タクシーで接客を良くしてみた結果

どうも、ラボです^^

最近はタクサポの方でLINEの不具合が生じたりでドタバタしていました。

メッセージくれたのに送れてなかった方々、返信が遅れてしまって本当に申し訳ありません。

連絡したのに返信来てねーぞ!って方がいたら行ってください。

土下座しながら速攻でLINE返します。

 

あと、タクサポなんですけど、色々な方から電話とかLINEとか頂きます。

もちろん嬉しい事で皆様には感謝しているんですけど、たまーに礼儀の無い方がいて少しイラッとします^^

礼儀正しく来てくれる方にはこちらも気持ち良く会話できるのですが、謎に高圧的に教えてもらうの当たり前でしょ的な対応をされるとこちらも人間なのでサービス悪くなりますよって事を少しだけ。笑

 

では本題。

 

接客の感じを良くした結果

 

基本的に、僕はいままでタクシーでは日銭を稼げればいいと思い仕事をしてきたので、

まーあまり印象は良くなかったと思います。

苦情こそ来ないものの、そんなに愛想も良くなければ、一般的なタクシー運転手の接客・・という感じだったと思います。

 

で、ここ最近、売り上げも上げれる様になったし、接客に力いれるかー。

てな感じで接客に力を入れてみました。

 

 

結果…

固定のお客さん沢山出来ました!

 

いやー、楽だわーそして意外と楽しいわ接客。

 

なんだか人に喜んでもらうと自分も嬉しくなりますね、テンション上がりました^^

ただ残念な事?に、みんなおじさまです。笑

 

遠距離の方々なので文句は無いのですが…

 

ほら…

 

ね…笑

 

 

可愛い女の子の迎車が欲しいな〜

 

 

ゴホン。

 

そんな事はさておき、

僕が接客で気をつけた事は

 

 

  • 声を大きくする
  • 車内の温度は適切か聞く
  • 声に抑揚をつける
  • 笑顔で接客
  • アイコンタクトをする

 

 

この五つです。

特に効果があったのはアイコンタクトをする事です。

アイコンタクトをしたお客様としてないお客様とでは、声をかけて頂く確立が大きく違う事に気付きました。

 

 

運転手は基本的に自分から話しかける事が出来ないので、

最初の挨拶で興味を持ってもらう事が始めの一歩だという事ですね。

 

そんな感じで、もっと接客を良くして行きたいと思います^^

このブログでもどんどんコツをシェアして行きますね^^

blue0045

1 個のコメント

  • 障害者がタクシー利用をするときに障害者手帳の提示をして割引運賃が適用されますが、提示だけでなく手帳の番号などを記録する乗務員がいます。これを拒否しても構わないのでしょうか。
    障害者手帳によるタクシー運賃の割引は、障害者手帳の提示のみでなされることになっていますので、手帳の番号や氏名を記録する必要はありません。プライバシー保護の観点からも拒否できます。
    とはいえ、この制度を知らないタクシードライバーや適切な運用をしていないタクシー会社は多く見られ、行政相談にも多くの苦情が寄せられています。この制度の適切な運用の要請はタクシー会社へ行われていますが、タクシードライバーへの周知徹底はいまだ完全とは言えません。
    障害者手帳による割引制度は平成2年度から始まっており、身体障害者などの手帳の提示でタクシー運賃の1割が割引されています。障害者の積極的な社会参加を支援する制度ですが、正確な内容を知らないドライバーが多く同様の苦情や割引の拒否などの事例があるようです。
    障害者手帳によるタクシー運賃の優遇制度は市町村独自のタクシー券の補助もあり、こちらの手帳による割引との併用も認められています。タクシー券は自治体などで申請をすると受け取れるようになっており、障害者本人のみの使用(同乗者は可)となっており、お釣りの可否や額面などは各自治体によって違います。制度の周知と正しい運用への指導が求められています。
    障害者の利用記事を載せました。

    街中で車椅子の障害者の方がタクシーに乗り込むのを見かけましたが、介護者が付いてるからと全く手を貸さないドライバー・ 聴覚障害者には色々な聴力等級があることも知らなければ、聞こえないんではなくて 聴覚過敏障害者 騒音になる辛さを抱えている人もいる。
    聞こえが正常な人間を1日に間違いなく多く接客するのは分かるのですが、タクシーに乗る 障害者には何の優しさも言葉も無いですよ。乗り込む前の障害者手帳を見て煙たがられることのが 多すぎるから。
    私のように障害者の方がタクシーに乗るのは タクシーの車体のカラーとかに良し悪しあるのか?とか無駄にタクシー選択時間がかかる。。

    手帳を見せられたら、手帳に本人の障害内容 レベルが記載されてます。それを良く確認してどんな感じなのかとか聞いて欲しいです。
    そうした上で、聴者にするみたいにアイコンタクトなどどう目的地までやり取りしますか?って聞いて欲しいです。手話できるドライバーには会えないから、本当にできるドライバーならば 簡単な手話を覚えて筆談より手話を混ぜて欲しい。聴覚障害者は筆談よりも手話会話のが助かる。
    位のコメントを、見れないし 障害者が見れるのは福祉介護タクシーのサイトしかないのも 普通に生活してる障害者がたくさんいれば、どんな感じなのか知りたい方法も簡単に知れない。障害者同士で話すしかない。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    TAXILABO

    タクシードライバー専門の転職コンサルタントです^^ 主に東京都内23区の紹介先を得意としていて、東京での優良な会社選びに関しては幾分かの自信があります。自身の経験とタクシー業界のイメージアップに少しでも貢献したいという思いから、良い会社以外は紹介しないというポリシーを持って仕事をしています。条件や会社の雰囲気、管理職の人柄まで視野に入れて貴方にぴったりのタクシー会社を紹介できます。