安定を得ている人もたくさんいます。

その他にも、

アニメDJとの兼業
セラピストとの兼業
美容師との兼業
声優との兼業
作家との兼業

・・・・

など、その事例は本当にたくさんあります。

これらの事実を知った上で本当に、『タクシードライバーは職の墓場だ!』などと断言することができるでしょうか?

会社によっては、『副業大歓迎!』と謳うところもありますし、そうは謳っていなくても、タクシードライバーには自由な時間が多いことは事実ですので、ご自身の夢や事業と並行しながらタクシードライバーになることは十分可能です。

世間のマイナスのイメージだけにとらわれず、タクシードライバーという仕事の本質を見抜けるといいですね。

タクシー会社への転職の失敗は十分に防げる!

タクシー会社への転職の失敗は十分に防げる!

この記事でご紹介してきた全ての失敗は、タクシー会社の選び方次第で十分に防ぐことができます。

つまり、

タクシードライバーという仕事自体に失敗の原因があるのではなく、その会社選びを間違ってしまうことに、『失敗』という結果がついてきてしまう

ということですね。

なので、タクシードライバーという仕事の本質を見抜き、良い面も悪い面も理解した上で、入社するタクシー会社を選ぶことが大切です。

そのためには何度もお伝えしているように、自分の判断だけではなく、タクシー会社に精通した専門家の判断を仰ぎながら選択をすることが、必要不可欠だといえるでしょう。

それを怠ってしまっては、この記事でご紹介してきた数々の悲惨な失敗を、あなたも経験することになる可能性が高まります。

あなたのタクシー会社選びが失敗することのないように、そのことはしっかりと頭に入れておいてください。

あなたに合う最適なタクシー会社の見つけ方

あなたに合う最適なタクシー会社の見つけ方

タクシー会社を選ぶ際にもっとも大切なこと。それは何度もお伝えしているように、

『自分ひとりだけの判断で入社する会社を選択しない』

ということです。

なぜなら、自分だけで調べた情報のみでは会社の裏側までは分からず、もしかしたらその会社の良い面しか知ることができていない可能性もあるからです。

そうなれば、入社してからその会社の待遇の悪さに気づくこともありますし、

『聞いていたことと全然ちがった・・・』

という悲惨な状況にもなりかねません。

勤務形態を変えることくらいはできるかもしれませんが、会社に入ってからすぐに退社をすることは難しいでしょう。

また、仮に退社することができたとしても、その後の転職活動に大きな影響を及ぼしてしまうリスクもつきまといます。

そういった事態を未然に防ぐために、タクシー会社を選択する際は、

必ず専門家の助言を仰ぐように

してください。

その際、ぜひ意識してほしいのは、

『入社後のサポートがしっかりしているかどうか』

という点です。

例えば、その求人サイトから入社をすると、

『入社祝い金としてお金が支給される』

という特典がつくこともあります。

しかし、目先のお金をもらえたとしても、その後のサポートが全くなかったとしたら、あなたはどうでしょうか?

『目の前の数十万円』

と、

『末永く稼ぎ続けることができる運行スキル』

そのどちらを、あなたは手に入れたいですか?

その答えがもしも後者だという方は、タクシードライバーとして稼いでいくための本質を見抜く力があるといえるでしょう。

なぜならば、

目先のお金に執着し、一時お金が増えたはいいものの、嬉しさのあまり遊んでしまって貯金が底を尽き、仕事で稼いでいこうと思ってもサポートがないために全く収入を上げることができなかった。そしてその後、他の求人サイトのサポートの素晴らしさを知り、

『あの求人サイトから転職しておけばよかった…。』

という悲惨な結果を招くことになるケースも本当に多いから。

安易な理由で入社先を選んでしまった方々が、この記事でご紹介してきたような失敗を犯してしまう傾向にあるのです。

そういった状況を避けるためにも、会社選びには絶対に妥協することのないようにしていきましょう。

あなたのタクシー会社への転職が大成功となるように、求人サイトなど専門家のサポートを存分に受け取りながら、入社するタクシー会社をぜひ選択してくださいね。

まとめ〜タクシー会社への転職の失敗は未然に防ごう〜

まとめ〜タクシー会社への転職の失敗は未然に防ごう〜

今回は、

タクシー会社への転職に失敗する人たちの共通点について解説し、それを防ぐための対策

を併せてご紹介してきました。

タクシー会社への転職は、事前の調査や下調べを専門家とともに徹底的に行うことによって、未然に防ぐことが可能になります。

転職に失敗をした人たちには、その失敗をした原因が必ずあるため、これから転職をする人はそれらをあらかじめ知っておくことで、同じ過ちを犯す可能性を極限まで減らすことが期待できます。

あなたのタクシー会社への転職が失敗とならないように、またそれだけでなく、あなたのタクシー会社への転職が

『大成功だった!』

と思えるように、この記事でご紹介した内容をしっかりと理解し、転職の際のご参考にしていただければ幸いです。

少しでも不安や疑問がありましたら、当サイトのお問い合わせフォームからお気軽にご連絡をお待ちしています。

今回も最後までご覧いただき、ありがとうございました!

未経験から最速で月収50万を目指す為の
「タクシーマスター入門メルマガ」

・バランスよく働いて、副業と兼業する為には?
・最速で月収50万を獲得する為の3つのポイント
・稼ぐために知っておきたい超重要な全体像
・良い会社、悪い会社の見極め方
・タクシードライバーに向いている人の特徴

東京タクシー業界に10年以上関わり続ける作成陣が、
ネットでは言えない優良情報をガンガン配信中。

当サイト作成陣が
本当の優良会社を貴方に伝えます
入社後の売上フォローまで完全無料で実施
誠心誠意、対応いたします!
電話受付時間:年中無休9:00~20:00
※年末年始を除く
タクシードライバーになっていいのか迷っている… だったらメルマガ読んで白黒つけようぜ!

「タクシーマスター入門メルマガ」



  • 貴方はタクシーをやった方が良い人?やらない方が良い人?
  • ネットでは言えないタクシーの本当のメリットとデメリット
  • バランスよく働いて、副業と兼業する為には?
  • 最速で月収50万を獲得する為の3つのポイント
  • 稼ぐために知っておきたい超重要な全体像
  • 良い会社、悪い会社の見極め方
  • タクシードライバーに向いている人の特徴

東京タクシー業界に10年以上関わり続ける作成陣が、ネットでは言えない優良情報を
ガンガン配信中。

キーワード