タクシードライバーとしての接客の魅力と難しい点をまとめてみた。

タクシードライバーは稼げるけど接客が難しい? 

お客様の見つけ方の具体的な方法にフォーカスをし、
タクシー業界に興味のある人に、
タクシーって楽しそうとか
このブログをヒントに自分にもできるかも?
と思って頂くことをモットーにしています。
読者の方からは実際に、
稼ぎ方と言っても運次第だと思っていた。
けれどもこのブログを読んで
信号のタイミングを見計らったり、
周りのタクシーとは違う動きをすることで
実力でお客様が獲得できるということが知れた。

ゲーム性がある。
ハンティングのようで男心をくすぐられる

という声も頂いてきました。
一方で

どうやって酔っ払いの対処するのか?
タクシーは密室だから接客が大変そう。

と接客関係の質問や意見を頂いたので、
今回は僕の接客体験談をシェアをさせて頂きます。

最終的に何が重要なのか?
どういう接客が良いのか?
僕なりの見解を書きます。

この記事を読んで頂けたら

タクシーって仕事は楽しそう
自分でもできそうな仕事
お客様に喜んで頂き、お金も貰えちゃう仕事

ということを知って頂ければ幸いです。
ちなみに一昨日(1/31)は乗務日だったのですが、
売り上げは税込でジャスト10万でした。

タクシーは運輸業ではなく、接客業

タクシードライバーは業種分けすると

運輸業というカテゴリーになっているのですが、
時代の変化からお客様のニーズも上がり、ただ目的地に送るだけではなく、
接客力も求められるようになってきました。

実際にniftyが2015年に行った
タクシーに求めることの調査で第1位は「運転手の態度の良さ」となっています。

タクシーに求めることは1位は「運転手の態度がいい」で63%

タクシー業界としても接客力向上のため、
タクシー会社への評価制度を導入しています。

法人タクシー事業者の安全・サービス等に関する評価制度(略称:タクシー評価制度)は、(公財)東京タクシーセンターの取り扱う指導事案及び苦情事案、利用者の求める情報として接客サービスに関する情報や安全に関する情報、経営面及び運転者の資質に係る要素を評価対象項目とし、これらを「接客・サービス」、「安全・運行管理」、「経営姿勢」の3面から評価するものです。

上記はタクシーセンターHPより引用。

タクシー会社の評価結果に興味ある方は以下リンクより確認できます。

公益財団法人東京タクシーセンターHP

タクシードライバーに必要な接客力

タクシードライバーに必要な接客力

(イメージ画像ですが、著作の関係で自分しか使えませんでした苦笑)

具体的にどんな接客力が求められるかというと

丁寧かつ迅速な運転(早ければいいってものじゃない)、
挨拶ができる、
最低限の敬語

だけでもタクシードライバーになることは可能です。
評価制度と言えども
作法を知らなきゃいけないとかではないので、
誰でも出来ます。

また今まで接客業をやってこなかったけど、
タクシードライバーをやってみたい人のために
会社によっては接客マニュアルがあります。

お客様が乗ってきてから降りるまで
一連のやり取りを教えてくれたり、
接客の不安を払拭できるようにするために
実践さながらのロープレを研修に取り入れている会社もあります。

接客力が上がると収入はアップ?

接客力が上がると収入はアップ?

大手等のタクシー会社では
接客の品質向上のため
ドライバーのやる気に刺激を与える施策をとっている会社があります。
それが
ワンランク上のドライバー制度(黒タク等)等です。

ちなみにこの制度は
ドライバーの給料が直接的にアップするわけではありません。

ワンランク上の接客が出来るようになった努力の証として
黒タク専用のタクシー乗り場や無線配車仕事が貰えるようになるのです。

専用乗り場だと競争相手が少ないので、
乗り場に行けばすぐお客様を乗せることが出来たり、
無線仕事ではロングのお客様をお送りする機会もあるので、

結果として黒タクになった方が収入がアップします。

タクシーでの接客の良い点と難しい点

タクシーは誰でも出来る接客業ではあるのですが、
この業界独特の難しさがあるのも事実です。

それはお客様に対して背中を向けた接客であり、
完全密室であるということ。

上記の難しさがあるのですが、
この仕事だからこその良さもあるので
タクシーの接客の良い点、難しい点をシェアします。

老若男女、国籍問わず様々な人が乗ってくる。(良い点)

色々な話が聞けるので物知りになれる

ドライバーに話を振ってこなくても
お客様同士の会話などで色々と勉強になることが多いです。

時には専門用語などで同じ日本人なのに
何について話しているのか分からないなんて
時もあります。

僕自身好奇心が強い方の性格なので、
知らない単語などがあるとそれを後で調べたりすることによって新たな発見があったりします。
具体的な話は守秘義務違反になってしまうのでかけないのは悪しからず。

 

増え続ける外国人のお客様で語学力や収入もアップ?

都心部であれば一日最低一組外国人の方を乗せます。
僕は日常会話程度であれば英語が話せるのですが、
英語で接客すると
日本のタクシードライバーで英語で話せることは珍しいようで
お客様とのトークが盛り上がることが多いです。

実際に会話が盛り上がったために
羽田や成田空港までの予約を直接貰ったこともあります。

英語力や会話術を高めるためには一般的にはお金を払わないといけないですが、
タクシーであればやり方次第で英語力を高めながら給料も貰えるわけです。

お客様と相性が合えば予約仕事までもらえてしまったり、
会社からも指定されて予約仕事がゲットできてしまうのです!

料金以外にチップが貰えることすらある(良い点)

接客によってはチップが貰えることすらあります。
僕はタクシードライバーになる前、
10年間くらい飲食業界にいましたが、
チップを貰った経験は10回もありませんでした。

けどタクシーであれば
お釣り取っておいて
とか
わざわざ料金以外にチップを出して頂くお客様もいて
日本にも関わらずチップが他の業界に比べて多いと思います。

僕は自分自身からお客様に話しかけないですが、
お客様から話しかけられたら応えていく受け身の姿勢をとっています。

そんな僕でも平均すると1日1回はチップを頂きます。
僕の知り合いのドライバーは空気を読むのが非常にうまく
自分から積極的に話をするのですが、
そのおかげでチップだけで乗務中の食事代などを賄っている!
なんて人もいるくらい、この業界ではチップを貰えることも多いです。

面倒な人間関係もなく、仮に対応が難しいお客様でも長くて一時間(良い点)

一たび会社を出発してしまえば
完全に自分の時間。
会社勤めの場合、うまの合わない上司や同僚、面倒な顧客等は
ずっと付き合って行かなければならないと思うのですが、そういう面倒な人間関係は皆無に等しいです。

色々なお客様を乗せるので、中にはべろべろに酔っぱらった人や気難しい人もいますが、
長くても1時間くらい。
しかも降りてしまったら後腐れなし。

10年近くタクシー業界にいますが、
自分の顧客にならない限り同じお客様をのせた経験は5回もないです。

人間関係は実に気楽な仕事、それがタクシードライバー(笑

背中を向けた接客故の難しさ(難しい点)

背中を向けた接客故の難しさ(難しい点)

前述の通り僕は元々飲食業界にいたので、
接客が苦手ではなくむしろ得意な分野でした。

タクシードライバーになった頃、
新人で道が分からないことをカバーするために接客でカバーしようと心掛けていましたが、
これは大きな間違いでした。

基本的にタクシーに乗るお客様は良い人が多いので、
話をしていると相槌を打ってくれる方が多いです。

自分が気分良く話してたら
実はお客様はメールをしようとしていたり、
寝ようとしていたり、

お客様のやりたいことを妨害していたため怒られることもあります。。。

そんな経験から僕の接客の心得は
自分からは積極的に話さず受け身で話す
です。

コミュニケーションが難しいお客様の対応も時には必要(難しい点)

べろべろに酔った人や言葉の分からない外国人のお客様の対応等、
対応に四苦八苦することがあります。

 

べろべろに酔った人の場合

先ず正論が通じない場合がほとんど。
杓子定規に接客をしてしまうと
場合によっては怒りだすお客様もいるので、
お客様のテンションに合わせてしまうのがコツだと思います。

以前、どうしても僕と飲みに行きたい
飲みに行ってくれなきゃ車から降りないと言われたことがあります。
その際、
「降りてもらえないと困る」
とか
「営業妨害だ」
と言っても逆効果になると思ったので、
「じゃあ飲みに行きましょう!ただし車を会社に戻さないといけないので、
車を返してきます。会社出るときに電話するので電話番号教えてもらえますか?」

とお伝えしたところ、
すぐに降りて頂くことができました。
そのあと電話したかどうかは皆さんのご想像にお任せします。。。

 

外国人のお客様の場合

最近ではスマホの翻訳アプリもありますし、
タクシー会社によって無線室が対応してくれるところもあるので、
外国の方が乗ってきて全く言葉が分からなくても
なんとかなります(笑

時には自腹を切らなきゃいけない時も・・・(難しい点)

時には自腹を切らなきゃいけない時も・・・(難しい点)

新人の頃は自腹切ったり、売上にならないことがあります。
というのも走り慣れてないがゆえに
道を間違ってしまったり、
大幅に遠回りをしてしまったりする機会が多いのですが、
道を間違えたからと言って料金メーターを止めることはできないので、
表示上は料金が加算されていきます。

迂回分をお客様に請求することもできないので、
その場合は迂回分を引いた料金をお客様に払って頂く、
もしくは一切料金がもらえないケースもあります。

お客様としては
急いでたり、道が分からなかったりで
プロに依頼したのに
遠回りして時間がかかったとなると
お客様の要求を満たせなかったことになるので、止むを得ないと思います。

料金をもらえなかったり、
差額が発生する場合、
会社に報告すればマイナス計上してくれます。
けれどもマイナスになるということは
タクシーの給料は売上から捻出するので、
売上がなかったことになるとただ働きになってしまうわけです。

僕がこの業界に入って一番最初に入ったタクシー会社はこういう場合、
勉強代と称して全て自腹でした。。。

自腹が相当痛かったので、その分道を覚えるのは早かったとは思いますが
痛いものは痛いですね(>_<)

 

上記、タクシードライバーをやる上で接客面でも
良い点、難しい点(乗り越えなきゃいけないハードル)がありますが、
そのハードルを越えられるようになると良い点、
うま味の部分だけを味わうことができるようになるので、
次の項では実際にあったエピソードをご紹介します。

現役ドライバーが教える接客体験談

 急いでいてイライラしていたお客様を最終的に笑顔にした

1/31の出番の話
通勤ラッシュ時に無線配車のお客様。
配車時間になってもお客様は来ない、待つこと10分。。。
慌てて出てきた様子の女性のお客様、気持ちにゆとりもなく
乗ると「大至急で目的地へ」の指示。

車内はお客様の焦りからピリピリした雰囲気。
出来る限り早く目的地へ進行する話をして進行開始。

するとお客様はお化粧開始。

恐る恐る
化粧ができる揺れの少ない運転と時間優先の運転どちらを優先するか確認すると
時間優先とおっしゃったので、
法令の範囲内の運転と裏道を駆使して進行をし、
予定時刻より3分早く目的地に辿りつくことが出来ました。

お客様も急いでいるにも関わらず
最終的には深々とあたまを下げ、
さらに目がハートになって降車されました
(個人の感想)

無線で呼んでおいて遅れて来ておいて
「急げ」
と言われるとだったら遅れるなよ!ってツッコミたくなりますが、
この人を笑顔にしたら自分もテンション上がる!って思ったら
お客様の期待に応えたくなってしまい、
ベストを尽くすことができました。

おばあちゃんとドライブしてチップ

昨年Toyotaよりリリースされたジャパンタクシー乗務初日の話。
夕方に銀座で買い物帰りのおばあちゃんから乗車申込み。

まだジャパンタクシーの操縦に慣れていなくて
後部席のスライドドアを開閉しようとしたら操作が効かない!
立ち尽くすおばあちゃんにとっさに車から降りて
自動ドアが故障している旨を伝え、助手席でも良いかの確認をしました。
乗せてもらえるなら問題ないと仰って頂き、
乗って頂きました。

おばあちゃんは85歳。
とてもお話し好きな方。
旦那様は今は他界されたけど、
お子様、お孫さん、ひ孫と囲まれて今も毎日が楽しいというお話や
旦那様との馴れ初めの話から恋愛トークまで発展。

盛り上がる会話の中で
「旦那様に怒られるかもしれないですが、ドライブデートみたいですよね?」
と話したら非常に喜んで頂いたので、
降車される最後の瞬間まで白馬の王子様になった気分でドアサービスをさせて頂きました。

お客様には喜んで頂き、
最終的には高額チップを頂くことができました。
(ホストかよ)

 

法令遵守の範囲内であれば
お客様が喜ぶであろうことを全力尽くすのは間違いないなと
確信できた日でした。
おばあちゃん、ありがとうございました!!!

ちなみにジャパンタクシーのドアは故障ではなく、
ただロックしていただけでした
(これまでの車はロックしていてドライバーによる自動ドアの開閉は可能)

タクシー業務における接客のまとめ

やりがいに魅力を感じることができ、収入もついてくる仕事

やりがいに魅力を感じることができ、収入もついてくる仕事

タクシーは職業区分けすると運輸業というジャンルではありますが、
お伝えしたように接客業の要素が高まってきましたし、
僕自身日々乗務する中で接客業だと思ってハンドルを握ってます。

10年近くこの業界で働いてきて感じた
接客のコツは
お客様に合わせて臨機応変に対応出来るようになる
ことだと思います。

今回ご紹介したように
急いでいる人には
何時までに目的につかなきゃいけないのか確認をして最速で送る。
場合によってはタクシー以外の交通手段の併用も提案したり。

酔っている人には
ノリに合わせて飲みに行きましょうと合わせてしまったり。

可能な限りお客様の希望に沿うことに全力投球できると
この仕事は楽しくなります。
やりがいも感じることができます。

なぜなら
歩合給のやったらやった分だけ、
つまりお客様を乗せたら乗せた分だけ人の役に立ちながら給料が貰えるわけですから。

タクシーを通じてより良いライフスタイルを

「より良いライフスタイルの提供」をコンセプトに
月収50万を可能とする稼ぎ方のノウハウや
月に17日ある休み(プライベートな時間)を効果的に過ごす方法なども含めてサポートさせて頂いてます。

転職前の不安は切っても切れないものですよね?
そんなあなたの不安も転職前からタクサポのコンシェルジュが親身になってご相談に乗ります。
また、
どの仕事も向き、不向きがあるので、
誰もがタクシーを通じてより良いライフスタイルを送れるというわけではありません。

現役のドライバーだからこそわかる、
あなたがタクシーに向いてるのか、向いていないのか?
を明確にした上で転職支援をさせて頂きます。
相談無料なので、まずはお気軽にお問合せ下さい。

↓↓↓

東京都内でのタクシードライバー転職に本気でお悩みなら【タクサポ】

未経験から最速で月収50万を目指す為の
「タクシーマスター入門メルマガ」

・バランスよく働いて、副業と兼業する為には?
・最速で月収50万を獲得する為の3つのポイント
・稼ぐために知っておきたい超重要な全体像
・良い会社、悪い会社の見極め方
・タクシードライバーに向いている人の特徴

東京タクシー業界に10年以上関わり続ける作成陣が、
ネットでは言えない優良情報をガンガン配信中。

タクシードライバーになっていいのか迷っている… だったらメルマガ読んで白黒つけようぜ!

「タクシーマスター入門メルマガ」



  • 貴方はタクシーをやった方が良い人?やらない方が良い人?
  • ネットでは言えないタクシーの本当のメリットとデメリット
  • バランスよく働いて、副業と兼業する為には?
  • 最速で月収50万を獲得する為の3つのポイント
  • 稼ぐために知っておきたい超重要な全体像
  • 良い会社、悪い会社の見極め方
  • タクシードライバーに向いている人の特徴

東京タクシー業界に10年以上関わり続ける作成陣が、ネットでは言えない優良情報を
ガンガン配信中。
当サイト作成陣が
本当の優良会社を貴方に伝えます
入社後の売上フォローまで完全無料で実施
誠心誠意、対応いたします!
電話受付時間:年中無休9:00~20:00
※年末年始を除く

新しい記事

キーワード