タクシー業界に転職してみたら意外とアリだった?失敗しないためにやるべきこと

タクシー 転職

目次

今の仕事がとてつもなくツマらない。

ですから、近い将来で転職を検討している人は、かなりの割合で存在しているのではないでしょうか。

そこで、普段よく目にし尚且つ、なじみのあるタクシー業界へ転職する人が増えています。

それはなぜか。

この業界で未経験だったとしても、年齢関係なく受け入れてくれるということと、長期間に渡って安定して働けるからです。

そこで、タクシー運転手はなぜ選ばれ、人気があるのかを見ていきましょう。

タクシー業界に転職!運転手が年齢性別関係なく選ばれている理由

誰もが知っているであろうタクシー運転手。

普段街を歩いているだけでも、頻繁にタクシーが走っているのを見かけるのではないでしょうか。

つまり、それくらいタクシーに需要があって尚且つ、世の中で認識されているということです。

しかも、たまに乗車すると年配だけではなく新卒かな?って思えるような若者が運転手として働いているケースもあります。

一昔前までは、タクシー運転手=年配のおじさん、というイメージでしたが、今では時代も変わり、そんなこともなくなってきました。

そこで、タクシー業界に転職する理由を事前に知っておきましょう。

タクシーの運転手はまったくの未経験でも働きやすい

街中でかなりたくさん見かけるであろうタクシー。

それは、誰もがタクシー業界に転職できるという表れともいえるのではないでしょうか。

本来、転職と言えばその分野において即戦力となるスキルやノウハウが必要とされています。

つまり、すぐにでも活躍できるくらいの技術や経験がないと、なかなか採用されないというデメリットがあります。

すべての人が能力を持ったまま、同業種へ転職できたら何の苦労もありません。

しかし、世の中はそううまくいかないものです。

採用する側も、なるべくはやく活躍して利益をだしてほしいと思うため、それすらプレッシャーに感じてしまう可能性もあります。

ですが、タクシーの運転手はどうでしょうか。

まったくの畑違いの仕事をしてきたとしても、受け入れてくれるのがタクシー業界のメリットと言えます。

また、20代ならどこでも転職できてしまいますが、40代以上になると転職自体が鬼門になってしまいます。

応募できる求人数もなくなってしまい、路頭に迷ってしまうことにもなりかねません。

極端な話ではありますが、そんな人たちでもタクシー業界に転職して、定職に就くことができるというわけです。

なぜそのような受け入れができるのか。

それは、タクシー業界全体で研修制度が整っているからにほかなりません。

また、タクシー業界全体で見てもまだまだ人材不足という懸念があります。

つまり、やる気さえあれば未経験であってもタクシー業界へ転職できる可能性が大いにあります。

短期雇用ではなく長期雇用が多いため安定して働ける

一般の企業であれば、年齢が高くなればその分の役割や精神的負担も大きくなることでしょう。

それは、役職がつくことで経営側のことも考えなければなりませんし、部署のことや部下のことまでを育て上げなければなりません。

また、災難なことに今では長く働けば一生安泰ということもなくなってきました。

それは、終身雇用制度の崩壊を意味します。

いくら実力があったとしても、年齢を重ねているだけではいずれは厄介者になってしまうでしょう。

なぜなら、今はどの企業もコスト削減に必死だからです。

ですが、タクシー業界はどうでしょうか。

タクシー業界に関して言えば、年齢と経験が高ければ逆に重宝されるというメリットがあります。

経験を積めば積むほど、行き先を指定すれば一発で理解し、最短距離で移動できる。

余裕ができれば乗客と会話もできる。

乗客からすれば、こんな嬉しいことはありません。

これほど経験を能力にできる仕事は、ほかにあまりないのではないでしょうか。

頑張り次第ではインセンティブも支給される

タクシー業界に転職する最大のメリットとして、歩合給(インセンティブ)を稼げることではないでしょうか。

インセンティブとは、営業職が本来もらえる歩合給のことを表します。

例えば、100万円の売上を達成すれば基本給とは別で、5万円の歩合給を支給なんてこともあります。

もちろん、ボーナスとは別のため、実績をつくればつくるほどインセンティブが支給されるというわけです。

これが営業職の醍醐味でもありますが、そのインセンティブがタクシー運転手にも支給されることも。

沢山の乗客を乗せ、売上をどんどん増やすことができれば、サラリーマン以上の年収になる可能性もあります。

しかも売上を増やすための方法は、自分自身で考えることができるため、とてもやりがいのある仕事といえるのではないでしょうか。

それを表すかのように、年収1,000万円越えしたタクシー運転手も存在するようです。

普通のサラリーマンでも、ここまでの年収は大企業であってもなかなか達成できるものではありません。

相当の努力は必要ですが、車と体ひとつでそれだけ稼げる可能性があるということです。

タクシー業界に転職で不安なんて感じない!その理由とは

とはいえ、まったくの未経験だった場合、タクシー運転手に転職するのはだれでも不安に思ってしまうものです。

しかし、その不安もうらはらに、続々とタクシー運転手に転職する人が増えています。

その理由について、さらに深ぼりしていきましょう。

自分のペースで仕事ができる

タクシーの運転手になると、さまざまな嬉しいことがあるということをご存知でしたでしょうか。

それは、会社員のように組織に合わせながら働く環境とは、まるで別世界ということです。

なぜなら、タクシーの運転手はたったのひとりで運転するからです。

つまり上司や同僚とのコミュニケーションがなく、自分のペースで仕事ができます。

面倒な人間関係も運転中は一切なく、ただ売上をつくるためだけに集中することができます。

もちろん、どのような乗客にあたるのかは運次第ですが、それもタクシー運転手の楽しみと言えるのではないでしょうか。

例えば、旅行できた学生などを乗せると、かなり頼られること間違いありません。

訪れたことのない場所にきたら、やはりタクシーの運転手はとても頼りになるもの。

おすすめのスポットなどを伝えることができれば、乗客はとても喜ばれます。

逆に、あまり会話したくない場合でも、指定された場所に行くだけでいいわけです。

乗客を乗せ、指定場所に事故なく到着する。

これさえできていれば、無理に会話することもしなくていいです。

ですから、乗客と一緒に楽しみながら仕事をするパターンと、もくもくと仕事をするパターンが自分で選択できるのが、タクシー運転手のメリットではないでしょうか。

サラリーマンよりも休日がしっかりしている

タクシー運転手と言えば、朝も昼も夜も駆り出されるというイメージを持たれている人も少なくはありません。

つまり、完全なブラック企業ではないかと思ってしまうわけです。

ですが、タクシー業界ではあまりそのようなことがありません。

勤務時間によっては朝だったり昼だったり、深夜だったりもありますが、24時間働くわけではありません。

1日で働く時間は長いですが、その分しっかりと休みを取得することが可能です。

ですから、しっかり働いて稼ぎ、またそのあとはしっかり休むことでライフワークバランスを考えた生活にすることができます。

もちろん、プライベートを優先したければ休みを多く取り、逆の場合は働きまくって収入を確保するのもいいでしょう。

努力次第では高収入が可能

タクシー業界へ転職する理由として、高収入も狙えることがあげられるのではないでしょうか。

まさに一攫千金を夢見て、タクシー業界へ未経験で転職する人も多く存在しています。

サラリーマンは、いくら働いてもいくら残業しても、固定給で給料が支払われます。

ほとんどの会社ではサービス残業が常態化しており、働けば働く分だけ自分の時間を失ってしまいます。

それでは、大きなストレスになってしまうことにも。

ですが、タクシー運転手は違います。

なぜなら頑張って働いた分だけ、対価として支払われるからです。

つまり、自分の努力次第で給料がどんどん増えていくということです。

これほどやりがいのある職種は、ほかにありますでしょうか。

年齢も性別も関係ない。

50歳だろうが60歳を超えてようが問題ありません。

永遠とタクシーの運転手ができるわけです。

体力的にあまり消耗しない

もし接客業が好きなのであれば、つねに体を動かさなければなりません。

スーパーの店員もそう、コンビニの店員もそう。

自分自身が若ければ、全然動くことは可能ですが、年を取ると動きがどうしてもにぶくなってしまいます。

ですから、働ける職種がどんどん狭くなってしまう現実に怯えなければなりません。

しかし、タクシーの運転手はそうではありません。

接客業でありながら、自分自身は運転席へ座って仕事をするため、体力的に消耗することは少ないと言えるでしょう。

これは、年齢が高くなればなるほど大きなメリットへと変わってきます。

極端な話、足腰が弱くなったとしても車の運転さえ正常にできれば、タクシーの運転手としてやっていけます。

恐ろしいくらいに道に詳しくなる

タクシーの運転手のすごいところと言えば、指定した場所へ迷わず行けることではないでしょうか。

しかも、マニアックなところを指定したとしても、すぐに理解してくれることも多くあります。
もちろん、タクシーの運転手になりたてのころはナビ頼りになることでしょう。

ですが、ある程度の経験を積むだけで、どこへでもナビなしで到着できてしまいます。

もはや、目をつぶってでもその場所へ到着できるのではないか、と疑わしくなるレベルです。

いくらドライブ好きだったとしても、そこまで道に詳しくなることはそうそうありません。

これは、タクシー運転手の特技と言ってもいいでしょう。

運転好きならまさに天職

とくに男性であれば、車が好きな人は多いのではないでしょうか。

仕事中に社用車を利用したり、休日には自家用車でドライブに出かけたり。

ですが、タクシー運転手に転職すれば、毎日車の運転をすることができます。

道にも詳しくなり、運転の技術もそうとう磨かれること間違いなし。

また、タクシー会社によっては色々な車種に乗ることもできるでしょう。

タクシー運転手と言えば、クラウンコンフォートやセドリックが一般的でした。

しかし、時代は変わりプリウスやアルファードまでタクシーの車として利用されるようになってきました。

なかには、レクサスLSやメルセデスベンツSクラスなども導入している個人タクシーもあるくらいです。

タクシー業界に転職して失敗!?デメリットも知っておこう

タクシー業界に転職したいと思っても、決して良いことばかりではありません。

それはどんな職種や業種であっても、切っては切れない大きな問題です。

しかし、デメリットもしっかり理解しておけば、すんなりとタクシー業界へ転職できるのではないでしょうか。

長時間の運転がある

タクシーの運転手は、24時間需要があるサービスです。

お客様がいるところであれば、朝も昼も関係ありません。

つまり、時間関係なく働かなければならないというわけです。

朝の9時に出勤をして、夜の5時に帰宅するのはなかなか難しいのではないでしょうか。

もちろん会社の条件次第ではありますが。

そうなると、思った以上に稼げないケースがあります。

ですが、逆に長時間しっかり集中して働くことができれば、それだけ収入にも影響がでてくるということです。

乗客とトラブルになってしまうケースも

接客業では絶対に避けることのできないもの。

それがお客様とのトラブルやクレームです。

もちろん、自分が悪くなかったとしても、お客様がいきなり怒りだすことも。

たとえば酔っ払いが乗客だった場合。

もうすでに予想はできるはずです。

かなり泥酔しきってはいるが、行き先を告げてくれればまだいいほうです。

黙って運転していれば、乗客はぐっすり眠ってしまうから。

対して、酔ってしまうと暴言や暴力を働く人がいるのも事実。

見境なく何かを殴ったり壊したりすることがあるため、運転手が被害にあうケースもあるでしょう。

もしかしたら事故を起こしてしまう場合も

車を運転するのであれば、もっとも恐れなければならないこと。

それが事故を起こしてしまうことではないでしょうか。

タクシー運転手でなくても、車のハンドルを持つすべての人が気をつけなければならないことです。

さらに、タクシー運転手は人を乗せて運転しなければならないため、ほかの誰よりも事故をしてはいけません。

たったひとつの判断ミスで、大きな事故へとつながり、最悪人の命を奪ってしまう可能性もあります。

そうなれば、にどとハンドルを握ることはできなくなるでしょう。

ですが、運転中は神経を集中させることで事故を起こすリスクが大幅に減ります。

法定速度を守り、信号も進むときは進んで、停止するときは停止する。

道路標識をしっかり確認して、通行者やほかの運転手に気配り目配りすることが重要です。

自分は絶対に事故を起こさない、という過信がとんでもない事故へとつながるという認識を持っておいてください。

交通違反をしてしまう

事故と同様に、タクシー運転手として気をつけなければならないことがあります。

それが交通違反です。

日本国民であれば、なにをすれば交通違反なのかはある程度理解できるはず。

60キロ制限の道路で80キロ走行をしたり、一方通行なのに逆走してしまったり。

運悪く、警察に止められてしまったらいろいろ最悪です。

もちろん、気づかなかったなんて言い訳しても通りません。

ただの注意だけであればいいですが、罰金や点数を引かれてしまうと、車の運転すらできなくなる可能性もあります。

交通違反に関して言えば、自分自身が当たり前のことをしていれば警察に止められることはありません。

自分がプロのタクシー運転手として認識していれば、問題ないと言ってもいいでしょう。

売上をつくることができない可能性

どの仕事でもそうですが、職種によっては売上ノルマというものが課せられます。

会社として人を雇うということは、それだけ人件費が発生するということです。

つまり、赤字垂れ流しの人材は必要ないわけです。

ノルマというものは、たとえば、1日2万円の売上と決められればそれに向けて達成するために頑張るものです。

ノルマと言うと固くとらえがちですが、目標と言えばどうでしょうか。

目標に向かってしっかり達成することで、日給とは別でインセンティブの支給も期待ができるというわけです。

達成できなければ、なぜできなかったのか。

逆に達成できたのであれば、なぜそれができたのかを考えることが重要です。

人は、悪かったときには何故ダメだったのかを考えてしまいがち。

しかし、成績が良かったときはそこで考えることを辞めてしまいます。

今日は良かったなぁ、で終わってしまうというわけです。

ですから、成績が悪かったときから修正することが困難となってしまいます。

それらをしっかり分析と次への行動をすることで、誰よりも成績の良いタクシー運転手へと成長していくことでしょう。

タクシーの転職で失敗しないためにやるべきことを知っておこう

タクシー業界へ転職するのであれば、やはり売上をつくりつつ、乗客を目的地まで安全に届けなければなりません。

逆を言えば、それをしっかりやっておくことで、安定した収入も手に入れることができますし社内やお客様からの評価も上がることでしょう。

タクシー業界へ転職して、失敗しないための心得をいくつかあげてみましたので参考にしてください。

いちど見た場所は記憶するように心がける

タクシーの運転手にもっとも必要なこと。

それは、乗客から指定された場所へスムーズに行けることではないでしょうか。

沢山止まっているタクシーのなかから、いわば自分を指名してくれているようなものです。

その気持ちを裏切ってはいけません。

この場所へ行ってくださいと言われて、すいません解りません、ではタクシー運転手として失格です。

もちろん、乗客はほかのタクシーへ乗り換えてしまいますし、売上も確保することができません。

そうならないためにも、いちど行った場所は可能な限り記憶するように努力しましょう。

ナビ頼りもいいですが、経験や記憶がナビのかわりとして活用することで、カッコよさだったり頼りがいのあるタクシー運転手へと印象がかわることでしょう。

何を言われても気にしないこと

タクシー運転手になったからには、お客様は選べません。

道路で手をあげている人がいれば、乗せなければなりません。

それがどんなに性格の悪い乗客だったとしても。

たとえどんなことを言われたとしても、気にせずにいることが重要です。

タクシーはかなりの台数が動いているため、またおなじタクシーに当たることはまれといっても過言ではありません。

つまり、いちどきりの乗客のため、ほんの少しだけ我慢すればいいということです。

仕事のスピード感が大切

車のスピードと同様に、仕事のスピード感も重要です。

売上を少しでも増やすためには、お客様をたくさん乗せることが重要です。

ですからのんびり運転していたり、お客様がいなさそうな場所にいては、売上を伸ばすことはできません。

また、指定場所を最短ルートで行けるようになれば、かなり時間の効率化をはかることも可能でしょう。

誠実さと信頼が重要

タクシー運転手は日本中にたくさん存在しています。

ですから、さまざまな性格の運転手がいることも事実。

とても親切なタクシー運転手もいれば、気分を害するような運転手がいることもあります。

もちろん、前者と後者とでは売上の差がでることは言うまでもありません。

つまり、いかに乗客から信頼されるのかどうか。

誠実さが最大限伝わるのかで、タクシー運転手としての真価が問われるのではないでしょうか。

目配り気配り心配りを、つねに意識しておけば、乗客はとても満足してくれるはずです。

いつも冷静でいられるのかがポイント

タクシー運転手であれば、いつも冷静に対応できるのかが大きなポイントになってきます。

運転手が焦っていたり困っていたりすると、乗客は不安になってしまいます。

ですから、どのような状況下におかれても、平常心でなおかつ的確に対応することで、タクシー運転手としての役割を最低限、果たすことができます。

コミュニケーション能力もときには必要

タクシー業界は、まさに究極の接客業です。

なぜなら、狭い空間のなかで乗客を乗せ何十分も同じ空間で過ごすからです。

行き場所だけをを伝えられ、わかりました、だけでは乗客も退屈してしまうもの。

そこで、世間話でもできれば、あっという間に目的地へたどり着けるような感覚になります。

さらに、ためになる話やいい話ができれば乗客から感謝されることもあるでしょう。

感謝されれば、だれでも嬉しいものです。

それが、やりがいになりますし、モチベーションの維持ができるといっても過言ではありません。

ただ、乗客によっては話しかけてほしくないケースもあるため、そのへんの見極めをしっかり行ったうえで対応するようにしましょう。

観察力をアップさせよう

乗客を乗せずに移動することも多いタクシー運転手。

それは次の乗客を探すためだったり、指定の場所へ戻るために移動することもあるでしょう。

また、待機時間もあわせてあります。

しかしそのあいだは売上が発生しないため、もったいない時間と考えるべきです。

むやみに移動したり停車しては、売上をあげることが難しいことも。

そこで、観察力をアップさせることでそれらマイナス要素を回避することができます。

それはどういうことか。

たとえば、空車時にこのお客様が手を上げそうと思えたとしたらどうでしょうか。

つまり、タクシーに乗りたそうなお客様を事前に察知できるというわけです。

タクシーをずっと眺めていたり、走り去るタクシーを目で追いかけていたり。

また、そわそわしているお客様だと気づくことができれば、だれよりも早く対応することができます。

まさに究極ではありますが、常日頃から人間観察をしておくだけで、観察力がアップすることでしょう。

人が集まるようなイベントの状況を把握しておく

タクシー業界へ転職して、売上を伸ばすためにはお客様を乗せなければなりません。

つまり、人が多そうなところで営業すれば、それだけ乗客率をアップさせることができます。

そこでおすすめなのが、大きなイベント系の場所へ行くことです。

イベント系は、確実に人が集まります。

さらに、公共交通機関メインの場所だった場合は大きなチャンスへと変わることでしょう。

ですから、どのようなイベントがどこで開催されるのか。

始まりの時間と終わりの時間を把握しておけば、一気に売上をつくれる可能性があります。

誰よりも努力をすること

タクシー運転手のなかには、昼間から車内で寝ていたりさぼっていたりする場合もあります。

もちろん、体を休めることは重要ですが、休みすぎはよくありません。

そのあいだにも売上をつくれるのは事実です。

ですから、誰よりも仕事を真面目にこなし努力することで、収入にも評価にもしっかり反映されます。

まわりがだらけていれば、それだけチャンスといえるわけです。

自分もまわりと合わせてしまえば、そこまでのタクシー運転手になってしまいます。

自分は違うんだ、という強い意思と強い信念を持っていれば、周りとの差は開く一方で誰も太刀打ちできなくなってしまうほどになることでしょう。

常に研究熱心であれ

無心で働くことは決して悪いことではありません。

ですが、目的もなく工場のようなルーティンワークになってしまっては、これ以上の成長は望めません。

もちろん収入もです。

仕事ができるひとは、ある共通点があります。

それが、常に物事を考えてどうすれば売上をアップさせることができるのかを、考えています。

毎日運転していれば、何かしら見えてくるはずです。

この時間のこの場所で待機していれば、長距離で稼げる乗客が多いなど。

それらを積み重ねていくことで、だれよりも売上をつくれる優秀なタクシー運転手になれるということです。

会社選びは慎重にすること

タクシーはとても需要があります。

ですから、タクシー運転手をかかえる会社が無数に存在しています。

そのため、適当に入社するであろう会社を選んではいけないということです。

同じ仕事をするのに、給料に大きな差があったとしたらどうでしょうか。

また、未経験の場合すぐに売上をつくれるのかが心配になるもの。

そこで、慣れるまで一定の給料を保証してくれる会社を探してみてもいいでしょう。

それでも不安なようであれば、会社説明会に参加することをおすすめします。

インターネットの情報や求人誌だけでは、文字でしか情報が入ってきません。

そこで随時開催されている、会社説明会へ積極的に参加することで、ある程度の不安材料が消えます。

採用条件や、給与面であったり、社内環境や働いている人たちを見ることができれば、かなり安心して入社することができるのではないでしょうか。

本気でタクシー業界へ転職したいのであれば、複数社の会社説明会へ参加して、じっくり検討してみることをおすすめします。

タクシー運転手の給料はどれくらいが理想?

いくら売上をアップさせたからといっても、給料に反映されなかったら元も子もありません。

もちろん、地域や所属する会社によっても変わってくることを前提としてお話します。

全国のタクシー運転手の平均年収は、330万円前後と言われています。

これを良いととらえるか悪いととらえるのかは、自分次第です。

しかし、これはあくまで平均年収にすぎません。

所属する会社によっては、平均年収が500万円に達することもあります。

これは一般のサラリーマンよりも高い年収です。

さらに、未経験の転職組だったとしても1年目から年収400万円台前半を稼ぎ出すことが可能です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

タクシー業界へ転職するメリットが、少しでも伝わったのではないでしょうか。

みなさんが思い描く、会社員だったとしたらどうなりますか?

サラリーマンやOLはどんなに頑張っても、給料をアップさせることは正直難しいです。

それではモチベーションも下がってしまいますし、楽しくもありません。

もし、超一流企業へ転職できるのであれば、それもいいでしょう。

ですが全員が全員、そういうわけにはいきません。

タクシー運転手に転職することは、みんなが思っている以上に夢があります。

それは、自分の努力次第で同年代よりも稼ぐことができるからです。

みなさんもタクシー業界へ転職して、明るい未来を開拓してみてはいかがでしょうか。