悲惨なコロナ問題の状況下でも高い売上をキープ|吉原による超有料級コンサル開催

タクサポ グルコン

タクサポでは、タクサポ経由でタクシードライバーとなられた方を対象に、無料でグループコンサルを行っています。

よくある一対多のセミナーとは違い、少人数で、かつ会話形式で進められていくため、参加者の悩みや不安をピンポイントで解決することができます。

今回は、吉原太一によるグループコンサルが開催されました。

コロナの影響で多くの方が売上に悲鳴をあげている中、今回の講師である吉原は、今もなお平均82,000円ほどの売上を出しています。

しかも、4時間という休憩時間をとりながらのこの売上です。

吉原がこの自己紹介をした瞬間、室内には異様な空気が流れていました・・(笑)。

皆さん1〜2万円の売上減、多い人では半分になってしまった人もいるので、この吉原の売上にはかなり驚かれていたようです。

 

タクサポ グルコン

参加者の方からは、

・22時以降に遠方のお客様を乗せられず、なかなか売上が伸びない。

・日報添削をしても、効果的な改善方法がわからない。

・どこで営業したら売上が伸びるのかかがわからない。

・流し営業と付け待ち営業の割合はどのくらいがいいのかを教えてほしい。

このようなことが質問され、一つ一つ吉原が答えていく形で、グルコンは進められていきました。

まず大前提として、吉原が強調していたのは、

「絶対に無理をしないこと」です。

お客様を取りに行くために運転が荒くなったり、違反をしたり、休憩をとらずに営業をすることはせず、その中でもしっかりと売上を上げていく方法をコンサルしていました。

特に今はコロナの影響で、今まで乗せられていたエリアでも人が激減していたり、今までと同じ営業方法が通用せずに、焦りを抱えているドライバーも多いです。

そんな悲惨な状況下であっても、吉原のように、確実に売上を出しているドライバーも一定数いるのは事実です。

だからこそ、今もなお高い売上を出し続けている吉原の発する言葉には、皆さん前のめりになって耳を傾け、目からウロコといった感じで、積極的に参加されていたのが印象的でした。

タクサポ グルコン

今回はやはり、

「コロナによる売上ダウンをどう解消するか」

がメインテーマになり、ここがやはり参加者の皆さんもとても悩まれていた様子でした。

講師である吉原も、コロナ前に比べて売上は下がっていますし、こういった時期での営業の難しさを少なからず感じています。

ただ、先ほどもお伝えしたように、こういった時であっても、吉原のように高い売上を出しているドライバーが一定数いるのは事実です。

ではなぜ、吉原のように、このような状況であっても売上を出せる人がいるのでしょうか。

それは、このグルコンのような、いかに鮮度の高い情報を持っているかいないかが大きく影響します。

それに関して、このグルコンの中で吉原が言っていた印象的な言葉をご紹介します。

「取りこぼしを防ぐ」と「伸ばす」の違いについてです。

 

売上の「取りこぼし」は”知恵”で防ぐことができるが、売上を「伸ばす」ためには”投資”が必要。

 

タクサポでは、タクサポ経由で入社された方に対し、「タクサポプログラム」という売上アップのサポートコンテンツを配布しています。

これは、早い人で3ヶ月、遅い人でも半年で売上6万円を出せるように作られたプログラムですが、これを徹底的に読み込めば、一日6万円以上の売上はほぼ間違いなく出せるようになります。

そしてこれは、”知恵”の部分です。

”投資”とは、このようなグループコンサルに参加する「時間」であったり、または、乗務中にドライバー仲間と情報交換をするために、電話をかけ放題にしたり、ブルートゥースイヤホンを買ったりするための「お金」だったりのことです。

どれだけ”知恵”があっても、やはり情報は生物ですし、街の状況は日々刻々と変化しています。

特に、今回のコロナのような予想外の事態が起きてしまった時には、今まで身につけた”知恵”だけでは、街の状況の変化になかなかついていくことができません。

変化についていけないということは、今までの”知恵”だけでは対応できず、売上を落とすリスクが高くなってしまうということです。

こういう時にこそ”投資”が必要で、タクシーの場合は特に、「情報」が効果的な投資先です。

タクサポコンテンツを学ぶことはもちろんのこと、そういった”知恵”だけに頼るのではなく、どんな事態が起きても対応できるように、このグループコンサルやタクサポ交流会などに参加したり、乗務中に仲間と電話をしてリアルタイムの情報をキャッチするための道具を万全にしたり、そういった投資がめちゃくちゃ大切です。

つまり、これらはタクシードライバーにとって、時間とお金を投資してでも絶対にすべきである、ものすごく重要で価値のある”投資先”であるということ。

この投資ができるかどうかが、売上が上げられるか上げられないかの分かれ道と言っても過言ではありません。

 

タクサポ グルコン

今回のグループコンサルでは、基本的な稼ぎ方から、コロナのような緊急事態の際の稼ぎ方まで、かなり密度の高い情報が行き渡りました。
(画像のように、地図を用いて吉原の実際の走行ルートを伝授するシーンも。)

その全てを書いていると、とても一記事に収まる内容ではありませんので、ここではあえて記しませんが、今回のグルコンでは特に、

「自分から情報を取りに行く姿勢の大切さ」

を、吉原は強調していました。

このような場に参加することで、コロナによって多くのドライバーが売上を落としている中でも、それを防ぐための対応策を知ることができます。

 

先ほどもお伝えしたように、タクサポはこのグループコンサルを無料で行っています。

なぜ無料で開催しているのかというと、タクサポは求職者さまの「入社」ではなく、「入社後の成功」を、自分たちの成功と定義しているからです。

営業マンが入社をさせ、その後のフォローは一切なしといったサービスではありません。

また、タクサポは、アドバイザー全員が現役ドライバーで構成されており、入社前のサポートから入社後の売上アップまで、一貫して行っています。

だからこそ、今回の講師である吉原を含む全てのアドバイザーは、どういった状況においても自身の売上が落ちないよう常に情報をキャッチし、臨機応変に対応しながら、日々の営業を行っています。

でなければ、このグルコンのような質の高いサポートを提供することはできません。

アドバイザー全員が、タクサポ経由で入社された方の売上を上げていくために、自身のドライバーとしての高い売上を保ちながら、強い責任感をもってサポートさせていただいています。

 

今回は、平均8万円(コロナ騒動前は9万〜10万超)の売上を出す吉原による、タクサポグループコンサルの内容をお伝えしました。

実際の現場では、ここにはとても書ききれないほどの、濃密な情報やディスカッションが交わされていました。

タクサポでしか味わえない、そんな超有料級のグループコンサルに興味のある方は、ぜひ一度ご参加されることを強くおすすめいたします。

また、タクサポでは、グループコンサルに加え、月に一度交流会を開催し、アドバイザーはもちろん、タクサポ経由で入社された他社のドライバーさんとの情報交換の場を作っています。

グループコンサルとともに、この交流会も、タクシードライバーとして大きな価値のある”投資先”ですので、ぜひご参加されることをおすすめします。

タクサポのアフターサポートについて>>>

史上稀に見るコロナ問題という大きな打撃を受けながら、それでもなお高い売上を可能にするノウハウをぜひ、タクサポのアフターサポートでご体感ください。

【東京タクシー業界に興味を持っている貴方へ】

様々なタクシーの転職サービスが存在している昨今、
いざ転職の相談をしようと思っても、
どのサービスが優れているのかは非常に分かりづらいかと思います。

そこで、求職者様がそういった迷いを抱かないために、
私たちタクサポの強みをまとめた記事を作成いたしました。

他のサービスを圧倒するタクサポの強みをぜひ、こちらからご覧ください。

タクシードライバーになっていいのか迷っている… だったらメルマガ読んで白黒つけようぜ!

「タクシーマスター入門メルマガ」



  • 貴方はタクシーをやった方が良い人?やらない方が良い人?
  • ネットでは言えないタクシーの本当のメリットとデメリット
  • バランスよく働いて、副業と兼業する為には?
  • 最速で月収50万を獲得する為の3つのポイント
  • 稼ぐために知っておきたい超重要な全体像
  • 良い会社、悪い会社の見極め方
  • タクシードライバーに向いている人の特徴

東京タクシー業界に10年以上関わり続ける作成陣が、ネットでは言えない優良情報を
ガンガン配信中。

新しい記事

キーワード