売り上げってのは、自分が思った通りになる

今回は、売上についての話をしようと思います。

具体的なノウハウというよりもマインドの部分ってこの仕事は超大事です。

よく、〇〇万出しましょう!1日に6万出しましょうという話をするのですが、

その時に、

「わかりました!どうすれば良いでしょうか?」

という感じで素直に来る方と、

「え〜、そんなに出せるんですか〜?」

という感じでびっくりされる方のふた通りに分かれる事が多いです。

ここって実は、非常に大事なポイントの一つです。

出せない理由を見つけるか、出せる方法を見つけるか。

素直な方というのは、前提に売上は出せるものだけれども、自分自身が未熟という視点を持っている場合が多いです。なので、自分自身を成長させて売上が上がるように努力をしようとします。

逆に、否定的な人は、自分の努力云々よりも、業界が厳しいのではないか?タクシーは落ち目なのではないか?というような出来ない理由を探す傾向にあります。

実際の話、同じことを教えたとしても、前者と後者ではその後の成長に大きな差が出てくるということがなんとなくわかってきました。

大事なのは、出せない理由を見つけるよりも、出せる方法をどう作っていくかです。

とにかく疑わないで、出せるもんだと思って仕事をすること。

そんな事は分かっていても、どうしてもネガティブになってしまう人は開き直るのも一つの手です。

悲観的になるよりは良い方法です。今は全然たいした事ない売上だけど、そのうち出せるようになるんだろうな〜って軽い気持ちで仕事をしながら一つ一つ成長していけばいいと思います。

売上が出ないなんて事はないです。売上が出ないよな仕事をしているだけです。

だったらそれを一つ一つ改善していきましょう。

自分の思考に蓋をしない事。

自分なんて売上が出せるわけがないと自分の能力に蓋をする人も多いです。

しかし、蓋をしても何の意味がないばかりか、本当に自分がそう言った人間になってしまいます。

セルフイメージっていうんですけど、人間は自分が思った通りの人間になっていく習性があります。

だから、自分が平均月収50万の男だと思えばそれにふさわしい売上が。

自分が月収20万程度の男だと思えば、それにふさわしい売上を出すようになります。

だったら、自分の思考に蓋をして、売上が出せないと思い込むのは非常に損です。

売上を出せないわけではありません。売上の出し方を知らないだけです。

似ているようで、非常に大きな壁がこの二つの間にはあるのです。

これを読んでくれているあなたは、自分の思考に蓋をしないようにしてくださいね〜^^

それって凄く損な事ですからね。

ABOUTこの記事をかいた人

TAXILABO

タクシードライバー専門の転職コンサルタントです^^ 主に東京都内23区の紹介先を得意としていて、東京での優良な会社選びに関しては幾分かの自信があります。自身の経験とタクシー業界のイメージアップに少しでも貢献したいという思いから、良い会社以外は紹介しないというポリシーを持って仕事をしています。条件や会社の雰囲気、管理職の人柄まで視野に入れて貴方にぴったりのタクシー会社を紹介できます。